Hawkwind

チャップリンの放浪者のHawkwindのレビュー・感想・評価

チャップリンの放浪者(1916年製作の映画)
3.0
チャップリンがヒロイン役のエドナ・パービアンスの顔をボロ布でゴシゴシ洗うという、後のドリフのコントみたいなギャグが面白い。
音楽にドタバタ、金持ちと貧乏人に美女への淡い恋愛と、この短編にチャップリンのほぼ全てが詰まっている。