貝崎

仁義なき戦いの貝崎のレビュー・感想・評価

仁義なき戦い(1973年製作の映画)
5.0
もうすでに2、3回観ました。渋みが凄かったので、何回も濾すつもりでみたんですけど渋みは増すばかりでした。

舞台は戦後の呉市。実録物っぽいリアリティなんだけど、流れはドラマチック。無能な親の保身にムダな犠牲を払い、無能な親に裏切られる無意味な内部抗争。広能(菅原文太)の兄弟間で仁義を通そうとする男気と坂井(松方弘樹)の親父の無能さを早くから見抜いて組を動かすキレの良さ、はいかっこよすぎ、若杉(梅宮辰夫)のアニキっぷりハンパじゃない男前。1作目のこの3人、これこそ「映画の中の任侠世界」みたいな渋みをばっちり演じてます。それもこれも山守親分(金子信雄)のクソびったれのクソ神輿のキャラクターのおかげ。坂井のおやっさんを神輿に喩えたあの名言は最高にシビれました。

ここから残り4作、続けていきます。