はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

世間知らずに育てられた子供達が徐々に自分達が変だと気付くシーンはなにかハッとさせられました。

自分の悪気のない教育が間違いだったと気づくお父さんにもうるっときちゃいました。でも、愛があってからこそ。

本は知識の糧になるけど、社会の勉強にはならない。家庭は親の価値観を学んでも、学校に行かなきゃ外の世界は学べない。

社会への第一歩という意味でのはじまりへの旅だと感じました。
面白いけど、凄く深い映画!

人と比較され競争に晒される発展した現代社会において、それとは真逆の自然と共にする生活を送り、生きていく強さと賢さを養う子供達。

本当に必要な教育や健康的な生活習慣を身につけていて、知能、運動能力共に非常に優秀。

しかし、それらを子供達は競争過程で手に入れた物では無い。
自らの信じる者に従い、賢く幸せに生きて行く為に得たものに過ぎない。

点数をつけない教育。個人の意思を尊重し、個人の考えを大事にする。単に正解か不正解で分けるだけでなく、本当の為になる教育とはこうゆう物だと思う。

この映画の内容は普通では真似出来ないような極端な描写が多く、ぶっ飛んだ内容に見えるかも知れないが、とても学ぶべき事が多い。

実際このような教育に似ている事をしている学校もあるし、世界的に見ると当たり前に近く行われている国もある。

子供達は自分の存在意義を明確に出来る大切な事だと思うし、その点で日本の教育の在り方は少し遅れているのかも知れない。

ベンのやっている事は間違ってはいないと思う。それでも現実社会とゆう大きな壁の前に折り合いをつけないといけない事もある。
それこそ正解は無い。

それでも、私はこの6人の子供達が立派な大人になって、本当の幸福を知っている魅力的な人になるんだろうなと思えた。
感動しました。すごくすごく良かったです。

劇場で観れなくって、ずっと観たかったやつ。
ヴィゴ・モーテンセンの、知性と野生を
兼ね備えた父親像が素晴らしく、
6人の子供たちがみんな個性的で素晴らしい。
よく見つけてきたなっていう逸材たち。
子供たちが、本当に本当に素晴らしい。

毎日、7歳児と向き合っている。
(フタをしないこと。)
例えば彼の(元気さ)が重要な資質
だとしたら、その資質にフタをしないこと。
静かにしなさいと怒るのなら、
騒いでも大丈夫な場所に連れて行けばいい。
走っちゃダメと怒るのなら、
走っても大丈夫な広い場所に連れて行けばいい。
彼が言う、見て!聞いて!は
面倒くさがらず、ちゃんと付き合う。
彼の言い分は、途中で遮らず最後まで聞く。

それでも、
それが正解かどうかなんて、わからない。
正しい大人になるかなんて、わからない。
賑やか過ぎる息子を見ると、
子育ての難しさを痛感する。

どの瞬間のヴィゴ・モーテンセンは、
実に素晴らしい表情を見せてくれる。
その表情に、僕は救われた思いになる。
mizutama

mizutamaの感想・評価

4.0
あー涙が出るとは思わなかったなぁ。家族ってやっぱりいいよね。思いをぶつけ合って、そこから生まれる新しい関係、考え方…。でも変わらずある家族のスタイル。いい映画でした‼︎
かずき

かずきの感想・評価

5.0
最高の一言しかない。
ほんとに素晴らしい。
あや

あやの感想・評価

4.4
まず音楽が最高すぎ ヨンシーとバッハの音楽の荘厳さがほんとうに死ぬほどすき かといってその音楽に負けないストーリーもすき
Kaneyoshi

Kaneyoshiの感想・評価

3.9
普通って何だろう?
考え方や個性、生活や教育の在り方を考えさせられる作品でした。

家族の繋がりは素晴らしいですね。
saksak

saksakの感想・評価

3.8
よかった~ (記録)
Mahoova

Mahoovaの感想・評価

3.5
何事もバランス。
寄り道をすることなく進めば遠くまで行くことが出来るけど、それ故に脆く危うくなる危険もある。外の世界と関わり出した彼らがその後どうなって行くのか想像すると楽しみ。
>|