恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ごくありふれた人々の心のうちに潜む闇や無。失われた生きる気力、やるせない日常、襲いくる疎外感という負の面を描きつつ、それでもなんとか這い上がろうと足掻く三者の姿に、生きることのツラさだけでなく生きていれば垣間見える希望というものも感じとる。深く心に刻まれる一作。

この物語にこのタイトルを付けるか、というのが大きい。カップルというよりは恋をする対象というニュアンスだろうか。そこには幸福だけではない、反転して不幸というものも内在しているからある意味残酷だ。それでも思いは止められない。そしてその思いがあるから人は生きていく。

観てるあいだはあまり好きじゃないなあと思ってたんだけど、思い返しながら感想まとめてたらとても良く思えてきた。思った以上に響いてたみたいです。
自殺もそうだけど、殺人も、殺された人以上に周りが苦しむ。
人の信頼なんてすぐに崩れる。
人に期待しちゃいけない。
だけどたまに救ってくれる人もいる。
こういう淡々と日常を映す系映画好きだな。淡々と日々を過ごしているんだけどその中で確実に色々なことを経験して、成長する感じが、リアルだなと。
murataku

muratakuの感想・評価

3.6
派手ではないけど、
丁寧な日常会話のやり取りが良かった。

登場人物みんなが魅力的に見えたのも、
会話の内容への共感からなのかなと。
すげー気持ち悪い最悪の映画
最悪オブ最悪
taka181

taka181の感想・評価

4.9
絶望というより苛立ちだと思った。それにすごく共感したというか、何かを言い当てられてしまった。生きてる限り人間はどこにいても結局はもの食って排泄する。そんなの撮ってどうするの、とも思うけど、感動ポルノみたいになるよりは全然いいじゃないですか。
八木

八木の感想・評価

-
とにかく見入る
良い映画だ…………
上司が良い人
雪ん子

雪ん子の感想・評価

2.6
橋口監督の他の作品が好きで、期待して映画館へ。キツい映画だったな〜。自分も決して楽な生活をしてる訳じゃないので、この映画を観に行くことを楽しみに働いた。自分よりもキツい人生を送ってる人をじっくり見せられると息苦しさを感じた。妻を失って人生あきらめかけてる部下に上司が「おまえとはもっとたくさん話しがしたいんだよ。」の言葉で涙が溢れた。何年か経って再見したい。
Koichi

Koichiの感想・評価

-
優しい上司や。
ちろる

ちろるの感想・評価

3.7
橋口監督は性的マイノリティでありながらもそこにスポットを当てすぎることもせず淡々と受け入れる独特な視点が印象的な作品。
ごく普通のなんなら不器用で無口でおとなしい男がせっかく掴んだ幸せを通り魔に奪われた。
「お前ら全員同じ目に遭ってからモノ言えや!」
と叫ぶ。

この物語の主人公たちは皆何かと満たされず、半ば諦めているようなそんな人たちばかりだ。
みんなほんとはどこにでもいるような普通の人間で、ただ歯車がとあるきっかけで崩れてしまっただけだからこれは特殊な人たちの特殊な話なんかじゃないのだろう。

アツシに対する世間の冷たさに苛立ってしまいそうになるけど上司役の黒田大輔のさりげない温かさがこの作品の唯一の救いだった。
アツシも主婦の瞳子も、ゲイの弁護士の四ノ宮もかすかな希望を見つけたけど、やはりまたいつか同じような孤独とぶつかり立ち止まってしまうこともあるのだろう。

日常における何気ない言動の1つ1つが他人の人生を変えていってしまうこともあるのだという事をふと思い、他人を傷つける事もなく、自分の人生を踏み外さずに進むこがどれだけ難しいのかを思い知らされる作品でもありました。
>|