きぬきぬ

独裁者と小さな孫のきぬきぬのレビュー・感想・評価

独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)
4.3
とても素晴らしいが、強烈にきつくて悲し過ぎる。映像的にも素晴らしい場面が幾つもあるが、どれも美しく残酷なまでに悲痛だ。
とある国の独裁者である大統領がク-デタ-により地位を追われ、小さな孫と逃亡のサバイバル。
ク-デタ-が起きても、政権や社会が安定しなければ、人間の野蛮な行為は無くならず、簡単にどちらへも寝返る(裏切る)ことの出来る人間の低俗さが痛烈で、無政府状態の中寝返り野放し状態の兵士たちの無慈悲な悪行で犠牲になるのは女や子どもたち。女子どもが軽んじて扱われる描写はきついし、死の概念さえ解らない幼い孫の無垢で無邪気な行動がユ-モラスさと別に危機感を覚えるし、圧政を誰かの所為にしたい、貧しいさと抑圧されていた怒りと憎しみを晴らす為の犠牲を求める人民よりも、牢獄で長い間拷問を受けながら過ごしていた政治犯たちの方が理性的な考え方が出来るという意味深さ。そして逃亡中に、自らが撒いた数々の悲劇を目の当たりにする大統領の方が度々良心的な人間にも見える皮肉、覚悟もあったと思うのだ。