仁義なき戦いの作品情報・感想・評価

仁義なき戦い1973年製作の映画)

製作国:

上映時間:99分

4.0

「仁義なき戦い」に投稿された感想・評価

api

apiの感想・評価

3.8
深作監督!!!!

ラストがめちゃくちゃかっこよすぎる…
Takoage

Takoageの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

男の映画!!という感じです。

テンポが早く、残酷描写もくどくどせずあっさり見れる 俳優さんのセリフの言い回しがとてもかっこよくて名ゼリフにシビれ、酔いしれます!!

この映画で唯一(笑笑)の仁義にあつい男が男気と仁義で極道を進んでいく極道映画の名作中の名作
親の影響(ろくでもない?笑)で小さい頃、極妻だったり仁義なき戦いだったりVシネを見せてもらっていたけどアラサーになりある程度社会がわかってきてこの映画をまじまじと見ていたらすごく面白くだらけることなく見ていました。

女性は若い頃のベテラン俳優の漢の姿にうっとりするもよし、怪演する俳優の演技にビクビクしながら見るもよしだと思います笑

ラストの祭壇に拳銃撃って主人公の元親に確信のない脅し決め込むシーンはカッコ良すぎて溺れます。
ごぶ

ごぶの感想・評価

-
『仁義なき戦い』を観た。
最近女々しいんで男気をアップするために。
深作欣二監督の実録ヤクザ映画の名作ですね。
30年前の映画とは思えないシャープな編集と、弾着を始めとする凝りに凝った残虐描写がいいかんじです。
とりあえず血塗れです。
菅原文太がカッコいい。
『広島死闘編』の梶芽衣子もいいな。
あと、広島弁にこだわったセリフもいいかんじです。
名ゼリフがたくさん。
意味もなく真似したくなって困ります。
じゃけんのう。ほいじゃー。じゃないの・・・とかいろいろね。
『はだしのゲン』を読んだ時にも真似したくなりますね。
広島弁には魅力があるのかもしれません。

まとまってないけど、観るとエネルギーをもらえる映画です。
最近、名画座でシリーズ全部を通して上映してくれたんで、通いつめてスクリーンで観れたのも嬉しかったです。
KADFILM

KADFILMの感想・評価

3.9
714投稿目
丹梵

丹梵の感想・評価

4.7
勢い溢れんばかりの血気盛んな野郎どもの仁義と非情が炸裂。

最高。スピード感凄まじい。仁義ないかもしれんけど、今の日本にないパワーを感じたぞ。ウマの小便!

殺伐とした話な筈なのに飄々としていて、それがリアルなのかも…?

凄い映画的、大袈裟が面白い。パロディに使われ過ぎてもはや笑う。

影響力半端なかったんだね。まずはこれを見ろ!ってこったぁ。

とりあえず話し方がドス効かせた広島弁になっちょるばい。

文太さん最高やろ…男のロマンやないかい…忠義を尽くすってのは愚かさも含まれるけど、男なら心惹かれずにいられんじゃろう?

周りの邦衛さんとか辰夫さんとか弘樹さんとかさ、ええなぁ。山守さんも最高だった。

名台詞の宝庫で日常で使いたい。
後がないんじゃあぁ…

評価は正直こんな高い必要ないけど、やっぱり切り開いた元祖ってのと、高くなってしまったテンションがそうさせてしまう。
深作欣二の映画の衝動って好き嫌いってよりもう心が動いてしまう。

仁義なきシリーズをこれから楽しみに観ようと思う。まだ一作目や。

「弾はまだ残っとるがよう」
テーマ曲流れるたびにわろてしまう。
指詰めシーンのゆるさが良いよな
仁義のなさでいったら1作目が1番じゃないかしら。
面白え 超エンターテイメント
早く続きが見たい
さはら

さはらの感想・評価

3.7
「弾はまだ残っとるがよ」
冒頭の発砲といい指つめる時といい、文太の行動力がすごいです。
派閥抗争や動きが複雑ですが面白いです。
メインキャストがめちゃくちゃなペースで次々死んでいきます。
こときれる度にあのテーマ曲が流れます。
僕のときもそうだといいなと思います。

『県警…』と比べるとギンギンの面白さはないけどこっちはこっちで続き物として見たくなる面白さがありました。

「続き、気になるじゃないのォ」
>|