はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

森で生活するアラゴルンと子ども6人が、母の死をきっかけに、街へ繰り出すのだけど、コメディのような、感動もののような、どっちつかずな感じでした。でも、サバイバルは、家族の絆を強めるね。キャンプをしようと思いました。
hetehem

hetehemの感想・評価

4.5
パパすごくまっすぐで素晴らしい
優しさはつよさだなあ!
カノウ

カノウの感想・評価

4.0
この感想を語るには語彙力が足りなすぎる。
だから僕は国語教師になろうと思う。
そんなことを思わせてくれる映画です。
MatukoDX

MatukoDXの感想・評価

4.2
俺もあのくらいの年頃にサバイバルナイフ欲しかった
TO

TOの感想・評価

3.6
鑑賞記録
のり助

のり助の感想・評価

4.0
教育パパ(野良)と、パパによって磨かれた理知的で野生的な子供たち。

あらすじからわかる通り「子供の教育はどうあるべきか」みたいな話です。
やりすぎではあるんだろうけど、私は「子どもに嘘をつかない」という教育方針にはかなり賛成派なので、よかった。まあパパの場合思想押し付けすぎなんだけどね。あとはとにかく、愛だ。

TSUTAYAのDVDに「コメディ」って書いてあったけど、、、うーんコメディ、、ではない、、、気がする。いや笑えるところも多いけども。

いろんなところをしっかり押さえて、ソツなくいい感じのラスト。しっかりしています。
odey

odeyの感想・評価

3.3
普通じゃないのがおしゃれ。
パッケージの感じがウェスアンダーソンぽかったからそういうのを期待して見始めたらちょっと違った。とりあえず、毛むくじゃらでもヴィゴモーテンセンはかっこよかった。子育てって宗教に近いなぁと感じましたね。ナミビアに行くくだりは、は????って感じだったけど。妹家族との対面シーンが面白かった。
.
.
「普通とは何か」を深く考えさせてくれる映画でした。普通、常識、それに囚われて生きていたら、きっと自分の輝きは失われる。少し離れた目線で生きてみることで、何かを知ることができるかもしれない。そう考えさせてくれる映画でした。
.
.
"今日は人生最後の日だと思って生きなさい。"
.
.
何気ない毎日でも、それは人生における大切な1日であることを噛み締めながら生きていこうと思いました。
.
.
劇中歌の"Sweet Child O Mine"がとにかく心に綺麗に響くステキな曲でした。.
.
.
山で暮らすことを子供達に強いる親としての心情とかもっとやってくれた方が良かったんだが、とにかく最後家族でみんなでお母さんを弔うシーンが美しすぎる
>|