恋人たちの作品情報・感想・評価

恋人たち2015年製作の映画)

上映日:2015年11月14日

製作国:

上映時間:140分

3.9

あらすじ

「恋人たち」に投稿された感想・評価

ちくわ

ちくわの感想・評価

5.0
もし自分が家族を亡くし生きる希望をなくしてしまったとき、どんな言葉をかけられたいだろう。逆に絶望に押しつぶされそうな人に対し、なんて声をかけたらいいだろう。
妻を亡くした彼に対し彼の同僚がかけた言葉は、これ以上ないくらいに暖かく、紛れも無い本心だったと思う。人が絶望から抜け出すきっかけというのは、案外近くにあるのかもしれない。
Jerry

Jerryの感想・評価

4.4
悲しみや痛みは、乗り越えられなくていい。そんなメッセージを受け取れた。

それでも生活は続く、という「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の彼と同じ優しさの滲むラストがすごく好き。
あんまりにも悲惨な現実。
でも希望は無いと生きていけない。
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「通り魔に妻を殺された」って主人公の設定が気になる。
おそらく観客誰もが同情するし、世間や行政の対応の手薄さに怒りを感じてしまうし、生きるって痛みを伴う、となるわかりやすい設定だけど、だからこそそういうエピソードがなくてさえ痛みを感じる瞬間に共感したかった、という自分の個人的な期待は満たされなかったのだと思う。女の主人公の「痛み」のほうが日常的で、共感しやすく惹きつけられた。
三人の主人公の抱える「世の中への違和感」「生きていくことの痛み」みたいなものの質も量もまるでふぞろいで、感覚的に入ってきづらかった。感覚的に共感する下地がわたしの経験になかった、ともいえるのかもしれない。
心に響く場面やセリフはいくつかあった。
さ

さの感想・評価

4.3
2019.10.11

仕事終わりに夜中に鑑賞。
人間関係がうまくいったり
うまくいかなかったりの最近。
ふと眠れなくなって見た映画。

人間の負の部分に焦点の当てられた映画。
それは一見自分とはかけ離れて見えるけど、
どこかで必ず共感してしまうものだった。
みんな悲しみや憎しみや妬みや嫉妬や、
そんな感情を持ちながら、
それでも毎日は過ぎていくのだなぁと。
大げさなようでとてもリアルな作品。

そしてたくさんの感情を抱きながらも
日々をこなしていく彼らを見て
重い暗いだけで終わらない、
なぜか一筋の希望というか
自分も1日1日を生きていこうと思える作品。
tu

tuの感想・評価

4.5
とてつもなくリアリティにより近い現実世界を描く群集劇。綺麗に着飾った人間だけではない、本来心に潜む黒い感情。誰しもが心に闇を抱えて、コンプレックスや現実逃避や葛藤に揺さぶられながら生きている。変えるのも変わるのも自分。寄り添い合える存在価値と、何気ない優しさに救われる。キャストの自然な光る演技力にはハッとさせられるものがあった。
いま、まさに、そこにあるような。ドキュメンタリー
KK2PANTS

KK2PANTSの感想・評価

3.8
‪重い。心が抉られる。同監督の「ぐるりのこと。」でもあったように、不安定で常にギリギリのラインでバランスをなんとか保ちながら、もがき苦しみ生きる消耗しきった大人達が日々を過ごす様子が緻密に描かれていてよかった。‬
よした

よしたの感想・評価

5.0
生きていても基本的に良いことなんてないし、金もないし、自分のことしか考えていない人間ばかりで、そういうひとたちに足を引っ張られるたびに生きているのが嫌になる。だがしかし、ごく稀に優しい人がいる。ごく稀に自分のことのように私のことを考えてくれる人がいる。どこかに生きている意味があるとすれば、そういう人たちに会うことなのではないかと、この映画を見ながら思いました。
>|