はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

親分

親分の感想・評価

3.5
ジャケ画を見て たぶんコメディだと勘違いしてレンタル。
身近に こんなファミリーが現れたら たしかにコメディだろーな。

我が家は長男が小5、次男が小3で野球を始めたんだけど、そっからは毎日が野球漬け。
野球が第一優先の日々が数年続いた。
学校から帰ってきたら 真っ暗になるまで練習。
もちろん年中無休。
まわりから見れば それは異常な光景だった。
まわりから 育て方とか反対されたり 文句言われたり、
自分自身も 『ほんとに こんなんで いいのか?』と 毎日のように自問自答 葛藤してた。
けど それでも貫いた。
そこに後悔はないんだけど、それが正解だったとは思えねぇ〜んだよな。。。


つか、サバイバル大好きなオレとしては 憧れてしまうファミリーだ。
けど、我が家は サバイバルは無理だな。
オレが獲ってきた鹿や猪でさえ 食べてくれんかったもんな・・・
barabara

barabaraの感想・評価

4.0
色彩と音楽がとても好み。

このままエンドロールが来て欲しいと願ったくらい美しいラストシーン。

こーゆー育て方したい。
とても心温まる映画。
まあこ

まあこの感想・評価

4.0
セリフが素敵。
森に行きたい。
シバキ

シバキの感想・評価

3.5
見ていてどことなくギフテッドを
思い出しました。

子育てに正解なんてないし、なんなら
社会に出たら正解なんてもっとない。

自分で考えて行動しなきゃダメだし
自分の非を認められるのは人としての
器が大きいなと感じた映画でした。
Miyo

Miyoの感想・評価

4.4
僕も流されたいよトイレに
mayu

mayuの感想・評価

4.2
WOWOW

レリアン役のニコラス・ハミルトン
雰囲気がリバーに似てるなぁ
スタンド・バイ・ミーのリバーとモスキート・コーストのストーリーが浮かんだ
keiko

keikoの感想・評価

4.5
何が正しくて何が間違ってるとかじゃなく
正しいと思うことをして、間違えた時は向き合って
それでいいんじゃないかなって思えた

火葬のシーンがとってもよい

気持ちいいラスト
りんだ

りんだの感想・評価

4.0
自然の中での生活は憧れるし、
子供に嘘はつかない、物事をしっかりと考えさせる父の教育方針は良いと思う反面、
行き過ぎな部分もあって、いろいろと考えたり、学ぶことが多かった。

子供の教育、生き方に迷った時に、また見たい映画。
普通って何ですか?
教育って何ですか?
家族って何ですか?
幸せって何ですか?
信念って何ですか?
という問いに、ライトに触れて来る。
最後には、何もセリフがないのに心地よい余韻が残る名シーン。
>|