独裁者と小さな孫の作品情報・感想・評価

独裁者と小さな孫2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・評価

雄貴欠

雄貴欠の感想・評価

4.3
映画のタイトル通り独裁者とその孫が反乱によって追われる身になり、国内の様々な場所を逃げ回る話。国内を独裁者が権力を無くし国民と同じ視点で見て何を感じたのか、オチも想像に任せるといった感じで色々と考える事が多い。
演技も話も良くとてもいい作品だった。
#2018年112本目
anya

anyaの感想・評価

3.4
クーデター後、逃亡する独裁者と孫のロードムービー。緊迫感があり重く辛い。
新田畳

新田畳の感想・評価

3.2
失墜した独裁者と孫の逃避行。

ロードムービーの体裁を取っていたり、一般的な道徳に異を唱えている側面もあるのでアメリカンニューシネマっぽい印象を受けた。(表現はマイルドだけど)

とはいえ、「自身の罪を目の当たりにしていく」という過程を見せられた程度では、権力側であった暴君に慈悲を抱くのは難しいと感じた。

子供を連れているからか、変に感情移入しそうになるけど、それはそれで危険なことの様に思う。
ひろ

ひろの感想・評価

4.0
こういう絵本がありそう(ノ_<)人は自分がどれだけ人を傷つけているか分からない。見てくれは本当におじいちゃんとかわいい孫、民衆の話でどれだけ酷いことをやってきたのか知らされていく辛いロードムービー。言葉が難しいから慣れるまで大変、だけど面白い!これは世界のどこにでも起こり得ること、そして、人は変われないということ。人は1つにはなれない…
NANA

NANAの感想・評価

3.2
深く重い
独裁政権に対抗する革命によって逃亡せざるを得なくなる。
すごい社会的な映画で、国民視点ではなく、独裁者視点で進むのは面白い。
決してハッピーエンドではないので観終わったあとはずーんってなる。
市民革命はあらゆる革命の中でも最も力が強く恐ろしいと言われてるのを如実に表現してる映画だなぁと。
映画館で予告を見たときにけっこう気になっていたけど結局見れずだったが


元独裁者が革命で追われ
小さな孫と逃避行する物語、として認識していてまぁ概ねそのままではあるが

独裁者であった場面もさほど独裁について大袈裟に描かれないまま
逃亡パートになって、いちおう登場人物の話でどんな独裁者だったかなど出てはくるも
映像としては孫と生きるためにおじいちゃんが四苦八苦する姿がじわじわと応援する気持ちを誘い


そして結末、ね

やっぱり権力も怖いけど
集合した民衆や大衆も怖いですよね

いろんな想像ができるラストて
最後まで見守る価値は、ある意味あり
さより

さよりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなところ
・クーデターを逃げ惑う車内から見た映像
・なんかいきなり出て来て監督の考え代弁するやつ
・ギターが弾ける独裁者
・豹変する楽団
>|