はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.6
子供達が狩猟し、父親独自の教育方法で育てられるその景色を自然と眺めていくわけだけど、それは洗脳的ファシズムを感じるものでもあり。知性も体力も抜群ではあるが世界と隔てられ母親の死を切欠に世界へ飛び出すも"本の知識しか知らない"。信念とモラルとは。
記録 音楽と映像が良い
ら

らの感想・評価

4.0
本当にいい話でした。
普通ってなにか、当たり前ってなにかと思いました。
最後にパパについて行くのにも感動。
きちんとした行いをすれば誰かみていてくれる。
世の中にはいろんな親がいて、いろんな人がいて、その人たちと関わっていくことでいろんな価値観を勉強して人の人格はできていくと思うので、あの生活が悪いではなく、あの生活でしか学べないこともあるんだなと思いました。
2017年、見納め映画祭の一本。

思っていたよりもブラックジョークが炸裂な映画だった。「ママ、バイバ〜〜イ!」は思わず声出して笑ってしまった(笑)あれ、詰まったりしないのかな。。

家族ものロードムービーというと、まず思いつくのは『リトルミスサンシャイン』ですが、正直あの作品ほどの感動は無いまま終わってしまいました。
あれだけ一風変わった家族なら、そこに至るまでの経緯とか母親の存在をもう少し詳しく描いてほしかったなあと。イマイチ乗り切れずに終わってしまった。

ただ、ラストに家族みんなで歌い・踊るのですが、このシーンがとにかく綺麗!役者も綺麗だし、風景も美しく、民族音楽も心地よい。今後何度も思い出すであろう、美しいシーンでした。

調べてみたら、アメリカとかだと学校に通わないで自宅で教えるってことも多いそうですね。私自身、学校が嫌になってしまった時期もあるので、こういう教育を許してくれる親が羨ましくも思ったり。

自分なりに考えて答えを出しながら生きていく。人生において大事な事ですが、それは学校に行ったから身につくわけでも無いなあと。大人になったから分かるし、この映画を見て再認識しました。そんな自由さを、自分の子供にも与えてあげたいな。
レンタルしてきたが、最初の方でシカの内臓を血みどろでかじってるのをみて、
あれ?オカルトかな?と思ったんだけど画面からして、それは違う感じ。1度やめたが次の日見直し、最後まで見ました。

親のエゴで振り回されてるかわいそうな感じもしつつ、ここの家ではこれが普通なのだろう。人がどう思おうが家族愛は確かにあるのだろうけど、
小学生の息子に生理の仕組みはキチンと教えたが「童貞って何?」と小1の娘にきかれ、「僕の前に道はない僕の後ろに道はできる」って言う詩だよーと、
すっとぼけた私には、
このお父さんは、友達になれない人です
ましてや、奥さんになったらウツ病になるのもわかります。
ヴィゴが観たくて。
はる

はるの感想・評価

-
コメディではなかった。
母の死からはじまる家族の旅。
いろんなことと向き合う旅。

生きるために必要な力、
普通とは何か、
社会、人の向き合い方、
クスッと笑いながらわたしもいろいろ考えた。

風変わりだけど、
お父さんは家族をただただ守りたかったんだと思う。
りぃ

りぃの感想・評価

5.0
この顔は俺のもの
この手も俺のもの
この口も俺のものー
でもこの俺はきみのものだ

わたしの子宮を刺激する台詞…

"普通"からしたら間違っているかもしれない家族の形は最高の家族の在り方だった。
まろん

まろんの感想・評価

3.8

妻のレスリーの病気は森で生活をすると治ると思っていた……
結局レスリーは実家に戻ってしまい自殺してしまったんだ……
ずっと森で生活をしていたけれど……
夫のベンと子供達でレスリーの葬式に行き火葬にしてほしいって遺言を叶えてあげようとするんだけど……

ベンの妹家族なんかも出てくるしレスリーの両親は手強くベンから子供達を取り上げようとする……

ジャケットのベンの姿は遠目から見るとターバンを巻いてるようにも見える……コメディを予感させる予告とは全く違う展開が待っている
家族の絆な話でググって胸に来るものさえある……思っていた以上の良い映画
>|