紫式部

独裁者と小さな孫の紫式部のレビュー・感想・評価

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)
3.9
今の世界各地で紛争を起こしている主導者たる人物達に観てほしい作品です

とある国でクーデターが起こり、大頭領とその孫が身分を隠して逃亡する内容だが、クーデターと共にそれまで大頭領を警護していた物達も反旗を翻してしまう

その大頭領と孫を身分を知らないとは言え、手助けしてくれる貧しい国民達の本音を聞くにつれ自身の行っていた政策がいかに国民を苦しめていたか痛感するのだが・・・

とにかく孫が可愛い。
大頭領の孫として育ったせいか、世間知らずで初めて見聞きする事に純粋に問う表情は、穢れを知らない子供そのもので、このまま純粋に成長していって欲しいと感じました。

そして、感動のラスト!

世界に強く訴えたい言葉です