ビューティー・インサイドの作品情報・感想・評価

ビューティー・インサイド2015年製作の映画)

뷰티 인사이드/The Beauty Inside

上映日:2016年01月22日

製作国:

上映時間:127分

4.0

あらすじ

「ビューティー・インサイド」に投稿された感想・評価

MARCH

MARCHの感想・評価

3.7
「外見と中身どっちが大事?」っていうよくある質問の究極系。

ホロリした。

ハンヒョジュ可愛いすぎた。
非現実的だけど、すごく綺麗ですごく泣けた。
毎日姿が変わる家具デザイナーのキムウジンと優秀な家具販売員イスというヒロインの韓国ロマンス映画。

毎日姿が変わる人との恋愛と、その難しさって面で”Every day” という映画とも内容はすごく似ている映画だった。

けれど違うのは主人公の作る家具の美しさと、ゆっくり時が流れる感じ、カップルですごす時間やセックスシーンのジャンプカットの一つ一つの優雅で優しく落ち着く感じがとても好き。

そしてイスの表情がいつも素敵。

韓国映画は普段あまりみないけど、ちょっと一息ゆっくり恋愛映画を見たいとかにおすすめ。
Vickey

Vickeyの感想・評価

4.3
2018.12.17
anna

annaの感想・評価

-
外見より中身!だけの問題じゃない。外見だけでなく仕草も声も話し方も変わるねんからな〜〜
miyuchan

miyuchanの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大学の韓国語の授業で視聴。

エブリデイっていう設定がそっくりな映画(どっちが先にでた映画かは確認してないけど)があるけど、エブリデイは女の子目線、こっちの作品は男の子目線だった!
男の子目線の方が共感しやすくて切なくて好きだなあ。
最後の方のイスの毎日変わってたのは私の方、的なセリフすっごく好き!
男の子の方は毎日まっすぐイスを愛してた一方でイスの気持ちは揺れていたのがこのセリフに表れてるなあっておもった。
でも普通そうだよなあ、、。まっすぐ愛せるって素敵!!
朝起きるたびに毎日違う顔になるキム・ウジンが恋をするお話。

設定がこんだけ特異だと、つい自分に置き換えて考えてしまいますが、うーん、なかなか他人には打ち明けられないでしょう。例えばですが、今日は「けいすけ」という名の男に会って、また明日も会いましょうねって言って翌日会ったら今度はその「けいすけ」が欧米女性になってる訳ですからね。しかもその欧米女性は言うんです、昨日の「けいすけ」だよ、って。あぁぁぁぁもう訳わかんなくなりますよね。でも今作はこういうお話。

設定が特異だからといっても、キム・ウジンと恋人のイスがぶつかる壁や悩みは普遍的で悪く言えばありきたりで、良く言えば誰にでも共感できます。言いたいことがあるけれど自分一人で抱え込んでしまう、周りの目が気になって、自分の気持ちに気づかなかった、などなどそこら辺の恋愛映画と同じことを描いています。これが良いか悪いかは別問題です。

主人公キム・ウジンの仕事が家具のデザイナーなのは結局なんでだったんでしょう。あれ、見落としか、それとも単に言及されていなかったから?
Jun

Junの感想・評価

4.0
11~12月
女優さんが素敵すぎて素敵すぎて
R

Rの感想・評価

4.6
記録用
>|