恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

NOOO000ooo

NOOO000oooの感想・評価

4.5
今作を見ていると、どうやら人間のタイプって3つに分類できそうで、、、まずは、自分が得するためなら他人を騙す貶めることに痛みを感じない人。次に、世の中の大多数であろう自分は損をしたくないから見て見ないふりを決め込む人。最後に、たとえ自分が損をしようとも自分の美学や正義に忠実に生きれる人。
橋口監督に感じる強烈な正義感や美学のように、たとえ建前であろうとも、人間という生き物は損を顧みず自分の美学や正義に忠実に生きたいと願うように設計された生き物なのだと僕は信じている。だけど、嘘だらけで美意識の足りない「素晴らしきこの世界」の一員として「正しく」生きるということは、痛みを感じれなくなった弁護士のギブスの取れた左足のように他人の痛みを感じずに生きるということなのだろうか?

本当に素晴らしい作品だったし、橋口監督は大好きな監督の一人だけど、同時にこの繊細さは生きずらそうで見ているこっちが辛くなる。
sakura

sakuraの感想・評価

-
授業で鑑賞
「それでも人は生きていく。」
そのへんにある人生を切り取ったほんの一部。ザ日本映画てかんじ。好みじゃなかった。
記録

自分には全く関係無いようで、登場人物の誰かしらに共感する部分がある。
鑑賞した人なら感じる何かがある。
キラキラしてない世の中のリアルを描いた作品

このレビューはネタバレを含みます

やなやつだと思ってたけど、繋がらない電話越しに告白する四ノ宮がちょっと可愛かった
微睡

微睡の感想・評価

2.0
苦手な喋り方の人ばっかり。勘違いブスは痛々しくて見ていられないし、ネット弁慶みたいな根暗男には共感できないし……不快感。しかしラスト5分、1歩踏み出した彼らを気持ち悪いとは思わなかった。(弁護士の彼はちゃんと仕事しないから嫌い)
チェルフィッチュという劇団が「日常所作を誇張しているうなしていないような表現」を取り入れているのだけれど、既視感の正体はそれ。私自身も他人から見るとああいう気持ち悪さがあるのかもしれない。
途中、ダサいカメラワークにぎょっとした。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.4
ワークショップから造られた映画であり、画面に現れる8割がアマチュアの俳優である、という事実から、《ハッシュ!》や《ぐるりのこと。》といった傑作を造ってきた橋口亮輔監督が7年ぶりに撮った長篇で何をしようとしたのかがある程度推し量れる。
彼は巧い映画が撮りたかったのではない。橋口監督は、いまこの国で普通に生きている人を描くことで、この社会のありようを描こうとした。そしてそれは、残酷なまでに成功している。
無差別殺人犯に妻を殺され、裁判のためにギリギリの生活を送りながら、市役所の窓口では邪険に扱われるアツシ。日常の空虚さに耐えかね、非日常の恋に賭けようとする瞳子。現代社会においてそれなりの成功を収めていながら、ほんとうに恋しい人には声が届かない四ノ宮。それぞれ篠原篤、成嶋瞳子、池田良という俳優の魂に向かって当て書きされた人物たちは、この社会が育ててしまった理不尽をその身に受け、もがき苦しむことになる。
橋口亮輔は怒っている。どうしてこうなってしまったんだ、と。喪ったものはあまりに多く、絶望は深い。橋梁点検をしながら社会の根っこに耳を澄ますアツシは言う、「全部ぶっ壊れてる」、と。
前に進もうと足掻いても空回りで、逃げ出そうとしてもうまくいかなくて、情けなくて、口惜しくて、痛くて、辛くて、苦しい。だけどそれでも、生きていくことを、この映画は描こうとする。
それほど深い付き合いでもない(彼からは関係も奪われている)職場の先輩に、怒りと憎しみをぶちまけるアツシに、先輩・黒田は「俺は、あなたともっと話したいと思うよ」と言う。それは何の解決をもたらす言葉でもない。世の中に片附くなんてものはない。しかし、そういうささやかな温度を持った断片を重ねることで僕らは生きているし、これからも生きていく。
最後にアツシが見上げた青空は、愚かさや醜さをそこかしこで現しつつあるこの世界を、それでも包み、美しい青で彩っていた。「よし」。そして生活は続く。

この映画を、マジメで貧乏臭い映画だ、と言って片付けている知識人の言い草に憮然としたので書いた。ほんの隣にあるものに目を瞑って、スマートでゴージャスでそれなりに政治的な拵え物が見たければ、他にたくさんあるだろう。
橋口亮輔監督というのは本当に才能豊かな監督だと思う。

群像劇としての本作は、様々な登場人物の日常らしき出来事が、まるで「ドキュメント」のように描かれる。

しかし、これらは「日常らしき」世界であり「ドキュメント」のようであるが、フィクションであり、物語であり、何より映画なのである。

物語空間の出来事として主人公たちの「日常」はリアルなようでいて、非常に不自然なまでに作劇的な空間になっている。

ドキュメントっぼい演技、演劇的に見える演技、そして映画でしか描けないような沈黙やじっと俳優たちが佇むだけの印象的なシーン。そして、あの変な水とか、皇族とか、覚醒剤とか。
よりによって繋がる映画的小道具と人間関係。関係性や、出来事によって多面的に見える人物の感情と豊かな表現が畳み掛けてくる。
東京という街、日本という国の中で痛みをこんなにも炙り出した作品はあまりない。
そして、それらが交わって映画でしか表現できない時間として画面に現れていて。
本当に素晴らしい映画。
世の中の様々な理不尽や自己中で想像力のない無神経な人たちなどに対する怒りが露わになりすぎていた。心ない言葉や理不尽な出来事に対面した時の、遣る瀬無い悲しみや怒りを、ほんとに上手に描きすぎていて、今までにないくらい泣いた。
この世は自分が想像する以上に人生が交差していて、自分が経験した事もないようないろんな感情があって、些細な言葉が自分の知らない間に相手を苦しめていたりとか、傷付けたりとか、逆に人生を救ってたりとか、そういうことが実は本当にたくさんあるんだと思う。ほんとに計り知れない。つらい。
>|