はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

世間知らずに育てられた子供達が徐々に自分達が変だと気付くシーンはなにかハッとさせられました。

自分の悪気のない教育が間違いだったと気づくお父さんにもうるっときちゃいました。でも、愛があってからこそ。

本は知識の糧になるけど、社会の勉強にはならない。家庭は親の価値観を学んでも、学校に行かなきゃ外の世界は学べない。

社会への第一歩という意味でのはじまりへの旅だと感じました。
現代社会から離れた生活をする家族が、母親が亡くなったことを機に旅に出るロードムービー。
子供のため、妻のためと思ってた生活が果たして本当に本人のためになっていたのか?父の考えは間違っていたのか?
何が良い、悪いって決められないけど、最低でも子どもが自分で判断できるようになったら決定させるべきだとは思う。本人が選択してても他人から見れば奇異に見えたり、自由がないように見えたり。これって極端に言えば信仰宗教と同じ構造だよなー。
本気なところが面白くリズム感も良く、音楽の使い方も秀逸。そして家族のあり方を描いた心温まる映画でした。良き。
nyoloner

nyolonerの感想・評価

3.0
またしても子育てを考えさせられるお話。

理念のない子育てはダメだと思いますが、子どもは1人の独立した人間で、選択できる権利を持っているということを忘れてはいけない。いつまでも親の理念を押し付けてはいけない。
子どもの世界は広がっていって当たり前だから、親は少しずつ後ずさりしないといけない。
そして親だって間違うんだから、間違ったら認めて謝らなければならない。

ということを再認識しました。




ただ、正直好きな作品ではなかったなぁ。フランク・ランジェラ登場のあたりから、ぐぐっと面白く引き込まれるようになりましたが、前半は苦痛だった。なんだろ、わざとらしい感じがして。

あと、確かに彼らは妻の家族だけど、彼女の両親や兄弟も家族なんだよと。その人が望んだことなら他人の気持ちを踏みにじってもよい、と教えているみたいでしんどかった。



そして、パレードへようこそ、の彼がすごいマッチョでびっくりした。


あ、sweet child of mine の出だしはすごく良かった。
banahama

banahamaの感想・評価

4.1
愛は裏切らない。
クリスマスをみんなと同じように祝いたいなどという息子に父が、キリストなんかよりチョムスキー祝えやって論破するシーンは今年ナンバーワンのシーンだと確信しました。チョムチョムの本が少しでも読まれると嬉しいです。
Lil

Lilの感想・評価

3.5
アラゴルンことヴィゴ・モーテンセンがへんてこ家族の父親役。
いつだって生まれ育ったところに『ふつう』がある。じゃあその場所が人里離れた森の中なら?知識や教育、信条や信仰、倫理、死のかたち、家族のしあわせ。社会性ってなんだろう。

この場面でこの曲はずるいなー!という選曲。そしてヨンシーの歌声(スコア担当のアレックス・ソマーズはヨンシーのパートナーだとか)。
ouuouuouu

ouuouuouuの感想・評価

4.0
予告で感じたより深くて考えさせられる内容だった。どのやり方が正解か分からないけど、あの年で自分の考え方を改めて軌道修正できるのはカッコいい大人だと思う。唯一足りなかった現代社会での生活力を身につけたあの子供達は無敵じゃないか!お兄ちゃんの優しさが沁みた
みや

みやの感想・評価

4.2
家族愛の物語。
教育も生き方も信じたものが正解なんだろな。間違ってても正解。
mi

miの感想・評価

3.0
100作目!!

難しい話だったけど
考えさせられる映画だった!
ペ

ペの感想・評価

3.5
家族の形が 考えるナァと思うような よい関係性でした。

繋がり というものが強く
育つ環境というものが 顕著で

思考と 人間性
現在の型にはまった教育に対しての というよりは凝り固まっている当たり前の生活の形 生き方の形を

本当にそうであるかを
改めて見せてくれた
そう思うものでした

特典映像に出ていた
素の子役たちも良かったです
>|