独裁者と小さな孫の作品情報・感想・評価

独裁者と小さな孫2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.4
「とある国」が舞台となっている。つまり世界の何処にある国なのかハッキリしない。そういう抽象的な設定だからかこの話はリアリティがない。良い意味で言えば寓話的で、つまり私たちにも当てはまり得る教訓を引き出せる話なのだけれど、悪く言えば話にあまりにも現実味がないせいでこの話から「切実な」革命の悲惨さを読み取れるかという説得力に欠けるきらいがある。そのあたりをもちろん監督も見越した上で作った映画なのだろうが、賛否が割れる作品ではあろう。マリアとの「孫」との華やかなダンスシーンやレジスタンスの悲壮さ、内戦で苦しむ難民の壮絶さも前述した「寓話的」な話であるからなのかやはり「教訓」として「独裁政権への反抗も新たなる『強権的な悪』を生み出し得る」という結論に堕してしまい、でもそう簡単に読み取っても良いものなのか考え込んでしまう。なにを読み取るか、なかなか単純そうで豊富なテーマが盛り込まれていることからこの点数に。
ただの

ただのの感想・評価

3.6
人間が嫌いだ
fujiK

fujiKの感想・評価

-
📀✒️📑
せん

せんの感想・評価

-
重たい石を体の中に投げ込まれた。

目の演技。
SAZ

SAZの感想・評価

3.7
独裁政権下の貧しさの描写がとんなでもなくうまい。爺孫関係と権力関係の揺れ、また戦争と負けること、そして責任の話。最初孫が小憎たらしくて三回くらい首絞めたくなる。あまりシーンは変わらず、流れるように撮っているようす。大統領が演技上手すぎて脱帽。見終わると「大統領!」がマイブームになる。ただ、具合の悪いときに見ると、銃声が頭に響き過ぎて具合が悪化した。
shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

2.1
うーん、独裁者は消えるべき。
題材としては、興味深かったが…。

ちょいちょい出てくるギターの弾き語りシーン🎬️は、質が高かった👍
es

esの感想・評価

4.2
遠い昔でも異世界の話でもなく、今も世界のどこかで起きている。
独裁者としての所業は国民を通して間接的に伝えられ、観客が直接見せられるのは祖父と孫の逃亡劇。
どちらかに偏った感情移入をさせず、明確な答えを与えない。よくできた作品だと思う。
Addamsnana

Addamsnanaの感想・評価

3.6
ずっとみたかったやつ😭

やっとネットフリックスに😭

どの立場から
どの人の気持ちに

つらくて経験したことない状況過ぎて、、、でもわかりやすく伝えてくれる。

メッセージ性強すぎ。
それがわかりやすくむごい

人って窮地に陥ると悟るのかな〜
あーあ、余韻もつらい。

この作品見た後に普通の日本のテレビに戻ったとき、虚無感からの恐怖感じました。

孫、大変な人生だろうなー
だけど大統領の下に生まれる程そして、要所要所に感じさせられた運の良さからたくましく育つんでしょうね。
>|