レジェンド 狂気の美学の作品情報・感想・評価

レジェンド 狂気の美学2015年製作の映画)

Legend

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち…

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち主で、同性愛者であることを公言している。一卵性双生児としてずっと一緒に生きてきたふ たりは、他人にはうかがい知れない特別な絆で結ばれていた。 ロンが傷害の罪を償って出所してきた頃、レジーは部下の妹であるフランシス(エミリー・ブラウニング)の可憐さに 心奪われ、彼女をナイトクラブでのデートに誘う。レジーが経営するそのクラブには人気歌手などのセレブリティが出 入りし、きらびやかな活気に満ちていた。組織の売上金をかすめ取った手下に鉄拳制裁をお見舞いしたレジーは、 何事もなかったかのようにフランシスにロマンティックな言葉を囁き、ふたりは恋人同士として付き合い始める。 そんなある日、サウスロンドンを縄張りとする宿敵のリチャードソン一味に挑発されたレジーとロンは、ふたりだけでパ ブに乗り込んでいく。多勢に無勢をものともせず、拳にメリケンサックを装着したレジーとハンマーを握り締めたロンは、 あっという間に敵を全員叩きのめした。さらに財務担当の参謀ペイン(デヴィッド・シューリス)の勧めで、アメリカン・マ フィアの大物マイヤー・ランスキーの使者、アンジェロ・ブルーノ(チャズ・パルミンテリ)と手を組んだレジーは、カジノ 経営と無記名債権の換金ビジネスで荒稼ぎしていく。こうして組織はロンドン全域に勢力を拡大し、レジーはギャング スターとしての栄華を極めていった。 しかしレジーが過去に犯した罪で刑務所に収監されたことをきっかけに、組織内の不協和音が表面化する。兄が 推し進めるギャングらしからぬビジネスに不満を抱いていたロンは、同性の若い恋人テディ(タロン・エガートン)らを引 き連れ、ナイトクラブで奇行を連発。出所後、閑古鳥が鳴いている店の有様に驚いたレジーは、フランシスに対して まで暴言を吐いたロンへの怒りを爆発させる。兄弟が営業中の店内で繰り広げる凄まじい大乱闘を、組織の腹心た ちは唖然と見つめるしかなかった。その後も精神安定剤を飲まないと暴走してしまうロンは、次々と厄災を招いて兄 の足を引っ張るが、レジーはこの世でたったひとりの片割れである弟を切り捨てることができない。そんな折、フランシ スの懇願を受け入れて堅気になることを誓ったレジーは、教会で彼女との結婚式を挙げるのだった。 ところが、夫婦間の“約束”はたちまち泡のように消え失せた。ギャング稼業に舞い戻ったレジーは朝帰りを繰り返し、 寂しさが募るばかりのフランシスはクスリに依存するようになっていく。ふたりの結婚生活は、確実に破綻へと向かって いた。おまけにロンがバーで殺人をしでかし、かねてからクレイ兄弟の悪行を探っていたロンドン警視庁の刑事ニッパ ー(クリストファー・エクルストン)が本格的な捜査に乗り出す。公私共に狂い出した歯車は、もはや元には戻らなかっ た。ロンドンの裏社会に華々しい巨大帝国を築き上げたクレイ兄弟の時代の終焉は、もう目前に迫っていた......。

「レジェンド 狂気の美学」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.0
トムハがトムハと殴り合う
サントラかっこいいな。
変な喋り方が、なんか、魅力的だなと。
しまな

しまなの感想・評価

4.2
ロンが自分たちのことを「ゴリラと美形」みたいなこと言っていて納得してしまった👼🏻

スマートなレジーのカッコ良さと、ロンの精神不安定な危なさ。キャラをはっきり区別して演技されていてトム・ハーディすごい!( ˊᵕˋ )

ストーリーが分かりずらかったけど、実話だとあとから知って虚しいし切ない😥

なんだかんだでレジーはフランシスに一途だったんですかね…指輪をはめるシーンはなんとも悲しい
ひたすらトム・ハーディの演技力を味わうための映画。彼のファンではなくて、ストーリーを楽しもうと思うと肩透かしを食らうかも。

レジーからロンへの最後のセリフ、端からは理解しがたい2人の関係の核の部分がちらと見えた気がしてよい。とは言えそういう関係の人たちって結構いる気もするけど。
たろ

たろの感想・評価

3.4
2017'11'18
DVD

トムハーディしぶいい。
汰雅

汰雅の感想・評価

4.1
なーんで外国のギャングとかってかっこいいんやろーなー笑
日本の極道も仁義なき戦いとか龍が如くとかはカッコいいけど現実を知っとるけんかな?
なんか日本のはパッとせん笑

レジーはいろんな意味でいい男やったのに残念やん!
ロンはまじ怖い笑
ざわ

ざわの感想・評価

3.5
タロンがえろかわ小悪魔
R

Rの感想・評価

2.5
内容は、よくあるギャング映画かなという印象。
内容よりもトム・ハーディの一人二役が凄い。
トム・ハーディのファンなら見て損はない。

しかし私はファンではなかった。
血のつながりなあ〜
双子のギャングの物語!

怖いもの知らずな双子ギャング!
次第に二人の間が
ギクシャクしてきて・・・

てか、大事な人は、失ってから
ホントの大切な存在だったって気づくんだよね〜!

それと、
トム・ハーディが
カッコよすぎっしょ〜(^^)
>|