サントス高野

独裁者と小さな孫のサントス高野のレビュー・感想・評価

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)
3.7
架空の国、突然クーデターが起き、ふんぞり返っていた独裁者とその孫が二人で逃げる話
しばしば一人称視点での映像に切り替わり、クーデターでの危機感など臨場感たっぷりに映し出している
可愛そう、なんて同情はしないね
衝撃の結末でもないし感動もしない

こういう消化不良感残るラスト好きじゃないんだよなあε=(・д・`*)
でもラストに至るまでの逃避行はなかなかよかった


ところで、今回の千葉劇場のような小規模な映画館は初めてでちょっと感動した
観る人を選ぶね