恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
今作を見ていると、どうやら人間のタイプって3つに分類できそうで、、、まずは、自分が得するためなら他人を騙す貶めることに痛みを感じない人。次に、世の中の大多数であろう自分は損をしたくないから見て見ないふりを決め込む人。最後に、たとえ自分が損をしようとも自分の美学や正義に忠実に生きれる人。
橋口監督に感じる強烈な正義感や美学のように、たとえ建前であろうとも、人間という生き物は損を顧みず自分の美学や正義に忠実に生きたいと願うように設計された生き物なのだと僕は信じている。だけど、嘘だらけで美意識の足りない「素晴らしきこの世界」の一員として「正しく」生きるということは、痛みを感じれなくなった弁護士のギブスの取れた左足のように他人の痛みを感じずに生きるということなのだろうか?

本当に素晴らしい作品だったし、橋口監督は大好きな監督の一人だけど、同時にこの繊細さは生きずらそうで見ているこっちが辛くなる。
最後の一言に心が救われた。
なんだろうなんかずっと吐きそうだった、いい意味で。いい意味で吐きそうってなんだ。
人間一人一人が悩みながら生きています。真剣に向き合っている人は僅かでしょうか。有名俳優を起用しない事で日常感が増していますが、何しか暗い・・
mikiota

mikiotaの感想・評価

4.8
橋口亮輔×akeboshi=傑作
tomo

tomoの感想・評価

4.5
あるようで無い。
無いようで有る。
みんな気付かず生きてるようで
気付いてるから
誰の中にも…あるから
剥き出し放置、汚い嘘、汚い笑顔
悲観に苦しみ憎しみ後悔、無念
どうすればいいか?
本当の幸せの意味は?
心から笑えたあの日々があるからこそ
人は崩れるんだろうか…と
問われてるような気持ちになった。

自分の世界の主役は自分だから
客観的にふざける事なく
凝視しながら生き続けるしかない。
その人生の一部を切り抜きした感じ。
む

むの感想・評価

4.5
絶望と孤独と少しの希望を持って生き続ける日々は苦しい
ふえるわかめちゃん
Mizuki

Mizukiの感想・評価

-
鶏と豚の話。めちゃくちゃ興味深かった。私はどっちなんだろう。

女子アナの話し方と弁護士の話し方、あーこういう人いるいる!ってなったし、通り魔に妻を殺された人の、癇癪の起こし方もいるいるってなった。

腕ない人とてもいいな。人として。あの人もきっと生きることに絶望して皇居ぶっ飛ばそうとしてたんだろうけど、全てを悟ってからのあの仏なんだろうな。人の技術を素直に褒めることが出来て、挫けそうな人にてをさしのべたり、寄り添ったりを難なくできるってすごい簡単なようで難しいことだよね。
>|