はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

こぼく

こぼくの感想・評価

2.8
プロットがイマイチ。何が結局伝えたいのか解らずじまいだった。あとは例の曲がGuns and RosesのSweet child O'mineなのはキャラ設定的に違和感があるっちゃある。

でも、協会に入ってくるシーンとか超クールだったし、画は良かった
tttotitom

tttotitomの感想・評価

3.1
アメリカの映画でたまに出てくる自宅学習という環境。なんの気になしに観ていたけど、この映画を観ると、教育制度やもし自分の子供だったら、成長過程で何を大切にするか、とか考えてみたり。

お洒落なヒッピー家族に魅せられながらも、最後もきれいにまとまっている陰に隠れて意外と考えさせる余韻があるなぁと思いました。

子供たちは多少極端ではあったけど、理解した上で自分の意見を持つことって大事だなぁと子供たちを見て肝に銘じました、、、

汚らしさや貧困さを感じない、お洒落なヒッピーファッションがとてもかわいい
hikarouch

hikarouchの感想・評価

3.7
何が良きこと、何が悪しきこと、というのが提示されないまま話が進むので、自分自身の倫理観を揺さぶられ続けた。

主人公のベンは、とにかく包み隠さず物事を正直に正確に子どもたちに伝えようとする。一方でベンの妻の弟家族のように、世の中の大人たちは小さな嘘を混ぜながら子どもたちを誤魔化し諭して過ごしている。この映画をみている自分も含めて多くの人が後者のはずで、本当にそれで良いのかとハッとさせられる。

一方で、分別の未熟な子供たちに思想教育をし過ぎたり、武器を与えたり、社会から隔離したりするのは、やはり児童虐待と言われるのも仕方ないとも思う。
子どもの意思を無視して、自分の正しいと思うことを押し付けているという点では、実は妻の父親が娘の遺志を無視した葬儀を行っている様と変わらなかったりする。

つまらない一般論だけど、どんなことも極端に振れすぎるのはよろしくない。

ベンがなぜこのような考えに至ったのかということが、この作品の中では明示的には描かれない。色々な断片から綜合して考えるに、妻の思想に影響を受け、その妻が病に倒れたことから、彼女の治癒とは直接関係がないと理解しつつも、自らの妻へのコミットメントとして、原理主義的な思想・行動に傾倒していったのかも知れない。それ以前のベンがどのような人物だったのかは、気になる。

この映画でもうひとつ思ったのは、親は子どもから学ぶということ。もっというと、子育ての経験が人間を成長させる。これは自分自身の体験としても痛いほどによくわかることだ。

子どもたちはみんな素敵だったけど、特に長男まわりのエピソードが良かった。恋をして(本当の意味で)世界を知り、自分たち家族のヤバさに気づくクダリや、最後にとる人生の選択も良かった。

#ヴィゴのイチモツシーンいらない
棚橋

棚橋の感想・評価

4.6
最高、泣いた、みるべき、
真里杏

真里杏の感想・評価

4.1
よかった、クールな家族の愛
けんざ

けんざの感想・評価

4.1
笑い多めのほっこりする話ではあったけど、いろいろ考えさせられるものがあった。
何故よその家庭の教育方針に口を出してはいけないというルールが浸透しているのか、そしてそれは虐待すれすれになっても養育権を正当化する根拠になるのか、という問いかけがある。社会常識の欠落や思想の偏りこそあれど、子供たち全員が素直で芯の通った人間に成長しているのを見ると、決して父親の教育が間違っていたわけではないんだろうなと自分は思った。
大自然の中でサバイバルスキルや教養を身につけても文明社会では机上の空論になってしまうというのが、普通とは逆パターンで何とも皮肉。
髭を剃るまで気付かなかった。なんなら剃っても気付かなかった。グリーンブックの方ですか。長男もどこかで観たことあると思ったら、「ずっとあなたを待っていた」に出てた人ですか。
森で暮らす家族っていう時点で、もう好き。都会に出てからの子どもたちの無知さで、もう大好き。あのバスいいな〜乗りたい。あの生活いいな〜してみたい。
Mho

Mhoの感想・評価

3.0
こんな風に育てられたいわけではないけど、こんな生活にはなんとなく憧れる。
>|