m

恋人たちのmのレビュー・感想・評価

恋人たち(2015年製作の映画)
4.2
テアトル新宿にて
2016年1本目!

年末しごとで死にそうで、
久しぶりに劇場これて幸せです

橋口さんはそういえば授業を受けさせてもらってたのを、
帰りがけに思い出したんだけど、
その時はゼンタイの話を熱く語っていて、
人間を全身タイツで撮っていくのって確かになんかやってみたいけど
本当にこのおっちゃん、やってしまったのかーおもろーくらいな感じを受けていたんだが
いや、本作はすごく面白かった、、
すてきな作品

人は皆結局は1人であって
両親は先にいなくなるだろうし、
子どもは自分から離れていく時がやってきて、
友人も同僚も各々の道を進んでいくんだけど、
恋人は、どうしてこうやっていつまでもどこか自分の体の中にとどまって
近くなったり遠くなったり
感じたり感じなかったりをぐるぐる繰り返すんだろうね

伝えたかったであろうメッセージが明確にことばで表せないんだけど、
すごく自分が普段ずっと奥深くで感じているような感覚に触れていたような気がして
登場人物のどれも私にはリアリティがなく共感できないんだけど不思議な気持ちになったな

はー抽象的だけどいまのところはこんな感じでしょうか。
備忘録として。