AK

はじまりへの旅のAKのレビュー・感想・評価

はじまりへの旅(2016年製作の映画)
3.7
人里離れた森で自給自足の生活をおくる家族が、死んだ母親の葬式に参加する為に都会へ出るも、あまりにも自分たちとの生活の違いやギャップに戸惑いながらも、母の遺言を叶えようとする話。

普通とはなにか?という普遍的なテーマを描いた作品で、劇中に何度も出てくる印象的な台詞「人民に力を、権力にノーを」と訴える家族の生き様を描いたロードムービー。

現代社会に染まる事なく、閉ざされた世界の中で偏った思想を貫こうとする父親はかなりトリッキーであり異様な存在。
傍から見ればそんな父親に振り回される子供たちが不便に思えてならないけど、他の世界を知らない子供たちにとっては父親こそが絶対的な存在であり人生の道標。
これをナチュラリストといえば聞こえはいいけど、ある種の宗教的な匂いすら感じる恐怖。

でも子供たちが全員学校にも通わず全てを独学で勉強し、博学で6ヵ国語を喋れて美男美女でサバイバル能力もあってアスリート並みの体力を兼ね備えているハイスペック人間とか、その時点でもうある意味勝ち組な気がするしその辺の現代人より余程たくましいよね^ ^

現代社会に生きる人間にとっては、なかなか突拍子もない話で思わず色眼鏡で見てしまいそうな家族模様だけど、ラストシーンにこの映画全てが詰まってる気がしました。
収まるところに収まってくれた感じ。

自分らしく生きる、それが任務だ。