risako

ビューティー・インサイドのrisakoのレビュー・感想・評価

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)
4.0
寝て起きたらwho I am?!
しかも性別、国籍、年齢もバラバラ。
そんな男が恋をした。

イケメンになったり、はたまたおじさん、おばさん、子どもまで、、本人の意思とは関係なく姿を変えていく。
それが弊害となる場面が幾つも出てくるんだけど、たまにわっと笑えたり、ぼろぼろ泣けたり。

全体的に画がオシャレな雰囲気の映画だと思うし、ハンヒョジュさんっていう女優さんが素敵すぎる印象に加えて

やっぱり人は見た目か、中身かってところになってくるんだけど、

どんなにその人の紡ぐ言葉や醸し出す雰囲気が好きでも、見た目が毎日見知らぬ人になったら感情が入らないし、相手はこっちを認識してるのに彼のことは見分けられないって怖い。


見た目がころころ変わっても彼女に対して一途な想いを持ち続ける男と、見た目は変わらないけど毎日見た目が変わる彼に心がゆさぶられる彼女。

見える部分、見えない部分で変わる様子がリアリティがあって映画の見所だと思います。

突っ込めるところは何個かあるけども、
結果的にぼろぼろ泣いて、
大事な人との向き合い方を考える映画になりました。

久々の映画館はいいですね〜
2016年1本目。韓国の映画は、日本やアメリカと違うので楽しいです。

見る方はエンドロールまでしっかり。