恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶…

通り魔殺人事件によって妻を失い、橋梁点検の仕事をしながら裁判のため奔走する男、アツシ。そりが合わない姑、 自分に関心をもたない夫との平凡な暮しに突如現れた男に心が揺れ動く主婦、瞳子。 親友への想いを胸に秘める同性愛者で、完璧主義のエリート弁護士、四ノ宮。心に傷を抱えながらも、幸せを求めて生きる3人の“恋人たち”を、稀代の才能・橋口亮輔は、時折笑いをまじえながら繊細に丁寧に描きだす。どんなに絶望的な世界であっても肯定し、ささやかな希望を胸に再び歩き出す―

「恋人たち」に投稿された感想・評価

みんなが最後上を向くっていうのは主題がわかりやすくて良かった
いしが

いしがの感想・評価

4.5
基本は鬱屈としながらも、どこか瑞々しさを感じさせる空気が好み。
全員演技凄い。
『ハッシュ!』『ぐるりのこと。』などの橋口亮輔監督が、それぞれに異なる事情を持つ3人の男女の物語をつづる人間ドラマ。自分に興味を持ってくれない夫と気が合わない義母と生活している女性、同性愛者で完璧主義の弁護士、妻を通り魔に殺害された夫を中心にストーリーが展開する。作家主義と俳優発掘を理念とした松竹ブロードキャスティングのプロジェクトの一作として、橋口監督の『ゼンタイ』に出演している篠原篤が主人公を演じ、リリー・フランキーも出演。人の感情を丁寧にすくい取った橋口監督の演出に期待。
橋梁点検の仕事をしているアツシ(篠原篤)には、愛する妻を通り魔殺人事件で亡くしたつらい過去があった。自分に関心がない夫と考え方が違う姑と生活している瞳子(成嶋瞳子)は、パートの取引先の男と親しくなったことから平凡な日常が変わっていく。エリート弁護士の四ノ宮(池田良)は友人にひそかな思いを寄せていたが、ある日、誤解が生じてしまい……。
てぃだ

てぃだの感想・評価

2.8
そういえばまだ見てなかったなこれ第74弾。あぁ確かにキネマ旬報や批評家が年間ベスト1位に選びそうな映画だなぁという印象。「恋人たち」という甘い言葉で括るにはあまりにも窮屈すぎる映画で、もはや映画の中の登場人物の会話というよりも、そこを通り抜けて観客を意識しすぎたセリフや独白が多くて、ならば映画ではなく舞台という媒体にすべきだったんじゃないかなぁと思った。あと、この時代に未だに「コンドームを買える自動販売機」ってのがあるんだなぁってのに驚いた。最初の主人公が語る妻とのタバコの馴れ初めはちょっとだけ泣いた。いい奥さんだなぁそりゃあ失くしたらさぞかしショックで立ち直れなくなるだろう。光石さんと皇室好きな奥さん?が鶏をおっかける場面が何だか奇妙なぐらいおかしくてグロテスク。
橋口亮輔監督作品。

通り魔事件で妻を失った男、平凡な主婦、同性愛者の弁護士を主軸とした3人の視点で描かれているヒューマン映画。
ほぼ無名の役者さん達が主役を演じているせいか冒頭から妙にリアルで絶望的…全体的に重い雰囲気のストーリーなのですが、時折クスリとさせられる「優しさ」を感じさせてくれて、ラストは希望を感じさせてくれる映画です。
監督ご自身がゲイである事をカミングアウトしていたり鬱になった経験があるせいか、やたらと説得力があります。

同監督の「ハッシュ!!」「ぐるりのこと。」がお好きな方は是非っ!
まったくもって気分良くはならない
主として三名の物語の展開を、それぞれで進めているが

どの物語の主人公もそれぞれ普通なところもあればある意味劇的な状況に置かれていたり
好感や共感を持てる部分もあれば、嫌悪感や忌避感を感じる場面も用意されていて

それを表現する製作者も迫真の演技を見せる演者もすごいと思う

特に役者陣はお世辞にも美男美女枠には入らない方々多数ではあるが、どの人もクセがありながら自然ないい演技していて
そこはとても好き

ただ物語としては好ましい感情はないなぁ
少しだけ悲劇や自分の特異性に酔っている感じがしていて、そこも滑稽に描いてるのだろうけど

正直保険料払えないような困窮者が住めるような家に住んでない時点でちょっと見方が変わってしまったところはある
鬱屈した人生が描きだされていて、見た後にセンチになる…。
会社の先輩の役者さんはとても素晴らしい。ああいう言葉、嘘臭くなくてとっても救われたね。バーベキューの時も良かった。
全然誰の気持ちも分かんないけど、デケェもんに対する諦観は共有できると思った、烏滸がましいかもしらんが
n

nの感想・評価

-
当時見た 好きな監督 また見る
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

それぞれいろんな悩みを抱えている人たちが人と出会い様々な思いを持ちそこから自分たちの(恋人に対しての?)苦しみや悲しみを克服していく姿に最後はとても暖かい気持ちになった

普段【日常】が退屈で苦しくてもその今の【日常】を生きていることが1番の幸せ
>|