恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

よかった、血のかよった日本映画だった
mipow

mipowの感想・評価

3.8
暗い。とにかく暗い。
リアルすぎて胸にグサグサくる。
二度目の鑑賞。
落ち込んでる時に観たい作品。
アドリブのような自然な演技がよりリアルさを増している。
ただ暗いだけではなくて、最後の最後には"それでも生きていくしかないんだな"と思わせるような小さな希望を感じることができる。
切実で誠実な映画。でも僕には合わなかった。雑多さが気になる。
31monks

31monksの感想・評価

4.3
つらい
Michiko

Michikoの感想・評価

-
どこまでも突き落とされる映画かと思ってたら、思った以上にめちゃくちゃ優しくて安心した
ask

askの感想・評価

4.5
ずっと泥に足を取られて前に進めないような疲労感と絶望、そしてナイフを喉元に突きつけられているような緊張と諦め、そして日常に漂っている怠惰、「暗い現実」を切り取った凄い映画だ。

邦画の底力を観た。

この映画に出てくる人は誰も幸せじゃない。
でも幸せだって思えた過去で息をつなぐ、現実に諦めて、それでも明日を見る。

誰一人として知り合いじゃないはずなのに、みんな知ってるような気がする。
みんな自分のような気がする。
そんな映画。

現実は醜く薄汚れている。
私たちは、死んでほしいやつも殺せずに、死にたくても死に切れずに、王子様が迎えにもきてくれなくて、ハッピーエンドも待ち受けてはいない。
そんな現実をもがいて、空を仰いで、ただひたすら生きていく。
そんな姿を肯定してくれた気がした。

決して万人受けする作品じゃないと思うけれど、全員に見てほしいと本気で思う。
だってこれは私の映画であなたの映画だから。

「金魚飼えるじゃん」
このセリフに集約されてる気がする。

最後のシーンで鳥肌がたった。
「よし」
ただそれだけで、その言葉だけで明日も生きよう。
ずっとじめじめ感
見て見ぬふりなのか、そもそも見えてすらいないのか。誰にも認知されないまま転がっている痛み。それを素手で掬い上げている映画だと思う。とてもやさしい手だ。無責任に幸せな結末を用意したりしない。でもちゃんと見ているよ。聞いているよ。チャンネルを変えたその向こう側で誰かの絶望が続いている。忘れないように生きなければならない。
>|