はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.6
子供達が狩猟し、父親独自の教育方法で育てられるその景色を自然と眺めていくわけだけど、それは洗脳的ファシズムを感じるものでもあり。知性も体力も抜群ではあるが世界と隔てられ母親の死を切欠に世界へ飛び出すも"本の知識しか知らない"。信念とモラルとは。
佐々木

佐々木の感想・評価

4.0
かっこいい!妻への愛が伝わって泣けた。2017/9/23早稲田松竹。
あつし

あつしの感想・評価

3.8
確かに偏ってるかもしれんが、ここまで子供と対等に接している父親はいない。社会から隔離するのがおかしいのは間違いない。けどそこは、母と長男の件から、父親が気づき、またひとつ家族として成長していって、長男には旅をさせ、残った子らも学校に通わすっていう流れが素晴らしかった。やっぱ子供が自分自身で物事考えることって大事。そういう場を与えられてる親ってどんだけいんのかね。妹夫婦の子供みたいなんばっかよ世の中。綺麗事じゃない愛を見た気がす。そして、子役みんな素晴らしい!!
yuki

yukiの感想・評価

4.3
いままで観たなかで最も美しい弔いのシーンだった
ここに説得力を持たせて向かうためにある映画といってもいいのでは

父親のやってることが絶対的に正しいとは思えないし、常識人の義父も「敵」としては描かれないので、
家族が最後にしでかすことは犯罪でしかないのだけれど、それでも本当に美しい

子どもたちもみな超然とした雰囲気を纏っていてキャスティングもすごい
仏教徒のお母さんが土葬されることを阻止し、遺言通りに火葬して遺灰をトイレに流す、という高難易度なミッションに挑むヒッピーファミリーの物語。

鹿を生け捕りして心臓を食べる通過儀礼があったり、断崖を素手で登ったり、兄弟同士で殺し合うシミュレーションをしたり、まるでスパルタ式のの教育を受ける反面、焚き火を囲んでみんなで読書→各自楽器を持ち寄ってセッションの流れは牧歌的な雰囲気でした。

「人民に力を、権力にはノーを」が合言葉!クリスマスにキリストの生誕を祝うのではなくて、チョムスキーの生誕を祝うのだから最高な家族。
よ

よの感想・評価

4.5
んきゃー 難しいよねぇ

派手な服似合うのほんとよくない?すきー。
"人民に力を 権力にノーを"
生活とか社会とか学校とか、色々。

反対派を「意見聞くよ?よかったらこちらの考えを変えるし」っていうのがこどもの頃からできる 身に付いてるの、強いなあ。
一番つよいよね、変化?含めて全部を受け入れられるのが〜

「あらすじじゃない、考察を」とか
「"興味深い"は禁句だ」とか。
他、いろいろいってたー

環境がガビガビ変わりそうなタイミングでみれてよかったねぇ
またみます
はな

はなの感想・評価

4.1
すごー
常識を疑うことも大切だと気付かせてくれる映画。
者々

者々の感想・評価

5.0
末の妹がいちばん好きかな

ブラックジョークやら下ネタやら
てんこ盛りで愉しい愉しい。

エモーショナルなあの音楽が中々顕著に働いててとてもいい流れを紡いでた
kotone

kotoneの感想・評価

3.2
ハードル上げ過ぎた感ある
>|