独裁者と小さな孫の作品情報・感想・評価

独裁者と小さな孫2014年製作の映画)

The President

上映日:2015年12月12日

製作国:

上映時間:105分

3.7

あらすじ

独裁政権に支配される国。ある日、クーデターが起こり、老いた独裁者は幼い孫と共に逃亡を余儀なくされる。彼は、多くの罪なき国民を政権維持のために処刑してきた冷酷な男だった。変装で素性を隠しながら、独裁者と孫は海を目指す。二人が逃亡の旅で目の当たりにする驚きの光景とは・・・。絶望が希望か。自らの過去の罪に追われる独裁者と孫の衝撃的な結末とはー。

「独裁者と小さな孫」に投稿された感想・評価

踊る猫

踊る猫の感想・評価

4.4
「とある国」が舞台となっている。つまり世界の何処にある国なのかハッキリしない。そういう抽象的な設定だからかこの話はリアリティがない。良い意味で言えば寓話的で、つまり私たちにも当てはまり得る教訓を引き出せる話なのだけれど、悪く言えば話にあまりにも現実味がないせいでこの話から「切実な」革命の悲惨さを読み取れるかという説得力に欠けるきらいがある。そのあたりをもちろん監督も見越した上で作った映画なのだろうが、賛否が割れる作品ではあろう。マリアとの「孫」との華やかなダンスシーンやレジスタンスの悲壮さ、内戦で苦しむ難民の壮絶さも前述した「寓話的」な話であるからなのかやはり「教訓」として「独裁政権への反抗も新たなる『強権的な悪』を生み出し得る」という結論に堕してしまい、でもそう簡単に読み取っても良いものなのか考え込んでしまう。なにを読み取るか、なかなか単純そうで豊富なテーマが盛り込まれていることからこの点数に。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.5
一番罪深いのは大衆?
集団になると個人が流されてしまう。
なんか怖いわ!
孫の男の子、ラストはマジ泣きだったのかと思うくらい怖かった。
mmmvie

mmmvieの感想・評価

3.5
エンドロール終盤の波音まで含めて好き
YY

YYの感想・評価

1.0
最初の街の光と、大統領家族が宮殿から出てくるところはすごく期待した。
重苦しくて飽きた。
孫かわいい。
爺さんも渋くてかっこいい顔。
MARURU

MARURUの感想・評価

3.0
面白いテーマだと思います。
国を追われる独裁者とその孫。

罪の所在。赦すこと、赦されること。

何も知らなかった少年が、残酷な現実と真実を知っていく過程に引き込まれます。

残念だったのは、落としどころが割りとストレートで、予想できた点です。
Ultraxx

Ultraxxの感想・評価

3.6
大統領。これがあなたの国です。
だぶ

だぶの感想・評価

3.0
独裁国家のジジイ、クーデター勃発で逃げろ逃げろ!with孫映画

お孫ちゃんが可愛い、ともかく可愛い
とある独裁国家が転覆したらどうなる?という話。逃げ遅れた独裁者とその孫が必死に逃げて行くが、、、。
途中も色々考えさせられるが、ラストシーンは異様に頭にこびついてる。
とある独裁国家の大統領とその孫は暴政を振るっていた。
罪無き国民を拷問し、少年を処刑し、豪遊の限りを尽くした。
そんなある日、圧政に耐えかねた国民から革命が起き、大統領と孫は権力を追われてしまう。
裏切りや憎しみの中、安住の地を目指して2人は変装を繰り返し逃亡の旅へ出る。
その道中、彼らが目にしたのは…。

大統領と孫
名前をほぼ呼ばれず、彼らは立場の名称で表現される。
まるで家族を持つ人間ではないかのように。

今まで危険に晒されたことの無い孫は
革命は自分とは関わらないもの
自分は安全圏にいる
そんな様子が節々に見られる。
彼は心の底からそう思っていたんだろう。
大統領も再び権力を手にできると信じていた。
彼らは2人とも無意識の内に傲慢だ。

この映画を観ていて
大統領と孫が愛する孫を守ろうとする只の老人に見える。
まるで被害者のようにさえ感じられる。
大統領の悪行は
民衆たちが口にしているし
憎しみを晴らそうとするシーンから
相当なものだと分かるのに。
かわいそうにさえ思わせる見せ方で
けれどその悪行があったことは紛れもない事実で
感情移入する対象が誰なのか迷ってしまった。
この人に賛同して良いのだろうかと。

自分が何をしていたのかを
自分がどう思われていたのかを
それを思い起こす場面が印象的で
もう、何もかも遅い時になって
やっと自分を振り返る姿は虚しい。

ラストシーンに彼は何を思ってたのか。
民の顔を見ることなく
下を向いていたり
目を瞑っていたり
彼が目を向けるべきものから逃げ続けたのが印象的。
>|