独裁者と小さな孫(2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:
  • イギリス
  • グルジア
  • ドイツ
  • フランス
  • / 上映時間:105分
    監督
    モフセン・マフマルバフ
    あらすじ
    独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

    「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・レビュー

    踊る猫
    踊る猫の感想・レビュー
    2016/11/18
    4.4
    「とある国」が舞台となっている。つまり世界の何処にある国なのかハッキリしない。そういう抽象的な設定だからかこの話はリアリティがない。良い意味で言えば寓話的で、つまり私たちにも当てはまり得る教訓を引き出せる話なのだけれど、悪く言えば話にあまりにも現実味がないせいでこの話から「切実な」革命の悲惨さを読み取れるかという説得力に欠けるきらいがある。そのあたりをもちろん監督も見越した上で作った映画なのだろうが、賛否が割れる作品ではあろう。マリアとの「孫」との華やかなダンスシーンやレジスタンスの悲壮さ、内戦で苦しむ難民の壮絶さも前述した「寓話的」な話であるからなのかやはり「教訓」として「独裁政権への反抗も新たなる『強権的な悪』を生み出し得る」という結論に堕してしまい、でもそう簡単に読み取っても良いものなのか考え込んでしまう。なにを読み取るか、なかなか単純そうで豊富なテーマが盛り込まれていることからこの点数に。
    masatan
    masatanの感想・レビュー
    1日
    3.8
    クーデターにより国民または元政府側の人間から追われる立場となった独裁者とその孫。

    独裁者=悪い人というイメージはつきもの。でも視点変えれば、独裁者だって人間で、家族を愛する1人の老人である。ただ独裁者だっただけで、こんな目に遭ってしまっただけだ。ただし同情はしない。
    視点を変えて物事を考えると不思議だ。同じものなのに変わってみえてくる。国民の立場であれば、独裁者は絶対悪だ。でも独裁者の立場でみれば、ただ命を狙われる老人だ。

    ある村人は、「こいつ(独裁者)を殺してどうなる?今度は国民が殺し合いになる。負の連鎖だ」と言った。政治を変えて欲しいなら、独裁者を殺せば改善されるとは限らない。独裁者だと言われる人も元々は国民が選挙で選んだ人であることが多い。政治を変えて欲しければ、国民自身の考えを改めければならないのだと、この映画から感じとった。
    yukamero
    yukameroの感想・レビュー
    4日
    3.8
    元大統領で独裁者のおじいちゃんと孫の逃亡劇。
    ハラハライライラ。
    そして重たい。
    兵士達の変わりようが一番怖い。
    ちょっと前まで歓迎ムード満載で、トランペットとか吹いてたのに。
    孫はあんな煌びやかな生活から急に逃亡しなきゃならないなんて可哀想だし、あの後どうやって生きていくのかすごく気になった。
    ラスト、この映画の全てが詰め込まれてた。
    ネリ
    ネリの感想・レビュー
    4日
    -
    記録
    10/50
    miho
    mihoの感想・レビュー
    5日
    3.6
    ワシの天下じゃよ、はっはっはー
    的なところから始まって不穏に
    なるので、ブラックコメディかなと
    思ってたけど観てるうちに
    状況がどんどん辛くなる。
    孫かわいいけどねー。
    辛い時に歌って踊る、おじいちゃんが
    ゲーナで孫がチェブラーシュカのように
    一瞬見えました。

    ギター弾きの人たちみんな渋いな。
    じゅんこ
    じゅんこの感想・レビュー
    5日
    4.8
    面白かった
    すずき
    すずきの感想・レビュー
    6日
    -
    孫がひたすら可愛い。

    嫌で嫌でたまらなかった人っていなくなってからちょっとだけ必要性がわかるけど、だからってその人がいい人間ってわけではない。
    叡福寺清子
    叡福寺清子の感想・レビュー
    6日
    3.8
    監督であるマフマルバフ氏の怨嗟と哀傷と愛国がやんわりと滲み出る作品.東欧らしき国家を舞台にしているが,中東風に描くと直接的すぎるという配慮,もしくはホントに身の危険があったのだろうか.
    で東欧ってことで思い出されるのがルーマニアのチャウシェスク政権.革命が起きたのが28年前だから当然憶えているし,報道で流される映像は衝撃的だった.そしてチャウシェスク大統領の銃殺映像は今でもユーチューブで視聴できる.本レビューを書くにあたってチャウシェスク政権をちょっと調べてみたら革命10年後「チャウシェスク政権の方がまだ良かった」と感じる国民が6割いたという事実を知った.
    作中歯止めが無くなった兵隊が新婦をレイプ,誰も助けようとすらしないシーン,あげく新婦が殺されるシーンがあったが,うんそうだね.どんなに愚かであっても要棒がない国家は即ち無政府状態であり,特に市民革命というと聞こえはいいが指導者がいない暴徒集団と何が違うの?としみじみ感じた次第.
    二人が逃亡中に出会う人々のエピソードがどれもトラウマ級で視聴が大変辛い.収容所からの帰還,売春婦,床屋,彼らの魂に憐れみあれ.
    国歌なのか行進曲なのかわからんが,橋の上で曲を聴いた孫が敬礼するシーンは心臓握りつぶされちゃうんじゃないかと思った.
    半年後国外に非難していた姉妹が政権の正当性を訴え国連に訴えてるのはまた別のお話・・・
    cola
    colaの感想・レビュー
    2017/03/18
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    独裁者視点の話は今まであまり観たことがなかったので、結構ヘビーに感じた。人の名前も舞台になる国も固有名詞は出てこなくて、余計な先入観を持たせないつくりになっている。
    >|