レジェンド 狂気の美学の作品情報・感想・評価

「レジェンド 狂気の美学」に投稿された感想・評価

とら

とらの感想・評価

4.0
トムハの一人二役が本当に別人に演じていて、全く違和感なく観れた。トムハに改めて惚れた
レジーが本当に男前すぎ。
フランシスが切なかった。
みー

みーの感想・評価

3.5
トムハーディのすごさを味わえる映画だった!
一人二役、噂に違わず凄かった^ ^

同じ人だと分かって観ているはずが、最後まで別人みたいに感じられました

暗いばかりでなく面白さもあって、割と軽く観られる
兄弟ゲンカのシーンはおもしろかったな〜
その他、過激なシーンは無かったものの口汚い罵り合いは結構ある(^^;;

脇役もなかなか豪華だったような…!
ch

chの感想・評価

3.0
タロンくん出演してたのか
らら

ららの感想・評価

3.5
イカレタイギリスギャングの双子のはなし。実話が元。トムハーディーが一人二役をする。別人かと思えるほど違いのある素晴らしい演技。イかしてる兄とイかれてる弟の切れない関係性が悲しくなったり楽しかったりする。テンポは割と良さげ。
be

beの感想・評価

4.2
だって双子のギャングとかいって好き要素しかないもの。
トム・ハーディす、すご〜。
喧嘩や殴り合いのシーン、良、良!
兄弟愛素晴らしいけど、奥さんやっぱり切ない。
トム・ハーディの一人二役が巧みすぎる!
ギャングものって残虐なイメージがあるから普段あんまり見ないけど、トム・ハーディだから見れる。画面がずっと綺麗だった…あんなぶっきらぼうなプロポーズに憧れちゃうよな。

トムハ一人二役といえど、レジーとロンでは表情も話し方も声も全く違う。
2人で殴り合いの喧嘩になるシーンでは絶妙な絡みで、これ絶対編集大変だけど楽しいんだろうな〜〜と思った!

シーンが限られてるから、セットは小規模だなと感じたけど、音楽と車と衣装が小洒落てて良い。
トム・ハーディが、知略と暴力で60年代ロンドンを支配した実在の双子のギャング、クレイ兄弟を一人二役で演じた実録犯罪ドラマ。撮影合成大変そう。弟のロンが考えなしでバカすぎてイライラ。逆に兄貴のレジーは悪人ながらなかなかの好人物。惚れちゃう。彼に惚れられちゃって人生転落していく奥さんが可愛くて、可哀想。双子の壮絶な兄弟喧嘩シーン、組んず解れつ一人でどうやって撮ってんのか見事。弟をどこまでも卑劣な男に、兄を義理に厚い男に演じ分け、自分一人で男を下げて男を上げ、自身の見え方に自分で落とし前をつけるトム・ハーディの漢気ある侠気の世界。悪くない。キングスマンシリーズの主役を爽やかに演じてたタロン・エガートンが、ロンのゲイの恋人役をやな感じに好演してて感心。出川が双子の兄弟演じてたビットコインのCMは本作がパクリ元だと思う。
防音

防音の感想・評価

3.5
記録用
>|