イチロヲ

前科おんな 殺し節のイチロヲのレビュー・感想・評価

前科おんな 殺し節(1973年製作の映画)
4.0
ヤクザへの復讐心に燃える女(池玲子)が、服役中に出会った同志(杉本美樹)と共に一世一代の賭けに出る。池玲子と杉本美樹の最後の共演作品。冒頭部の舞台は「ゴジラ対ヘドラ」のロケ地にもなった日本初のディスコ「MUGEN」ではないかと推測される。

前科もちの女性グループが「女の身体と二枚舌」を武器にしてヤクザの幹部を追い詰めていく。池玲子が喧嘩のド素人であり、杉本美樹よりも格下の段階から物語が始まるところに新鮮味がある。だが、本編では別行動が基本であり、2人が共闘することはない。この時代ならではのポスター詐欺。

ラストにおける両者の決闘シーンは、凶器攻撃したり、場外乱闘したり、完全にプロレスになっているのが最高に楽しい。映画の枠を超えた、両者のライバル関係をメタ的に示唆しているようにも感じられるが、鈴木則文いわく「2人の仲はすこぶる良かった」とのこと。

ピンキー・バイオレンス系の紋切り型に沿った内容ながら、「日陰者が目上を食っていくカタルシス」というのを猛烈に感じ取ることができる。鑑賞後の充足感は大きい。