はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Kino

Kinoの感想・評価

3.6
子供達が狩猟し、父親独自の教育方法で育てられるその景色を自然と眺めていくわけだけど、それは洗脳的ファシズムを感じるものでもあり。知性も体力も抜群ではあるが世界と隔てられ母親の死を切欠に世界へ飛び出すも"本の知識しか知らない"。信念とモラルとは。
ぶっとびすぎてるように感じた自分もいれば、こぞって絶賛してる友達らもたくさんいるし、丁度その感覚がこの映画の主題で、観る人を分けるのかな。

適当に流れに身を任せるよりも学べることはたくさんあるというお手本。
正直こわかったけど、ね。
nut

nutの感想・評価

4.7
どんな能力も愛情には敵わない
どんな学びも愛情ほどの実りはない
mina

minaの感想・評価

-
面白かった!ゲラゲラ笑いながら見れた。でもそれに尽きない素敵な作品。
教育に良し悪しはないと思う。
もちろんベン・キャッシュの教育方針も必ずしも最善とは言い難い。そういう脚本も良かった。
だからお父さんの「悪気のない過ち」という言葉はずーんとくる。
ヴィゴ・モーテンセンはガチで戦闘力強そうでそんな人っぽいのが凄い。
出てくる名言を分かるようになりたい
お母さんのことはあまりよくわかんなかったけど、
とにかく家族がみんなカッコイイ!
衣装も可愛い!

葬式の登場シーンかっこよすぎて笑いました。
おもしろかった○
いけ

いけの感想・評価

3.5
記録
2017/11/17
kohey

koheyの感想・評価

3.4
父の「悪気のない過ち」により、逞しく成長してきた子供達が、ふいに覚える違和感。普通(世間的に)である大切さや、貫き通す信念等を考え直すきっかけになりうる作品。根幹は家族愛。好物
こんな家族に憧れます。
Tommy17

Tommy17の感想・評価

4.1
この映画の家族が今までで1番好き。

「悪気のない過ち」って、なんて切ない言葉だろうか。
>|