はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

世間知らずに育てられた子供達が徐々に自分達が変だと気付くシーンはなにかハッとさせられました。

自分の悪気のない教育が間違いだったと気づくお父さんにもうるっときちゃいました。でも、愛があってからこそ。

本は知識の糧になるけど、社会の勉強にはならない。家庭は親の価値観を学んでも、学校に行かなきゃ外の世界は学べない。

社会への第一歩という意味でのはじまりへの旅だと感じました。
我が道恥じずに進む感じかっこよすぎた、服のセンスが抜群カラフルでかわいい、あと猫みたいなトラみたいな帽子タイプ
YOUME

YOUMEの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

点数以上に、私にとって特別な意味を持つ映画になった。この映画についての気づきを、こっそりとひとつの記事にしてしまう程度には。

記事のなかで書いた気づきをいくつかここにも残しておく。

——

それがどんなに自分が信頼している人が求めた最適解であっても、自分自身で選び取ったのでない限り、私たちはそこに100%の満足を感じることはできないようにできているらしい。私たちにとって最も重要なのは、自分で選択したかどうか。これに尽きるのだなぁ。

そういった意味で、レリアンを筆頭とした子供たちみんなは、一度祖父の家に預けられて、その後に自ら父の生き方を選び直してから初めて、自分の人生としてその道を歩む覚悟と責任が持てたんじゃないかな。

——

ボウとベンの別れのシーン、お互いの信頼関係の強さがありありと伝わってきて思わず涙した。彼らの間にあるのは「親子愛」なんていう軟弱なものじゃあない。一人の人間と一人の人間の、強い信頼関係だ。

親子の関係は国際協力における支援国と非支援国の関係に似ている。

支援国側が被支援国側を「私たちが支援しなければ何もできない」と見てそのような態度で接すると、被支援国側は自分たちで自助自立する力を失ってしまう。大事なのは、「君には自助自立する力がある」という姿勢で接し、相手を信頼し、パートナーとして共に歩んでいくことだ。

子供を子供扱いせずに、一人の人間として扱うベン。子供たちがベンを頼りにしているのはもちろん、ベンも子供たちを頼りにしている。子供たちはベンに信頼されていると分かるから、自分の足で立とうとする。
きっと私の好きな岡本太郎と彼の両親との関係性も、このような感じだったんだろう。わたしも親になる日が来たら、子供をいつまでも子供扱いしたりせず、一人の人間として対等に接したい。
たきび

たきびの感想・評価

3.0
思想はあくまで手段
たろし

たろしの感想・評価

3.5
父の英才教育中の英才教育で
森の中でスーパーエリートに育つ子供たち
こういうの待ってましたって感じ笑

少し行き過ぎている部分があるけど、子供に確実な知識と 意見を持たせる教育方針
自分の間違いを認める強さなど
自分が父親になったらもう一度見返してみたい作品だなと思った

作中の子供達はいい子だったけど、実際にこの方針で育つ子供は 歪みまくってるだろうなあ笑
バランス、大事
TAKE

TAKEの感想・評価

3.8
支離滅裂なクレイジーではなくて、
一貫した軸のあるクレイジー。
みわ

みわの感想・評価

4.2
ラストのI Shall be releasedが最高、ほんとに最高だった、、

誰も間違ったこと言ってなくて、みんなが正しいと思う行動をとっていて、ただそれが噛み合わなくて、ウズウズした。ずっとウズウズだった。
AKALIP

AKALIPの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

何が普通で何が幸せなのか考えさせられる
森で暮らすなんて普通じゃない
学校に行かないなんて普通じゃない
この家族は普通じゃないのかもしれないけれど周りの思う普通の家庭より愛が深い素敵な家庭だと思った。

お母さんを救出!のミッションは本当にカッコよかったし、食べ物を救出するミッションは面白かった。

私が1番印象に残ったのはお母さんを火葬しながらキャンプファイヤーみたいにお母さんの好きな曲を歌いながら踊ってるシーン
最後のみんなで朝食を食べるシーンもその家族らしい素敵な新しい生活でとても良かった。

私の大好きな映画の1つになった。
CAPTAIN FANTASTIC!!!!!
良かった。グッときた。エンドロールのカバー曲最高ね◎
りさこ

りさこの感想・評価

3.7
ウェスアンダーソンが撮ったハッピーエンドの万引き家族みたいな
>|