はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

梅村

梅村の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

‪ ディストピアで革命が起きる話だった。主人公のパパがあまりに偏った考え方をしていて観るの疲れた。
パパがママを愛してたのはわかってるけど、パパのせいで死んだと思う。ひとつの閉鎖的なコミュニティで病んだなら、別の選択肢を用意しないと人は死ぬと思う。主題(?)は「普通ってなんなの」みたいなことらしいけど、普通だとか普通じゃないとかそういう問題じゃないでしょって思った。
やたらと知識をひけらかすシーンがあるけど、知識が他者を攻撃する以外の役に立ってない。知性の意味とは..って思っちゃった。不快だった。
最終的には革命が成功したようなのでまあ良いのかもしれないけど、終始不快でゾッとする映画だった。
やすす

やすすの感想・評価

4.5
久しぶりにこんなに綺麗な映画を見た
yyuujjii

yyuujjiiの感想・評価

4.5
2017.12.18
Ayahana

Ayahanaの感想・評価

3.6
ボウが言う「本の中でしか知らない」に納得。人は社会の中でどう生きるのかが大切だと。学校行けて良かったね。子供達が、演技含め素晴らしいのは、良かった。
momo

momoの感想・評価

3.0
ヴィゴ・モーテンセン演じる型破りな父親、ベンに終始共感できなかった。
サバイバル技術を教えたり博学を身に付けさせるだけならまだしも、子供に万引きをさせたりワインを飲ませたりしまいには怪我を負わせて放置など、行動の度が行きすぎていて私の目からはただの"非常識な人"にしか見えなかった。
ベンの父親のジャックが一番まともだった気がする。
トイレのとこ
家族の愛は変わらない。

文明社会から遠ざかり自給自足生活をしていた家族が母親の死により文明社会と触れ合い成長していくロードムービー。

何が正しいかなんてわからない、誰も決めてはいけない。それは本人達が決めること。

ヘンテコで可笑しくてたとえノームチョムスキーおじさん生誕祭を開催していてもあたたかくて愛おしい、そんな家族の新しいカタチをみせてもらった、本当に素晴らしかった。

-----じゃっかんネタバレ-----

父ベンは間違えてしまった、それでも子供達は立派に育っていたことに間違いはない。それが一番わかるセリフがある「任務! パパとママを救え!」死んでしまった母の希望であった火葬をすることと父として間違えてしまい、子供と会う資格がないと落ち込んでしまったベンの心を救うためだ。レリアンの言葉「父さんのこと嫌いなんかじゃない」という言葉で泣かされました。

「人民に力を、権力にノーを!」
Sin

Sinの感想・評価

4.4
めっちゃ良かった!
エスペラント語とかチョムスキーとかいう単語が出てきて、もう最高。知的好奇心旺盛な人は見てて少し憧れも出るのではないかな。
一家の生活は"興味深い"しね。
子供達可愛いし。
そして、ガンズ好きの俺は鳥肌が立った。
>|