恋人たちの作品情報・感想・評価・動画配信

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ky

kyの感想・評価

4.0
橋口監督作品を初めて見たわけだが、衝撃を受けた。

決して有名ではない主役の3人だが、だからこそ変な先入観を持たずに見れた。
3人に共通して、「死んだ目」を持つ俳優さんだと思う。どうすることも出来ない絶望感をリアルに演じていた。

誰しも人間は、誤魔化しながら、社会を生きている。少しでも自分らしさ、他人と違った個性的な面、異質感を出すと社会からはみ出る。それが、怖いし、何よりも面倒くさいから、「小さな嘘」を繰り返す。

中盤までの絶望感とは裏腹に、ラスト10分くらい?は疾走感があって、結果的に気持ち良く見終わることができた。このままの雰囲気で終わったら、多分この映画を好きになれないだろうなぁーと思っていたので、ラストの3人の小さな希望には、こちらとしても救われた。笑

「人間、腹一杯食べて、バカみたいに笑ってたら、大抵の事はどうにかなる」
この台詞は、人を励ます時の「常套句」的なもので、よく耳にするが、これほど心がスッーと楽になる台詞はない。
その言葉に励まされ、少しの希望を信じて生きていく。そして、また壁に当たって苦しみもがく。人生って、その繰り返しなのか。

私的なことではあるが、最近自分自身もボッーと考え事をする機会が多い。現状に対してや、これからのことについてなど。
そんなタイミングだからこそ、この映画が上映されてて良かった。

決して万人受けではないけれど、必ず「何か」が伝わってくる。
個人的に、「駆け込み女と駆け出し男」に次いで、満足した
邦画となった。
今年上映邦画第2位に認定します!
しんこ

しんこの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無名に近い役者さん3人が主役で、ドキュメンタリーっぽくもあり妙にリアル。特におばさんの日常生活は観ていて何故か辛いものがあった。自分的にはあまり乗れなかったけど、重いテーマを扱ってたりもする中で途中クスっと笑えたりするし、類を見ない映画だなと思いました。全く何も救われてはいないんだけど、ほんの少しだけ希望が見えるラストが印象的でした。おばさんの乳首いじりながら話す光石研、凖ミス安藤玉恵、役所対応の山中崇、優しい片腕の上司の黒田大輔など脇役が良い仕事してます。
マグ

マグの感想・評価

4.0
衝撃的でした。
予想以上に良かった。

他人には理解不能で
だからって自分では、どうする事もできない
それぞれの絶望や不安や空虚が溢れ出してて辛い。

なぜだろう
夕日に照らされ、おばさんとおじさんがニワトリ追いかけ回すシーンと
ニワトリに囲まれて愛の告白?受けながら感極まるおばさんにじんときた。
(ニワトリパワー?)
この男、おばさん騙しとるなって
客観的に見たら一発でわかるけどね。
浮かれた恋するおばさんにはわかんないだ。
悲しみや喜びって、不思議なもので傍から見ると滑稽なんだ。
光石研、相変わらず最高。

大切に積み上げてきたものって
いとも簡単に崩れ落ちるんだね…
再構築は、きっと不可能だし。

たとえ、希望が持てなくても
誰かの優しさを感じる事ができれば
人間は生きていけるのかも。
トム

トムの感想・評価

3.9
●あらすじ
恋人を失った過去を持つアツシ
無関心な夫と姑と暮らす瞳子
弁護士で常に嫌味を言う四ノ宮

そんな3人は、失ってはじめて感じる「当たり前の日々」を感じていく

●感想
当たり前の日々の大切さ

地味な映画、だがそれがいい

主要の3人は無名俳優で現実味のある撮り方のおかげでリアルさが増している
全体的に人間臭さがあり生々しいのが映画を引き立てている

マルチ商法の美女水は笑う

食器洗い機に否定的な姑とか田舎にくっそいるよね 分かる

弁護士の秘密は衝撃的

アツシが自分を責める事には「お前はバカじゃないよ」って言いかけたくなる
でも、アツシの職場の人がみんな温かくて恵まれてるのが唯一の救いで良かった 特に先輩の黒田のセリフは心に残る

ニワトリを追うシーンは青春を思い出すかのような描写でよかった

ラストはちょっぴり温かい
11月ー19

「ぐるりのこと」が有名な橋口監督の作品、って言っといて実は「ぐるりのこと」は未見です。

主演の3人が無名の人たちで、脇役に光石研とか、黒田大輔さん(今回は、この人が一番良かった!)とか、安藤玉恵とか、「出てるだけでワンランクアップ」の人たちが集結している。やっぱり主演が無名の人たちだと、先入観がなくて良い。

いや、これがナーメテーター案件で、素晴らしい大傑作。音楽、映像、雰囲気、役者、セリフ、全部最高!

まだまだ未見の作品でこんな傑作もあるんだな、と(しみじみ)。

突然、「ぐるりのこと」すぐに観なくては!
yた

yたの感想・評価

-
先輩の最後の言葉!!

このレビューはネタバレを含みます

わざとらしさとクサさが鬱陶しいけど、人生や人間の様々な一面を上手に切り取れていると思う。
アツシが立ち直る経緯をもう少し丁寧に描いてほしかった。
描かれているのは、もうどこにも行けない、行きたくもないような人たち、もちろん、希望は、観客には絶望にしか見えない。ボートから見る空が怖いくらい透き通ってもいる。幸せのかたちは、常に個別対応だから、自分で手を動かすしかない、とも取れる。
255本目
殺す言ってる奴しょーもない思ってて申し訳ない
>|