みみずのオッサン

はじまりへの旅のみみずのオッサンのレビュー・感想・評価

はじまりへの旅(2016年製作の映画)
3.3
大好きなザ・ノンフィクションの特別版で、われら百姓家族という、兵庫の山奥で自給自足している一家のドキュメンタリーを見た。以前にも何度か見たことはあったけど、あらためて見ていたらこのファンタスティックファミリーと驚くほど重なった。

映画の方は思っていたのと全然違ってて、オープニングからちょっとがっかりした。ハードすぎる…。頼りないお父さんをたくましい子どもたちが支える物語を期待していたんだけど、お父さんの独裁悲喜こもごも(悲多め)。
学校に行かせてもらえず、友だちもつくれず、情報源はお父さんセレクトの本だけ。
百姓家族も下の女の子たちは学校に行っておらず、他に共通していたのが、お母さん脱落、頼られすぎの長男への重圧半端なし、真ん中の息子ばりばり反逆児などなど。特にどちらの長男もお父さんをすごく恐れていて、言いたいことも言えないって様子がとても切なかった。
映画の方でわたしがいちばんムカついたのが、ホームメイドの品々を小さな町の商店に卸しに行く場面。たまたま店に来ていた年頃の女の子と出くわして戸惑う長男に、お父さんは「話してきていいぞ」なんて言う。そんなこと言われたって、女の子どころか兄弟以外の人間とろくに接したこともない長男はなんか子難しい言い訳をしてごまかすんだけど、ここが最高に切なくて泣きたくなった。なんて無神経なお父さん!!

スーパーでの騒動はもう完全に犯罪で意味不明だったし、おばさんち家でのふるまいも失礼を通り越して哀れに見えた。

そんなようなことで、好きじゃないと思っていたはじまりへの旅なんだけど、百姓家族の子どもたちが立派に成長したのを見ていたら、またちょっと見方が変わるなぁと思いました。
百姓家族のお父さんは、あんなにスーパーハードスローライフにこだわっていたにもかかわらず、がんを患って亡くなってしまいました。
独りよがりなところが大きいお父さんだったけど、自分を犠牲にして、自分なりの愛を子どもたちにそそいでいたのかなぁ。
子どもたちもそんなお父さんの思いをくみつつ、自分のやり方で自分の家庭を築いていて、お父さんがんばったね!と思うのでした。

ほとんど映画の話じゃなくなってるけど。