恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ごくありふれた人々の心のうちに潜む闇や無。失われた生きる気力、やるせない日常、襲いくる疎外感という負の面を描きつつ、それでもなんとか這い上がろうと足掻く三者の姿に、生きることのツラさだけでなく生きていれば垣間見える希望というものも感じとる。深く心に刻まれる一作。

この物語にこのタイトルを付けるか、というのが大きい。カップルというよりは恋をする対象というニュアンスだろうか。そこには幸福だけではない、反転して不幸というものも内在しているからある意味残酷だ。それでも思いは止められない。そしてその思いがあるから人は生きていく。

観てるあいだはあまり好きじゃないなあと思ってたんだけど、思い返しながら感想まとめてたらとても良く思えてきた。思った以上に響いてたみたいです。
なつき

なつきの感想・評価

4.2
生々しくてすごい
masa

masaの感想・評価

4.8
とってもリアル。生きていく力を貰った。
愛がある人と繋がると、
ひとりだと思っていても
実はあたたかい。

愛ではない人に繋がりを求め、
逃げて逃げて爆走すると、ふと、
夢から覚めるのね。
覚めて良かった。

生々しいけど、冷たいのも温もりも
痛いのも気持ち悪いのも
余計に伝わる。
うん。嫌いじゃないむしろ好き。
モモモ

モモモの感想・評価

4.3
生々し過ぎる。自分たちの人生の延長を見ている様で。言語にし辛い映画だ
SOR

SORの感想・評価

4.0
記録
長さと丁寧さがきちんと比例する作品だった。派手な起伏はないものの、細やかな感情の機微が俳優さんたちの繊細な演技で確かに描き出されている。
やるせない日常でも、日常だからこそ少し汚くて滑稽で笑いを禁じ得ない場面があって、その汲み取りとバランスが絶妙だと思いました。
犬

犬の感想・評価

-
2年ぶりに観たら泣いた。何が変わったのかわからない。にわとりがたっくさん出てくる。犬は出てこない。
飲みこめない想いを飲みこみながら生きている人が、この日本にどれだけいるのだろう。
予告編冒頭で語られる、橋口亮輔監督の言葉を噛みしめながら、そして主人公達の想いと自分の想いを重ねて過ごす140分。
傷つき騙され絶望する主人公たち。でも彼らもまた、誰かを傷つけたり裏切ったりしている。
僕か?僕の事なのか?という絶望的なやり取りを見せられる反面、何気ない優しさや、キラキラした虚構にほんの少し救われたり。

初めて観たのは2年前。映画館を出た後、世界の色が、広さが、周りの人の表情が違って観えた。この体験が出来る映画に、どれくらい出会えるだろうか。
自分が分からなくなった時、前に進めなくなった時、この作品の彼らも生きていると実感する事で、また頑張れる気がしてくる。オールタイムベストな一本です。
>|