恋人たち(2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:140分
    監督
    橋口亮輔
    脚本
    橋口亮輔
    キャスト
    篠原篤
    成嶋瞳子
    池田良
    安藤玉恵
    黒田大輔
    山中崇
    内田慈
    山中聡
    リリー・フランキー
    木野花
    光石研
    あらすじ
    通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

    「恋人たち」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/08
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    「こんなクソみたいな国でオリンピックとかやってなんか意味あるんすかね、それより人殺していい法律とかできないっすかね」


    クソみたいな世の中で希望を全て失って、
    もう人生を終わらせてしまおうかと思った時、
    ”かろうじてこの世の中に僕たちを引き止めてくれるもの”って何だろう?


    その答えがこの映画に描かれていると思う。


    ほんとに何気ない事だけど、缶コーヒーの上に誰かが置いてくれた一個のアメちゃんになんだか救われる日もある。

    ”あなたともっと話がしたい”
    という言葉をかけてくれる人がもしいなかったら?

    人を殺すのも人だし、
    救うのもまた人だ。
    そんなの口に出すことも恥ずかしいくらい誰もがわかりきっていることだけど、
    それを、こんなにストレートに渾身の力を込めて描こうという人は意外と少ない。

    いまの日本で間違いなく、一番描くべきテーマから逃げずに、真正面から描き切った橋口監督を尊敬する。




    また、
    ゲイの弁護士とある悲劇的な過去を持つ作業員、二人の主人公が対峙するシーンを見て感じたのだけど、
    この映画は「物語の外側に想像力を働かせよう」ということも言っている気がした。

    絶望の淵にいる作業員にとっては冷徹で血も涙もない弁護士にしか見えないけど、弁護士サイドにも”物語”がある事を私たちは知っている。だから単純な悪人として弁護士を見れない。

    これは見方を変えれば、この映画に語られていない「物語の外側」を想像する事の大切さも教えてくれているとも言える。
    (例えば保険証の申請で作業員を邪険に扱うあの区役所の職員も、この映画の中では描かれていない”物語”があるはず)




    映画や音楽で人は救えない、とか簡単に言う人が嫌いだ。
    それは「恋人たち」のような映画や、色々な芸術に自分は救われてきたから。

    この映画を見れてよかった。
    ふーたこ
    ふーたこの感想・レビュー
    1日
    4.0
    等身大の生きにくさ。
    リアリティがありすぎて辛いけれど、素晴らしい映画だった。
    キテレツ
    キテレツの感想・レビュー
    2日
    3.8
    橋口監督作を初めてみました。
    上手だなぁ〜役者以外違和感なし

    PIECEマークの様な映画だった。(円は鑑賞者を表し鳥の足を作品として表すと)
    ちょっと長い、気になるくらい。

    ロケーションと部屋の作り込みがもう本当良かったなー、けど乗れないし酔えなかったなー。
    金楽
    金楽の感想・レビュー
    2日
    4.7
    橋口亮輔監督の7年ぶりの長編。
    テアトル新宿で観た。

    いやー、凄い。
    この映画をなんて表現したらいいのか。
    橋口監督はいつも自分の人生をフィクションに乗せてぶつけてくる感じだけど、この映画は特に凄い。
    空白の7年間に味わった絶望や苦悩が込められている。だけど最後は優しく手を差しのべてくれるような。
    橋口監督の映画はいつも厳しくて優しいけど、たぶん監督の人柄なのだろう。

    自分は橋口監督のファンなのでインタビューなどを読み漁り、この7年に何があったのかを僅かに知りながら鑑賞したけど、そういう知識などなしに観て全然いい。何の先入観もなしに観てほしい。
    言葉にすると陳腐だけど、傷ついた人や人間関係に疲れた人に寄り添ってくれるような映画だと思う。

    主役の3人はワークショップで選ばれた無名の役者。
    余計なイメージや手垢のついてない、さっきそこの畑でとってきたばかりです!みたいな役者の生身のリアリティー。めちゃくちゃ感情移入できた。
    そしてその3人を周りで支える「プロ」の役者達、素晴らしい。
    やっぱり橋口監督の役者への演出は凄い。

    『恋人たち』のような映画はたぶん何十億円のヒット作品にはならないし、こういう映画が大ヒットしないのはそれはそれで健全だとも思う。
    でも観た人には何かしらの救いがある映画だと思う。
    河合
    河合の感想・レビュー
    3日
    3.6
    リアル
    職場の人いい人
    why
    whyの感想・レビュー
    4日
    3.7
    amazon
    4/22/2017

    ニュースで観るような事件を題材にしたようなものの背後にある人々の生活が描かれており、岡林信康の『チューリップのアップリケ』の世界だなあと思った。(作中でもこのワードが使われていたが)
    何がオリンピックだよっていう気持ちはきっと多くの人が感じている。1964年のそれは希望の象徴だったというが、今回は果たしてどうだろうか。
    YuiUemura
    YuiUemuraの感想・レビュー
    4日
    4.1
    日本で地に足をつけて生きている人間の味方になるような映画だった
    鶏鍋の家族のシーン、私の実家の夕食もこんな感じだった、、経験してないと演出できそうもないのに、橋口監督は一体何人分の人生を想像して生きているのだろうか 人は優しくないと終わりだ でもこの映画に全く感情移入できない方が、本当は幸せなんだけれど、
    ピロシキ
    ピロシキの感想・レビュー
    4日
    3.7
    ダラダラ何をやっとるんや汚ねえなーぐらいに思っていたが、ブワーッと一気に落とし前をつけ始めたラスト20分あたりからやっと集中

    絶望の淵に立つと言える人間は…強いて言うなら妻を通り魔に殺された男ぐらいなもので、みな別に何不自由なく社会生活はしているが、それぞれのエピソードにたいそうなリアリティがあるわけでもない
    でもまあ色々大変やけど各々頑張れ!って言えるし全然大丈夫よ

    立ちション覗き込んでくる彼女はイヤかな
    >|