GENOKEN

ザ・トライブのGENOKENのレビュー・感想・評価

ザ・トライブ(2014年製作の映画)
4.4
全編が手話で会話なし。それなのにストーリーが伝わる。長回しを多様する映像は静謐で緊張感に溢れているが声はなくても"音"は雄弁に語る。殴り合う音、激しい手話、苦痛で漏れるうめき声、重ねた肉体が軋む音。何もかも鮮烈な演出。