恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

よかった、血のかよった日本映画だった
Naoki

Naokiの感想・評価

4.3
直視出来なかった。
わかりません。去年友人たちとクリスマスに気分あげよ〜!っていうテンションでタイトルで判断して見たら全然そういうものじゃなくて意味わからないねって笑ってからほぼ1年。
もう一度見返してみたけれど、生々しさが蘇って残っただけ。これを評価するにはわたしの経験が浅すぎるし若すぎると思った。
とりあえずひとつ言えるのは、わたしが普段見て、あぁこれいい!って思う、大衆受けするような話とは良くも悪くも違うってこと。
わたしをはじめ、大半の人間ってありえそうでありえないことを描いた映画が好きなのじゃないかなと思っているのだけれど、この映画はありえそうすぎた。きっと。
cocosize

cocosizeの感想・評価

4.5
かなり良作。すごい映画に出会ってしまった。「飲みこめない想いを飲みみながら生きている人が、この日本にどれだけいるのだろう。今の日本が抱えていること、そして”人間の感情”を、ちゃんと描きたい。」この橋口監督の言葉どおりの作品になっている。役者はワークショップで選んだほぼ素人。でも完璧。言葉が出ないほどずっしりしているけど、希望はあるし、今日も生きている。素晴らしい作品。
ラムウ

ラムウの感想・評価

3.8
日本の映画だわ……

絶望をくれるのも絶望から立ち上がらせてくれるのも恋人である。
泣こう
タイトルで恋愛物かと思って、初デートのカップルが映画館に観に行ったら、暗〜い気持ちになりそうですね。
ぽん

ぽんの感想・評価

3.6
3人のストーリーをみて、
愛するってことは、相手の素行も、死も、拒否も、すべて受け入れるってことなんだよってことなのかな、と思った。そして、その愛する覚悟をすることで人はひとつ大きくなるんだろうな。


主人公にとても共感できた。本当に苦しいだろうな。。そして、会社の人たちの「よい馬鹿さ」が唯一の救いだな。。。ただ、所長さん?みたいなひとに、犯人を殺してやりたい!って何度も訴えたとき、殺しちゃだめだよって言われたのは辛かった。
実際しないよ、でも、殺してやりたい!ってくらい辛いんだね、苦しいんだねっていってほしかったなぁ。
って気持ちになった。
絶望の人生からささやかな喜びをすくいあげて、希望を取り戻す話。
>|