mmk

恋人たちのmmkのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
3.8
上映終了目前なのに満席でした、なんとまぁ。
もう、出てくる登場人物のほとんどが揃いも揃ってDQNではないかというくらい、ちょっと考え無しじゃないかと思うような人達のオンパレード。もどかしさを見ていて感じまくりでした。が、それが今のこの閉塞した日本社会のリアルなのかもしれないですね。この映画で起こってることは隣の家で起こっていてもおかしくないのだと思います。
しかし、これが今のリアルだとしたら、日本の社会の何パーセントを占めている現実なのでしょうか。それを変えていくには何が必要とされてるのか。少なくとも「東京オリンピック」にはその答えがあるようには思えません。
誰かと一緒にいるのって面倒だけど、最後には誰かと一緒にいたくなる、そんな気持ちになりました。思えばぐるりのこと。を見終わった時も似たような思いになりましたし、Akeboshiの音楽がじわじわと心に沁みてきました。
クソみたいな世界を変えなければならないと言ってるわけじゃなくて、クソみたいな世界だけど生きていくしかないしだからこそ寄り添って生きていくんだというメッセージを感じました。

しかし、ちょいちょい笑えるところ挟まれてたのに、もっと盛大に笑えたら良かったのになぁ、場内では遠慮気味になってしまう、、