独裁者と小さな孫の作品情報・感想・評価

独裁者と小さな孫2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・評価

雄貴欠

雄貴欠の感想・評価

4.3
映画のタイトル通り独裁者とその孫が反乱によって追われる身になり、国内の様々な場所を逃げ回る話。国内を独裁者が権力を無くし国民と同じ視点で見て何を感じたのか、オチも想像に任せるといった感じで色々と考える事が多い。
演技も話も良くとてもいい作品だった。
「踊らせろ」は含みに満ちていて新鮮でよかったのだが、全体を振り返ってみると横暴な独裁者が自分のしてきたことを見つめなおす以上でも以下でもない、という感じの物語だった。個別に言えば、序盤の車中での二人の娘の喧嘩、暴動のなか車で逃げるシーン、歩けない脱獄者を背負って村を目指すシーンがよかった。
YuiOgawa

YuiOgawaの感想・評価

4.5
こんなゲーム嫌いだ、と言う孫。それに続くラストを、観終わったあと、巻き戻して再度観てしまった。


音楽が美しい。ギターの音色がよい。
どこの国とも言えない幻想的な風景や音楽、細かい政治的説明もないまま進む展開、なんだかおとぎ話のようだけれど、そうじゃない。大人の読む絵本って感じ。
とにかく孫がかわいすぎる(´;ω;`)
最後のシーンが忘れられない
こんなゲーム終わりにしたい、その通りだね
紅孔雀

紅孔雀の感想・評価

3.0
うーむ、重たい映画でした。
ポスターや設定から寓話的作品かと思いましたが(そういう要素もあると言えばあるのですが)、そんな現実逃避を殆ど許さぬ、シビアな一編でした。現在、祖国イランから亡命中で4度の暗殺未遂にあった(と言う)マフマルバフ監督の、祖国への怨念、恐怖、愛惜、批判など様々な思いが詰まった映画でした。ただ逃避行の緊張ばかりでなく、草の中に隠れて野鳥の卵を祖父と孫2人で分け合う束の間の平和なシーンが、忘れ難く心に残りました。
同じイラン映画として『サイの季節』を思い出しましたが、共に救いがないところに、中東の政治情勢の過酷さを感じます。
何せ贅言が虚しく、沈黙を強いる作品でした。
もっと攻めて欲しい気もする。
>|