レジェンド 狂気の美学の作品情報・感想・評価

レジェンド 狂気の美学2015年製作の映画)

Legend

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち主で、同性愛者であることを公言し…

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち主で、同性愛者であることを公言している。一卵性双生児としてずっと一緒に生きてきたふ たりは、他人にはうかがい知れない特別な絆で結ばれていた。 ロンが傷害の罪を償って出所してきた頃、レジーは部下の妹であるフランシス(エミリー・ブラウニング)の可憐さに 心奪われ、彼女をナイトクラブでのデートに誘う。レジーが経営するそのクラブには人気歌手などのセレブリティが出 入りし、きらびやかな活気に満ちていた。組織の売上金をかすめ取った手下に鉄拳制裁をお見舞いしたレジーは、 何事もなかったかのようにフランシスにロマンティックな言葉を囁き、ふたりは恋人同士として付き合い始める。 そんなある日、サウスロンドンを縄張りとする宿敵のリチャードソン一味に挑発されたレジーとロンは、ふたりだけでパ ブに乗り込んでいく。多勢に無勢をものともせず、拳にメリケンサックを装着したレジーとハンマーを握り締めたロンは、 あっという間に敵を全員叩きのめした。さらに財務担当の参謀ペイン(デヴィッド・シューリス)の勧めで、アメリカン・マ フィアの大物マイヤー・ランスキーの使者、アンジェロ・ブルーノ(チャズ・パルミンテリ)と手を組んだレジーは、カジノ 経営と無記名債権の換金ビジネスで荒稼ぎしていく。こうして組織はロンドン全域に勢力を拡大し、レジーはギャング スターとしての栄華を極めていった。

「レジェンド 狂気の美学」に投稿された感想・評価

tento64

tento64の感想・評価

-
トム・ハーディはマッドな役がよく似合うけど、演技はほんとにうまくて見事に一人二役を演じ分けてる。ストーリーはフランシスの気持ちを考えると陰鬱な気持ちになる。
トム・ハーディが一人二役で双子ギャング。
同じ人が演じてると思えない成りきりっぷり。途中、そういえばこれどっちもトムハなんだよな…って我に帰るのを、何度か繰り返してたw

ただトムハの演技が、最大の見所となっちゃってるのは否めません。
ゴリゴリのギャングものとはハナから思ってなかったけど、ファミリー間の抗争とかほぼ無いのと、ドラッグや売春系のヤバイお仕事が一切登場しないので、随分お上品なマフィアだなぁ、と思ってしまった。
あとイギリス人紅茶好きすぎ!ボスへの貢ぎ物が、白い粉じゃなくて紅茶なんだ!?

音楽のチョイスは良かった。ちょっとやりすぎ、あざとい!ってとこもあったけど。
そんで、クラブ歌手として出演し歌を披露してるの、DUFFYやないですかー!主題歌もー!長らく目立った活動してなかったけど、復帰してたんだね。彼女の声が大好きで一時期すごい聴いてたので、これは嬉しかった〜!
(日本公開時のレビューです)
あ

あの感想・評価

3.2
普通でした
平凡
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2017/1/1鑑賞。1960年代のロンドン。双子のレジーとロンは暴力で街を支配していた。やがてレジーは結婚し、ギャング組織の仕事もセレブ用クラブの経営がメインになる。しかし、暴力こそギャングだと言うロニーがレジーに反抗し始め…という話。 トムの演技は素晴らしいの一言。正反対の兄弟を見事に演じています。ですが、ギャングの凋落を描いているので虚無的というか…奥さんのフランシスも可哀想だし陰鬱な気分になります。イギリスは紅茶を上手く淹れられないと姑にいびられるんですね… 70点。
K8

K8の感想・評価

3.5
トムハナイトにて
トムハーディ好きにはご褒美みたいな映画。トムハーディが一人二役でイギリスに実在した双子のギャングに扮するので大半はトムハーディが画面で見られます。一方は正統派トムハーディで非の打ち所がないイケメンでスマートなトムハーディ、片やメガネでマッチョ・精神疾患持ちのトムハーディ。
どっちも甲乙つけ難いですが、やはり人間痩せると人相も全然変わるんだなと改めて思える作品でした。
pecoo

pecooの感想・評価

3.8
「運命はどうにもならない」とフランシスは言う。

「飴を噛むの?」とレジーに訊くと、
「ジャリジャリが好きなんだ。待っていても手に入らない」

飴を噛み砕くように、運命を切り拓いていくかに見える。

イビサ島行きのチケットとホテルをすぐにおさえる、とレジーが言う。
フランシスは、運命に対して悲しげで微かに微笑んでいるよう。

「ブルーに生まれついて」の終盤、ライブ中のイーサン・ホークを見る、ジェーン(カメルン・イジョゴ)の表情に少し似てる気もした。
romi

romiの感想・評価

3.7
トム・ハーディかっこよすぎの一言
>|