恋人たち(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:140分
    監督
    橋口亮輔
    脚本
    橋口亮輔
    キャスト
    篠原篤
    成嶋瞳子
    池田良
    安藤玉恵
    黒田大輔
    山中崇
    内田慈
    山中聡
    リリー・フランキー
    木野花
    光石研
    あらすじ
    通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

    「恋人たち」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/08
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    「こんなクソみたいな国でオリンピックとかやってなんか意味あるんすかね、それより人殺していい法律とかできないっすかね」


    クソみたいな世の中で希望を全て失って、
    もう人生を終わらせてしまおうかと思った時、
    ”かろうじてこの世の中に僕たちを引き止めてくれるもの”って何だろう?


    その答えがこの映画に描かれていると思う。


    ほんとに何気ない事だけど、缶コーヒーの上に誰かが置いてくれた一個のアメちゃんになんだか救われる日もある。

    ”あなたともっと話がしたい”
    という言葉をかけてくれる人がもしいなかったら?

    人を殺すのも人だし、
    救うのもまた人だ。
    そんなの口に出すことも恥ずかしいくらい誰もがわかりきっていることだけど、
    それを、こんなにストレートに渾身の力を込めて描こうという人は意外と少ない。

    いまの日本で間違いなく、一番描くべきテーマから逃げずに、真正面から描き切った橋口監督を尊敬する。




    また、
    ゲイの弁護士とある悲劇的な過去を持つ作業員、二人の主人公が対峙するシーンを見て感じたのだけど、
    この映画は「物語の外側に想像力を働かせよう」ということも言っている気がした。

    絶望の淵にいる作業員にとっては冷徹で血も涙もない弁護士にしか見えないけど、弁護士サイドにも”物語”がある事を私たちは知っている。だから単純な悪人として弁護士を見れない。

    これは見方を変えれば、この映画に語られていない「物語の外側」を想像する事の大切さも教えてくれているとも言える。
    (例えば保険証の申請で作業員を邪険に扱うあの区役所の職員も、この映画の中では描かれていない”物語”があるはず)




    映画や音楽で人は救えない、とか簡単に言う人が嫌いだ。
    それは「恋人たち」のような映画や、色々な芸術に自分は救われてきたから。

    この映画を見れてよかった。
    くーや
    くーやの感想・レビュー
    2時間
    4.6
    人ってやっぱり生きてないといけないんだなって思える映画でした。
    汚くて脆くて不恰好なところばかり目立ってしまうけど、実は綺麗で
    音、色、背景、演技、カメラワークどれもがそれを引き立ててくれてた
    サルキチ
    サルキチの感想・レビュー
    4時間
    4.1
    なかなかに苦しいけど、刺さる言葉もたくさんあって良かった。
    みんな噛み砕けないことはたくさんあるけど、それでも世の中捨てたもんじゃないなって。
    誰も信じられなくなったときに見て欲しい映画。
    きんぽうげ
    きんぽうげの感想・レビュー
    10時間
    4.5

    このレビューはネタバレを含みます

    橋口亮輔の一昨年度キネマ旬報邦画ベストワンの作品。映画を見てみようと決める要素に他人の評判というのがあり、それに左右されたくないという気持ちは強い方であると思うけど、このところの見方は、その様に偏った見方をしている。それだけ経験から遠ざかっていたための方策だが、口惜しい。監督は以前「ぐるりのこと」「ハッシュ」を見ていて、気に入った記憶のある人だったので、見るのを楽しみにしていた。
    見終わって、題名とのギャップを思ってみたが、結局はそういうことだったのかと納得はできたと思う。
    3つの話の流れの中で見出されたのは「よし!」という言葉であったり、「いらないんじゃない」とか涙で表されていた。
    通り魔殺人事件で妻を奪われた橋梁補修工事会社に勤める、生活に苦しく、健康保険料も払えない男。仕出し弁当屋に勤め、ミーハーで典型的なおばさんといった女性が、たまたま知り合った男の夢のような話に乗っかってしまう直前、男がシャブ中である事が分かり、元の暮らしに戻っていく話。そして同性愛nの弁護士のまた友人の子供に手を出したのではないかと疑いをもたれ、現職に復帰できるかわからない話。最初の男と弁護士は接点はあるが、話は決裂する流れであった。
    現代をうまく捉えているなあという感想か。発展的に流れていくストーリーではなく、持ち直して、今までの生活を続けていく以外ないかという諦念の雰囲気が充満していて、描写という部分からは、すごくうまいなと思わせてくれたのは確かではある。
    工事の仕事をしている男と役所の保険課の男とのやりとりや女の家で「じゃあ買ってくる」と自販機で衛生用具を買ってきて、義務的に交わる場面やその後の処理とか、丘に登って放尿するところとか、あまり見られない場面ではあるが、今の日本を象徴してるなと感じ行ってしまったりもする。リアリズムなのだろうか、そうなんだよなあ、わかる、わかる的なものなのか。
    関係としての今の緩さといった感じが本当に伝わってきたように思えた。
    ip
    ipの感想・レビュー
    2日
    3.5
    3つのエピソードから構成されたものだけど、うち1つの主役の先輩が印象に残った。

    人を殺してやりたいという強い怨念を持つ相手に、殺してはいけないよなんて当たり前すぎて響かない。
    この人の言葉はストレートで説得力がある。その思いを打ち明けてくれた相手への最大限の返礼だろう。
    「殺してはいけないよ。殺せばあなたとはこうして話せなくなる。私はもっとあなたと話したいよ」
    けいこ
    けいこの感想・レビュー
    3日
    3.4
    全然期待してなかったので、意外とおもしろく思えた。再現vに出てきそうな俳優さんばかりでリアリティもあったし、なんとなく前向きなハッピーエンド。
    でも、増えるわかめちゃんばっか食べてた人がなんで小太りなんだろう。
    なこ
    なこの感想・レビュー
    4日
    4.3
    背負って抱えて、それでも持ちきれず、こぼれ落ちてしまう、やり場のない思い。気持ち、言葉たち。それでも生きるということが、愛する人への愛の証明になるんだろうか。愛ってなんなんだろう。わからない。それでも、わたしは明日も生きる。

    おなかいっぱい食べて笑ってれば人生なんとかなるから、って、あの先輩の言葉にずっと我慢してた涙がこぼれた。

    よし。
    やまもと
    やまもとの感想・レビュー
    4日
    3.8
    みんな消えないように生きている
    dagota
    dagotaの感想・レビュー
    5日
    2.0
    彼女にフラれた次の日に見に言った覚えがある。とにかく、なんか泣きそうになってしまった。彼女にフラれた次の日に見るようなもんじゃないなと思った。だから…ごめん…
    >|