柏エシディシ

恋人たちの柏エシディシのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.0
すごい映画です。

理不尽な悲劇。
生活を蝕む倦怠。
ごくごく個人的な喪失感。

人間誰しもが感じているハズなのに、
どうして、他人のソレには気付かず、時には見ていない振りをして、鈍感になってしまうんだろう。

僕らの日常にうっすらと、でも確実に在る、そんな絶望をこれでもかと圧倒的なリアリティで抽出しながら、
それでも生きていく、という僅かな希望を感じさせてくれて、映画は終わる。

もちろん、僕らの人生は、映画は終わっても続いていく訳で。
監督の投げ掛けた「お前はどうだ?」という問い掛けに、
終わりの無い問い掛けに、
応える様に生きていくしかないのですね。

無名の主演3人や、確かな実力を見せる助演陣も見事です。
全演者が本当に、本当に素晴らしいのですが、
和田瑠子が演じたアツシの義理のお姉さんの実在感、痛ましさ、闇の深さ。
忘れられません。

そして、これだけずっしりと重い映画なのに、しっかり笑えるシーンやポイントがあるというのも、すごい。
月並みの言葉ですが、「笑顔」を忘れるな、という事でしょうか。

「左良し、右良し、、、良し」