Hiro

はじまりへの旅のHiroのレビュー・感想・評価

はじまりへの旅(2016年製作の映画)
5.0
森の中で住むキャッシュ家は文明社会と無縁な生活をしていた。そんな彼らのもとに母の訃報を受け、亡骸がある都会に子ども達は生まれて初めて出かけるのだが、何を感じるのか。

ネットであらすじを見て、森版『ルーム』かなと思いきや、全然違いました。😅
普通って何だろう、もっと世の中ダイバーシティを受け入れてくべきじゃないかな、って思わせてくれる作品でした。

言わゆる普通の家庭と違って、森の中に住み、日々直面する問題に自分で解決させ、本を読み考察を考え続ける、そんな自主性を育むような教育もありなんじゃないかなって思いました。
※スーパーで万引き強要させるのはどうかしてるけど。

今の僕達が受けているような学校の教育は本当に意味があるのか、化学調味料に溢れた食事を取って病気になるより、自給自足の健康的な食事をするべきなんじゃないか、と話が進む度に様々なテーマが投げられ、考えさせられました。

長男ボーの初めてのキスシーンにほっこりします笑