青二歳

チャップリンの放浪者の青二歳のレビュー・感想・評価

チャップリンの放浪者(1916年製作の映画)
3.5
The vagabondということで流しのヴァイオリン弾きチャップリンと流浪の民ジプシーが交差する。ジプシーの描かれ方がまぁヒドイ。美女を誘拐してこき使い、誘拐の上虐待の悪どい奴ら。売れない流しのヴァイオリン弾きは彼女を果敢に助け、洗顔の習慣もない子に身だしなみを教え愛情を育む。しかしイケメンの画家と出会い彼女の心は彼でいっぱいになってしまう…
さらに彼女の出生が判明し、さてチャップリンはどうするのか…というチャップリンお得意の切ない物語。"チャップリンの失恋"に続き寅さんの原型みたいなお話。