独裁者と小さな孫の作品情報・感想・評価

独裁者と小さな孫2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.4
「とある国」が舞台となっている。つまり世界の何処にある国なのかハッキリしない。そういう抽象的な設定だからかこの話はリアリティがない。良い意味で言えば寓話的で、つまり私たちにも当てはまり得る教訓を引き出せる話なのだけれど、悪く言えば話にあまりにも現実味がないせいでこの話から「切実な」革命の悲惨さを読み取れるかという説得力に欠けるきらいがある。そのあたりをもちろん監督も見越した上で作った映画なのだろうが、賛否が割れる作品ではあろう。マリアとの「孫」との華やかなダンスシーンやレジスタンスの悲壮さ、内戦で苦しむ難民の壮絶さも前述した「寓話的」な話であるからなのかやはり「教訓」として「独裁政権への反抗も新たなる『強権的な悪』を生み出し得る」という結論に堕してしまい、でもそう簡単に読み取っても良いものなのか考え込んでしまう。なにを読み取るか、なかなか単純そうで豊富なテーマが盛り込まれていることからこの点数に。
RiRi

RiRiの感想・評価

4.2
評価ひくくないですか!
けんと

けんとの感想・評価

4.4
めっちゃリアル
逃亡劇がスリリングに描かれていて目が離せません。絶対的な権力を持っている大統領があっという間に転落していく様がリアルだった。
こんなゲーム終わらせたいよね
マリアに会いたいよね
自分のしてきたことを見つめなおす旅というか
も

もの感想・評価

3.3
憎しみは憎しみの連鎖を生むんだね、、

孫助かってよかった
憎しみは連鎖する。
暴力は、問題を見て見ぬ振りすること。

暴力で押さえつけられていて
暴力で問題解決した人々は
なんでも力に頼る。銃に頼る。
内戦が起きる。人が死ぬ。

民主主義の為に踊るって深い。
りの

りのの感想・評価

-
孫が本当に可愛い!!
この子の行く末をずーっと見ていたかった(笑)
大統領が独裁者として扱われ、ものの一時間で状況が変わるまえに逃げようとするが、孫息子だけ大統領と国に残ることを選択。市民の現状を目の辺りにしてゆく。


精神的にストレスかかえてる時にみると大変ショックをうけたけど、
国の外で現実的におこりうる話としては、現地の人たちより生ぬるかっただろう。

最期はありがちなまとめ方ではなかったので物語の後味は悪くない。
Toku

Tokuの感想・評価

4.6
気になった音楽
V moem serdtse tol’ko ty/Gudzhah Burduli
>|