JIN

劇場霊のJINのレビュー・感想・評価

劇場霊(2015年製作の映画)
2.6
Jホラーの元祖中田秀夫監督が、てっきり原点の『女優霊』の感覚に戻ってほんまに怖い映画を撮ったのかと期待してたら、何にも怖くないし特に面白くもない、とんだ失笑もののズッコケ映画だった。
『クロユリ団地』もたいがいやったけど、これも負けず劣らずの残念な内容。
『劇場霊』は人形の恐怖を扱った作品やけど、そういったホラー映画は多いし、ならばもっとトラウマになるぐらいの目新しい恐怖を創造してほしかったと思う。
アレはいかん。
笑ってまうで。
そもそも「劇場霊」じゃないやん。

それと演者のせいもあるけど、劇中劇がショボすぎ。
主演のぱるるは頑張ってるのはわかるけど、どうも声の線の細さが気になって、特に舞台で演じてる時は観てられなかった。
目の下のクマはホラー映画にはちょうどよかったけど。

もう中田監督に『女優霊』『リング』『仄暗い水の底から』のようなJホラーの傑作を求めてもダメなのか?
もっと全身が凍り付くぐらい恐いのを「ちょうだい」(笑)
アレものまねしたくなる。
笑えるだけまだよかったかもしれない。