恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

よかった、血のかよった日本映画だった
m

mの感想・評価

3.8
重かった
2回目はないと思うけど見てよかった
リリーフランキーこの手の邦画全部出てる気がしてくる
とても現実
映画館バイト時代、最初に売ったチケットがこの映画だった
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
登場人物の誰にも共感できなかった…が、渋い顔をしつつも、時を忘れて見入ってた自分が居た。
各エピソードの結末も賛否それぞれだし、二度見ることはないだろう…が、これも心のどこかに引っ掛かり続ける類いの厄介な作品かな。
いや、登場人物の誰にも共感したくないのかもしれない…つまりは、自分も大して差はないのかも。
最後に、青空には文句ナシに共感するが、変に印象的な喫煙シーンにはやはり共感しない。
れい

れいの感想・評価

4.0
人間のリアルな感情とその背景にある ”日本の今” を表現するのが本当にうまい。繊細な演出に脱帽です。

それでも人は生きていく のか
kae

kaeの感想・評価

3.8
人ってなんだかんだ生きていけちゃう。

(主婦役の女優さんの演技が、リアルでほろ苦!好きだな〜)
takunoha

takunohaの感想・評価

3.7
恋人達と痛みをともなう作品

最初は自分には合わないタイプのアウトローの人々映画かなって思ってたけどそんなことなかった。
安定したところにいる人たちに爪先で傷を残す感じの映画です。

あと安藤玉恵という女優さんを初めて認識した作品
何度か見かけたことはあったけど、顔と名前を一致させたい欲に駆られたのがこれ。
印象的な鼻だなーって感じ。
うる

うるの感想・評価

3.0
C
84

橋口亮輔監督
>|