恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

みんなが最後上を向くっていうのは主題がわかりやすくて良かった
Yusuke1210

Yusuke1210の感想・評価

2.9
どこかで勧められていて見に行ったけど、微妙な感じだった気がする。
Konomi

Konomiの感想・評価

-
生々しい生活感 もっと邦画も観よう
にへ

にへの感想・評価

3.5

飲み込めない思いを飲み込みながら
人は生きていく
硬くて火持ちが良く、遠赤外線をたっぷり放って冷え切った心まで暖めてしまう薪のような映画です。
橋口亮輔「恋人たち」

対立する構図さえ築く事が出来ない篠原篤、成嶋瞳子、池田良の三人。
元々は小さくても次第に増幅されていく低気圧のように、さんざん去就を迷ってから、おざなりな雨を降らせ、酷薄な風を吹かせるかの如く身近な人間にさざ波を送ります。
何かが返ってくるわけでもない、と本当は他ならぬ自分が一番わかっているだろうに。

それは平凡な主婦であろうが、不条理な犯罪の犠牲で妻を亡くした男であろうが、博識の代名詞とも言われそうな弁護士と言う肩書を持つ者であろうがこの身を暖めてくれる薪にも似た(恋人)を求める者なら誰もが同じこと。

主要人物3人は皆、孤独なのに「恋人たち」たちという逆説的なタイトルがエンドで出てくるのがいいですね。
これ以上にないくらいベタなタイトルですがこれほど冠するのに勇気のいるタイトルもありません。
映画好きなら聞いた瞬間に想起したルイ・マルの通俗的な名作とはもちろん無関係です。

三人の恋人たちはもしかしてスクリーンを見つめる私たち観客の中にいるのでしょうか?

そうでなければ単純にミーハーで、セックスに飢えて、野外でタバコふかしながらはばかることなく小便をする成嶋瞳子が姿見の中に自分を認めた瞬間、観ているこちらが一瞬どきりとするほど愛おしく感じるはずがありません。

男の私には分かりかねますが、他の観客方の中には篠原篤がアパートで職場の先輩に心情を吐き始めた時、一気にカメラが迫った瞬間、あるいは池田良が自分が秘かに愛していた男性に誤解されたくない想いを既に切れた電話相手に独白を始めた瞬間、(恋人からの求婚)にも似た思いで捉えていた人もいたことでしょう。

光石研が成嶋瞳子のこぐ自転車にまたがり逃げた鶏を追いかける場面は文句なしの美しさですね。

以前にも触れましたが私は自転車の滑走シーンで見事に画面におさめていればそれだけで「映画だ!」と鵜吞んでしまう単純な男ですが、本作のこのシーンは本当に北野武「キッズ・リターン」と瀬々敬久「最低。」の自転車二人乗りシーンに匹敵する素晴らしさです。
すんでのところで醜いメロドラマか歯がゆい男たちの自堕落な生きざまだけを描くだけになりそうな世界をギリギリのところで尊厳ある市井の人々のハードボイルドに仕上げてしまう橋口亮輔の手腕。
ラストの印象的なセリフをお借りします。
(右よし、左よし、この映画よし)
keketaro

keketaroの感想・評価

3.5
曇天のような日常に、微かな光が差しはじめる話。
3人のストーリーではなく、主人公1人だけでよいと思いました。

奥さんが生きていた頃の幸せなシーン。
通り魔に刺され亡くなるシーン。
これらを序盤30分、あるいは回想として描いた方が圧倒的に良い。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のように。
篠原篤の演技力が高いため、喪失感をかなり共有できるが、やはり"現場"を描くべきである。

立ち小便をするカップルを羨む主人公。亡き妻に号泣しながら語る姿はとても感動的でした。
UPLINK吉祥寺で期間限定で上映していたので観に行きました。

公開当時は激務など重なり、かなり心と体が弱っていたのですごく観に行きたかったけど、その時の自分には内容的に無理そうだと思って見送りました。

3年以上も経ってしまったけど、この映画は東京オリンピック間近、そして平成という時代が終わろうとしている今だからこそ観る価値があると思います。絶望しかないない人生と世の中であっても、最後にはしっかりと光を見せてくれた映画でした。
3人の主人公の人生が描かれているが、妻を失った男性のシーンでは胸を締め付けられるような切なさがあった。人妻と弁護士は少し印象が薄かったかな。でもそれぞれに印象深いシーンはあった。
りさ

りさの感想・評価

2.6
ちょっとよくわかんないけど片腕おじさんが良い
まん坊

まん坊の感想・評価

2.9
2019-002@アップリンク吉祥寺パルコ

お正月休みにすることもなく、新作の公開もまばらだったため、こんな時は新しくできた吉祥寺のアップリンクだ!ってことでラインナップからレビューの平均点が高めだったこの作品を鑑賞。

まず思ったのは共感しづらいという事。
主人公たちが魅力的では無く、さらに身近にいるような境遇の人間でもない。悪い言い方をすると可哀想な人達なのである。
役どころとしては難しい役どころなのは直ぐに分かるのだが、演じてる役者さんは今までに見たこともない一般人か?と思うような役者さんを使っていて、そこが良くないと感じてしまった。
先入観無しに観てもらいたいという意図なのだろうが逆の先入観を植え付けられて、この人たちはなんなのだろうと思ってしまった。演技もどこかわざとらしく気になる。。。

そしてこの作品、登場人物が周りから見えてないかのようにやたら独り言を喋る。
いくら喋っても届かないのがこの現代だとでも言いたいのか。
あまりにも独り言が多く、そんなに喋るかね?と思わざるをえなかったほどで、せっかくの良いシーンになるはずが台無しだ。

扱っているテーマはとても大切な事だとは思うが、魅せ方がイマイチだと思う。
もっとあっさりで良かった。時間も長い。
>|