独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • グルジア
  • フランス
  • イギリス
  • ドイツ
  • / 上映時間:105分
    監督
    モフセン・マフマルバフ
    あらすじ
    独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

    「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2016/11/18
    4.4
    「とある国」が舞台となっている。つまり世界の何処にある国なのかハッキリしない。そういう抽象的な設定だからかこの話はリアリティがない。良い意味で言えば寓話的で、つまり私たちにも当てはまり得る教訓を引き出せる話なのだけれど、悪く言えば話にあまりにも現実味がないせいでこの話から「切実な」革命の悲惨さを読み取れるかという説得力に欠けるきらいがある。そのあたりをもちろん監督も見越した上で作った映画なのだろうが、賛否が割れる作品ではあろう。マリアとの「孫」との華やかなダンスシーンやレジスタンスの悲壮さ、内戦で苦しむ難民の壮絶さも前述した「寓話的」な話であるからなのかやはり「教訓」として「独裁政権への反抗も新たなる『強権的な悪』を生み出し得る」という結論に堕してしまい、でもそう簡単に読み取っても良いものなのか考え込んでしまう。なにを読み取るか、なかなか単純そうで豊富なテーマが盛り込まれていることからこの点数に。
    まつかわだいすけ
    まつかわだいすけの感想・レビュー
    18時間
    3.5
    めちゃくちゃ大まかにいうと、暴力は新たな暴力しか生まないという話。
    しかし、ラストはうやむやに誤魔化されたという感じ。
    顔のクローズアップが印象的だった。
    うーん…
    添島
    添島の感想・レビュー
    18時間
    4.2
    なんて映画だろ。なんてことだろ。めちゃくちゃ苦しかった。

    架空の国だからこそ、普遍的な政治や人心の恐ろしさってのが、ストレートに打ち込まれてくる。隣人は愛せるのに肩書きや職業は愛せないんだ。かわいくてすこしばかな女の子みたいな男の子も独裁者の孫なんだ。
    なんてことだろ。これを見て何を思う人間が「いいひと」になるのかなぁ。
    midoota
    midootaの感想・レビュー
    22時間
    3.1
    苦しかったし、ハラハラする。
    どの立場で観たらいいか分からなくなる。
    おくやま
    おくやまの感想・レビュー
    2日
    3.6
    独裁者が治める国だけど、それが現代っていうのがいいですよね、
    それと街の中での貧富の差や、軍人や政権の中でも幹部の人は太ってるところとか、国営放送があからさまに虚栄なところとか、明らかに北の匂いを感じる、、、、笑
    最初も「名も知れぬ、とある国」って、、、、笑

    でも後半はしっかり面白いです、内戦が1番止められないのは負の連鎖が続くから。平和を願わない人はいないのに。
    まちだななみ
    まちだななみの感想・レビュー
    6日
    3.7
    ずっしり重い。
    よしお
    よしおの感想・レビュー
    6日
    4.0
    パッケージ鑑賞!!
    架空の国だが、ジョージア(グルジア)も撮影国だったので、東欧モデルなのかな。

    高層階の一室で首都の電気を消したりする遊びをしていた独裁者と孫。しかし、消した灯りはつくことはなくそのままクーデターが起こる。家族は飛行機で海外に、独裁者と孫は一旦宮殿に戻ろうとするが街はもう元の街ではなかった。懸賞金もかけられ二人で逃げていくが、国の荒れよう、国民の恨みなど、独裁者は初めて目のあたりにした。
    ハラハラしながらも逃げ抜くことを期待しながら見てたが、やっぱり最後は…処刑シーンも無かったからもしかしたら生きてるのかもって希望は持てたけど、心が苦しかった。
    独裁者も孫も、軍服クソかっこよかった。
    むらかみはるか
    むらかみはるかの感想・レビュー
    2017/05/18
    3.9
    何不自由ない生活を送ってたのに
    一気に転落、、
    序盤の興亡衰勢の見せ方が好きです
    明かりを消したりつけたりの
    演出、すごくうまいと思う

    大統領役のおじいちゃん
    とてもかっこいいし
    孫の男の子もすごくすごく
    綺麗な顔立ちしてて見惚れてしまいました

    最後どうなったか分からないのが
    いいね、
    辛い描写もあるけど
    正義ってなんだろうって
    考えさせられた映画でした
    映画の中で流れる切ないギターや
    歌が物悲しくて切なくなった、、
    ohchiyo
    ohchiyoの感想・レビュー
    2017/05/15
    4.6
    前半の退屈、後半の衝撃。
    世界の大統領がこの映画を観たらいいのに。
    この映画を観て平和を望まない人なんているのだろうか。
    rudy
    rudyの感想・レビュー
    2017/05/15
    3.4
    記録
    >|