てくのすけ

てくのすけの感想・レビュー

恋人たち(2015年製作の映画)
4.0
ごくありふれた人々の心のうちに潜む闇や無。失われた生きる気力、やるせない日常、襲いくる疎外感という負の面を描きつつ、それでもなんとか這い上がろうと足掻く三者の姿に、生きることのツラさだけでなく生きていれば垣間見える希望というものも感じとる。深く心に刻まれる一作。

この物語にこのタイトルを付けるか、というのが大きい。カップルというよりは恋をする対象というニュアンスだろうか。そこには幸福だけではない、反転して不幸というものも内在しているからある意味残酷だ。それでも思いは止められない。そしてその思いがあるから人は生きていく。

観てるあいだはあまり好きじゃないなあと思ってたんだけど、思い返しながら感想まとめてたらとても良く思えてきた。思った以上に響いてたみたいです。