恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ごくありふれた人々の心のうちに潜む闇や無。失われた生きる気力、やるせない日常、襲いくる疎外感という負の面を描きつつ、それでもなんとか這い上がろうと足掻く三者の姿に、生きることのツラさだけでなく生きていれば垣間見える希望というものも感じとる。深く心に刻まれる一作。

この物語にこのタイトルを付けるか、というのが大きい。カップルというよりは恋をする対象というニュアンスだろうか。そこには幸福だけではない、反転して不幸というものも内在しているからある意味残酷だ。それでも思いは止められない。そしてその思いがあるから人は生きていく。

観てるあいだはあまり好きじゃないなあと思ってたんだけど、思い返しながら感想まとめてたらとても良く思えてきた。思った以上に響いてたみたいです。
kae

kaeの感想・評価

3.8
人ってなんだかんだ生きていけちゃう。

(主婦役の女優さんの演技が、リアルでほろ苦!好きだな〜)
takunoha

takunohaの感想・評価

3.7
恋人達と痛みをともなう作品

最初は自分には合わないタイプのアウトローの人々映画かなって思ってたけどそんなことなかった。
安定したところにいる人たちに爪先で傷を残す感じの映画です。

あと安藤玉恵という女優さんを初めて認識した作品
何度か見かけたことはあったけど、顔と名前を一致させたい欲に駆られたのがこれ。
印象的な鼻だなーって感じ。
うる

うるの感想・評価

3.0
C
84

橋口亮輔監督
tokyo1234

tokyo1234の感想・評価

3.0
暗くて重い話がやたらと続く。弁当屋で働くおばさんたちや測定会社の人たちも、よくある日常なんだろうけど、彼らは幸せなのかなとか、彼らなりに一生懸命日々を生きてるんだな、と別に自分も人のこと言える立場じゃないけど、考えてしまった。
けどまさしく生きている感じはする。
Blue

Blueの感想・評価

2.8
全体的には、80年代90年代の昔の映像を観てるような映像。

最初は、ドキュメンタリーぽっいところもあったり、3つのストーリーが入れ替わり流れるのに、ストーリーが変わったのが分かりにくいしで、全然どういう話しかも掴めなかった。

中盤くらいからかなぁ、やっと話しが観えて来たかが、主人公の苦しんでいるストーリー中で、主婦のストーリーになるのは、凄くシラけた。

主人公以外の殆んどが、心がない人で、観ていて辛くもある。

最後まで観たら、ちょっと一息つけた感がある。
KOZO

KOZOの感想・評価

4.3
主役の篠原篤の演技をどう見るかで変わってくるかな。
橋口監督の人間への眼差しは変わらず善人にもちょっと間抜けな悪人?にも優しい。
そして大好きな安藤玉恵のエピソードはニンマリ(^^)
ゆ

ゆの感想・評価

4.1
ここに映画を作る意味を見いだせる橋口監督がすごいなぁ。
これをちゃんと汲み取れる役者さんもほんとに素晴らしかった。

悔しくて悲しくて寂しくて、そんなこと当たり前で誰にでもある感情なのに、
そういう時にスーパーヒーローが現れるなんてことはまあ起こり得ない。

みんな、みてください、この映画を。

生きるのはめんどくさいけど、
だめだよ。生きなくちゃ。

がんばって、生きよう。
ゾゾ

ゾゾの感想・評価

3.5
私には難しかった
今の日本が抱えていること。



橋梁点検の仕事に就くアツシは、妻を通り魔に殺された過去を持つ。

慰謝料請求をしようと顧問弁護士の四ノ宮に相談するが、良い返事を得られない。

生活も日に日に困窮していき、鬱屈とした人生を送っていた。

一方、平凡な主婦・瞳子は、自分に無関心な夫と姑と暮らしていた。

ある日、彼女がパートをする弁当屋の取引先の男・弘と関係を持ってしまう。

彼との知り合いでスナックを経営する晴美とも出会い、彼女の生活は少しずつ刺激的なものになっていく。




作品タイトルの割に、華やかさがない。

そこに今の日本を映し出そうとしている。

『そこのみにて光り輝く』のような、絶望の中で抱く希望、が垣間見えた。
>|