レジェンド 狂気の美学の作品情報・感想・評価

レジェンド 狂気の美学2015年製作の映画)

Legend

上映日:2016年06月18日

製作国:

上映時間:131分

3.5

あらすじ

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち主で、同性愛者であることを公言し…

1960年代のロンドン。イースト・エンドの下層社会からのし上がったクレイ兄弟は、泣く子も黙るギャングとしてその 悪名を轟かせていた。兄の“レジー”ことレジナルド・クレイ(トム・ハーディ)は、ハンサムで頭が切れるうえに肝っ玉の すわったタフガイだ。一方、心を病んだ弟の“ロン”ことロナルド・クレイ(トム・ハーディ:ひとり2役)は、エキセントリック かつ凶暴な性格の持ち主で、同性愛者であることを公言している。一卵性双生児としてずっと一緒に生きてきたふ たりは、他人にはうかがい知れない特別な絆で結ばれていた。 ロンが傷害の罪を償って出所してきた頃、レジーは部下の妹であるフランシス(エミリー・ブラウニング)の可憐さに 心奪われ、彼女をナイトクラブでのデートに誘う。レジーが経営するそのクラブには人気歌手などのセレブリティが出 入りし、きらびやかな活気に満ちていた。組織の売上金をかすめ取った手下に鉄拳制裁をお見舞いしたレジーは、 何事もなかったかのようにフランシスにロマンティックな言葉を囁き、ふたりは恋人同士として付き合い始める。 そんなある日、サウスロンドンを縄張りとする宿敵のリチャードソン一味に挑発されたレジーとロンは、ふたりだけでパ ブに乗り込んでいく。多勢に無勢をものともせず、拳にメリケンサックを装着したレジーとハンマーを握り締めたロンは、 あっという間に敵を全員叩きのめした。さらに財務担当の参謀ペイン(デヴィッド・シューリス)の勧めで、アメリカン・マ フィアの大物マイヤー・ランスキーの使者、アンジェロ・ブルーノ(チャズ・パルミンテリ)と手を組んだレジーは、カジノ 経営と無記名債権の換金ビジネスで荒稼ぎしていく。こうして組織はロンドン全域に勢力を拡大し、レジーはギャング スターとしての栄華を極めていった。

「レジェンド 狂気の美学」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.0
トムハがトムハと殴り合う
walkman

walkmanの感想・評価

3.3
凄まじいキャラがいるから飽きずに観れた。

シナリオは微妙。
長い、、
吉田

吉田の感想・評価

4.0
タロンがゲイ役でとてもえっち
トムハの色気が止まらない
トム・ハーディーの1人2役スゴすぎた
音楽もいいね

悪いことはするもんじゃないなぁ
タロンがいい感じに癒しポジション。
トム・ハーディの一人二役は圧巻。
なるべくしてなった双子なんだろうなぁ。これが運命。
なぜか途中でギブ
joker

jokerの感想・評価

-
トム・ハーディが素晴らしい。
み

みの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

トムハが2人いる奇跡 それだけでありがとう 口悪いのがたまらなかった
>|