ぱなお

サーカスのぱなおのレビュー・感想・評価

サーカス(1928年製作の映画)
5.0
楽しい楽しいサーカスの裏で、切ない道化のストーリー。またしても笑いの涙がでました。赤ちゃんとのやりとり、警察に追われてカラクリ人形になるとこ、感電して壊れるとこ、ライオンの檻に閉じ込められるとこ、そして何といっても、抱腹絶倒の綱渡り!!他の有名な作品に比べて、ストーリーが簡単な分、チャップリンのパントマイムの凄さが際立つ。動物の動きも含め、何気に"これ、どうやって撮影したの?"とひたすら疑問…。ラストは幸せを見届け、ただただ切なく、放浪者はまた放浪するんだな~という少し寂しげな感じがたまらない。