特捜部Q 檻の中の女の作品情報・感想・評価

「特捜部Q 檻の中の女」に投稿された感想・評価

1が1番面白かった!!
小説読んでるみたい。え、そんなことが動機?系じゃなくてよかった。
デンマーク版「相棒」
柴猫

柴猫の感想・評価

3.7
デンマーク発のミステリー小説の映画化、シリーズ一作目。
この手のミステリーでは事件を解決に導く主人公がいかに魅力的かも重要な要素になってくる。しかしこの作品はシリーズを重ねる毎に愛着が湧いてはくるものの、正直そこまで圧倒的な魅力という程ではない。

むしろこの作品の見所は小説らしい構成。主人公目線からの捜査状況と、犯人や被害者側の視点が入り交じりながら進んでいく展開。それによって犯人側の動機や感情を伝えることにある。
しかも安易に犯人側に感情移入させるのではなく、その犯行の卑劣さによって擁護することもできないという絶妙な距離感。観ている側をなんとも言い難い複雑な感情へ揺さぶり陥れてくる。
にぼし

にぼしの感想・評価

3.3
推理パートで追いかけるのは関係者達の動向と、動機。お国柄なのか何なのか、とにかく動機を大切にしているようだ。その動機は恐ろしくも悲しい真実だった。ただし、それ以外は主人公達が知り得ないはずの事実を用いた回想シーンで補われるので少しモヤモヤする。
加圧室であることに何か意味はあるのだろうか、、と思っていたら特になかったのは残念。
あとずっと天気が悪い。
katapan310

katapan310の感想・評価

3.5
暗い…だけど良い

シリーズ通して言えることだが、犯人狂気的(汗)
sleepygoat

sleepygoatの感想・評価

3.6
北欧といえば何かと可愛らしいものが連想されがちですが、サブカル面においては結構グルーミー。いいぞ〜、もっとやれ〜。
パドゥ

パドゥの感想・評価

3.3
確かにミレニアムシリーズと同じ雰囲気。常に天気が悪そうで重々しくて、絶望的な状況に置かれるあたりも。
最後のハラハラもいい感じ。
次作のキジ殺しも見てみよう。
ただし

ただしの感想・評価

3.7
Amazonプライムで鑑賞
北欧ミステリー
Amazon観るたびにお薦めとして表示されてたけど、
タイトルの感じがB級ぽく敬遠してたけど、思いのほか良かった。
なんとなくこの設定をどこかで見た気もするけど、
濃厚な映像美と音楽で引き込まれた。
登場人物がそれほど多くないので話を見失わずに観ることできた。
序章って感じなので、このシリーズ観てみようかな
それにしても、とにかくタイトル損
>|