恋人たち(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:140分
    監督
    橋口亮輔
    脚本
    橋口亮輔
    キャスト
    篠原篤
    成嶋瞳子
    池田良
    安藤玉恵
    黒田大輔
    山中崇
    内田慈
    山中聡
    リリー・フランキー
    木野花
    光石研
    あらすじ
    通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

    「恋人たち」に投稿された感想・評価

    ごくありふれた人々の心のうちに潜む闇や無。失われた生きる気力、やるせない日常、襲いくる疎外感という負の面を描きつつ、それでもなんとか這い上がろうと足掻く三者の姿に、生きることのツラさだけでなく生きていれば垣間見える希望というものも感じとる。深く心に刻まれる一作。

    この物語にこのタイトルを付けるか、というのが大きい。カップルというよりは恋をする対象というニュアンスだろうか。そこには幸福だけではない、反転して不幸というものも内在しているからある意味残酷だ。それでも思いは止められない。そしてその思いがあるから人は生きていく。

    観てるあいだはあまり好きじゃないなあと思ってたんだけど、思い返しながら感想まとめてたらとても良く思えてきた。思った以上に響いてたみたいです。
    いい映画!重いけど、まあみんなそうだよね!飯食って、話して、いきていこうぜ!ってなる。演技、半端なくよかった!おもいけど!
    やり場のない苦しみを感じれば感じるほど、ラストカットが沁みるんじゃないかな。

    特筆すべき不幸な出来事がなくったって前を向いて歩くのは決して楽じゃないのに
    どうしようもない不幸なことがあっても結局は、
    ”それでも、生きていく”んですよね。
    日本の閉塞感、差別と偏見の中で理不尽に傷付いて抱えきれない苦しさを持っている人、乗り越えられない苦しさを癒すのは周りの人の些細な一言だったりするかもしれない。黒田さん演じる上司がアツシにかける言葉、私もいざという時に持っておこう。
    妻を通り魔に殺された男の話は、「この人本当に何ひとつ悪いことしてないのにどうしてこんなに苦しまないといけないの…?」っていう気持ちでいっぱいになって、ものすごく辛かった。
    絶望で荒みきった彼にささやかではあるけれども、救いがあって良かったな。

    職場の先輩とのシーンが印象的で、辛いことを人に話す時、別に何か答えを期待してるわけじゃなくて、ただ自分と正面から向き合って話を聞いて欲しいだけなんだなぁとしみじみ。
    そういう時、ついそれを解決する方向に話をもっていきがちな自分を思い出して反省した。

    観終わった後、少しだけ日々出会う人に対して優しくなれる気がする映画だった。
    "前に進んだら悲しいからな。"
    なんというか常にイライラしてました。
    早く終われと思った。
    正直なんでこんなに評価が高いのかよくわからない。
    一番無理なのがゲイの弁護士。胸糞悪い。
    早くよくなってください!!が真っ二つになるところは良かった。
    はらいっぱいたべて、わらってたらにんげんなんとかなるからさ。
    わたしには、全部がひらがなに聞こえてすんなり心にはいって来た気がした。
    これが現実でこれが人間でこれが映画だって突きつけられて、正直観ているのが辛かった。けど、もう一回映画館へ足を運んでる自分が居た。

    池田良さん演じる四ノ宮が愛しくて辛くて重なって、自分にとって大切な作品になりました。

    少し悔しいけどめちゃちゃよかった。
    いや、久しぶりにくらってしまった感ある。

    平然を装って生きてる人達、嫌な人もいい人も、大小様々な問題がこびりついてる。
    それを隠すから生きていける。
    というか生きることしかできない。
    弱くも強くも。

    もっとちゃんと見ればよかった
    >|