トカゲロウ

恋人たちのトカゲロウのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.8
邦画は死んでませんでした。

基本的に私は映画館で観た作品は、スコア低めにします。
映画館補正ってありますから。
ただ、今作は許して下さい。主人公の気持ちに共感してしまいましたので。
そうなんだよなぁ、自分にとって大切なことを解決しないと前に進めないし笑えないと思っちゃう気持ちは痛い程わかってしまう。

橋口監督作品は「ハッシュ!」と「ぐるりのこと。」の二作を鑑賞済み。
「ハッシュ!」の明るさから一転「ぐるりのこと。」は監督さんが鬱病を患ったこともあり、かなり重い仕上がり。

そして今作は、この2つの間に位置する出来映えでした。
理解されないというよりも、忘れ去られた存在の人々に焦点を当てているので重くはなるんですが、所々笑わせてくれます。コメディというわけではなく、生活する中での可笑しさと言いますか。
勿論、主題である「苦しみ」の描写も素晴らしいです。本当の苦しみを知っている橋口監督が映し出す人の涙は、とてもとても重い。

前から感じてたんですが、橋口監督は生活感ある家を撮るのが上手いですね。(あれ?俺の部屋じゃない?)と何度も思わされました。
一風変わった記号も使います。壁に張り付けた食品ラップや彼氏が立ちションするカップルなど。
そういったもの全てがドキュメンタリーを思わせるような、あのリアリティを生み出すんでしょうね。

上映後、泣いてらっしゃる女性がいました。横のカップルは目を合わせ笑いました。
そんな映画でした。
おそらく多くの人はこの映画を観ることはないでしょう。しかし、私は観ました。

ただ困ったのは、観終わった後に食べながら帰ったろ!( ^∀^)と思って買ったぷっちょが余韻の余り、食べるタイミングを無くしてしまったことですね。