恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「こんなクソみたいな国でオリンピックとかやってなんか意味あるんすかね、それより人殺していい法律とかできないっすかね」


クソみたいな世の中で希望を全て失って、
もう人生を終わらせてしまおうかと思った時、
”かろうじてこの世の中に僕たちを引き止めてくれるもの”って何だろう?


その答えがこの映画に描かれていると思う。


ほんとに何気ない事だけど、缶コーヒーの上に誰かが置いてくれた一個のアメちゃんになんだか救われる日もある。

”あなたともっと話がしたい”
という言葉をかけてくれる人がもしいなかったら?

人を殺すのも人だし、
救うのもまた人だ。
そんなの口に出すことも恥ずかしいくらい誰もがわかりきっていることだけど、
それを、こんなにストレートに渾身の力を込めて描こうという人は意外と少ない。

いまの日本で間違いなく、一番描くべきテーマから逃げずに、真正面から描き切った橋口監督を尊敬する。




また、
ゲイの弁護士とある悲劇的な過去を持つ作業員、二人の主人公が対峙するシーンを見て感じたのだけど、
この映画は「物語の外側に想像力を働かせよう」ということも言っている気がした。

絶望の淵にいる作業員にとっては冷徹で血も涙もない弁護士にしか見えないけど、弁護士サイドにも”物語”がある事を私たちは知っている。だから単純な悪人として弁護士を見れない。

これは見方を変えれば、この映画に語られていない「物語の外側」を想像する事の大切さも教えてくれているとも言える。
(例えば保険証の申請で作業員を邪険に扱うあの区役所の職員も、この映画の中では描かれていない”物語”があるはず)




映画や音楽で人は救えない、とか簡単に言う人が嫌いだ。
それは「恋人たち」のような映画や、色々な芸術に自分は救われてきたから。

この映画を見れてよかった。
somebody

somebodyの感想・評価

4.1
DVD #171217

決心は折れることもあるんよ、そうなんよ。
役作りのために作り上げたはずであろう、だらしのない感じ(良い意味で!)の肉体が放つ生々しさが素晴らしかった。冒頭の何が何だかよくわからないが映像が放つリアリティーと陰鬱な雰囲気に惹きつけられ引きずられる、ストーリーを発生させながら最初から最後まで勢いが持続していて140分が短く感じるほどだった。細部も記憶に残るようなシーンが多かった。特に好きなのはニワトリを追い捕ま得るまでのシーン。この映画でしか味わったことのない奇妙な感触があった。
Nagisa

Nagisaの感想・評価

4.6
きっつい 直視したくないくらいに
でもものすごくわかるんだよなあ
邦画感がすごい
のぶ

のぶの感想・評価

4.5
ヘンな性格とヘンな顔が好きだ
良い馬鹿と悪い馬鹿とタチの悪い馬鹿がいる
決心は、折れることもありますっ!
プッツン切れそうな場面でも、ギリギリのところでキレられずに日常に戻っていくリアリティでした
とてもリアルで生々しい
とても胸にグサグサ刺さる
そして、とてもよく分かる分かってしまう
はにわ

はにわの感想・評価

4.2
リアル。
Naoki

Naokiの感想・評価

4.3
直視出来なかった。
わかりません。去年友人たちとクリスマスに気分あげよ〜!っていうテンションでタイトルで判断して見たら全然そういうものじゃなくて意味わからないねって笑ってからほぼ1年。
もう一度見返してみたけれど、生々しさが蘇って残っただけ。これを評価するにはわたしの経験が浅すぎるし若すぎると思った。
とりあえずひとつ言えるのは、わたしが普段見て、あぁこれいい!って思う、大衆受けするような話とは良くも悪くも違うってこと。
わたしをはじめ、大半の人間ってありえそうでありえないことを描いた映画が好きなのじゃないかなと思っているのだけれど、この映画はありえそうすぎた。きっと。
cocosize

cocosizeの感想・評価

4.5
かなり良作。すごい映画に出会ってしまった。「飲みこめない想いを飲みみながら生きている人が、この日本にどれだけいるのだろう。今の日本が抱えていること、そして”人間の感情”を、ちゃんと描きたい。」この橋口監督の言葉どおりの作品になっている。役者はワークショップで選んだほぼ素人。でも完璧。言葉が出ないほどずっしりしているけど、希望はあるし、今日も生きている。素晴らしい作品。
>|