はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

けい

けいの感想・評価

3.7
終始、選択の自由について考えさせられる映画だった。

知識というのは環境次第でどうとでもなる。ただ、社会を学ぶ機会をどう作るかは、選択次第よなぁ。

親の選択は子供の選択と同一である必要はないもので。その選びとる難しさを描いた良作。が、なかなか評価の難しい作品。
harumijano

harumijanoの感想・評価

4.5
僕は間違ってないと思う。
umum

umumの感想・評価

-
2020.9.27 Amazon prime
知識と社交性、この二つのどちらも欠けてはいけないということ。
家族は、離れてはいけないということ。


"日々、人生最期の日と思え。"
じょん

じょんの感想・評価

3.8
アナーキズムのすゝめ
毛を剃ったあとの男たち(語弊)ハンサムすぎて泣いちゃった、、
お父さんの教育方針は賛否両論だと思うけど、子供に聞かれたことは言いづらいことでも曖昧にせずにはっきり答えてるのがとてもよかった。
しお

しおの感想・評価

2.5
社会とは離れた自然の中で得られることもあるし、社会の中で教育することで得られるものもたくさんある。バランスが大事だ。
親の教育による子供の影響力ってかなり大きいからちゃんと考えないと。

ロリータの感想をいうシーンがいい。
感想をいうときはここまで自分の言葉で深く言わないとだなぁ。
達之介

達之介の感想・評価

3.7
お父さん、髭あった方がいい。
お兄ちゃん、髪長い方がいい。
15k

15kの感想・評価

3.4
ロードムービー+ファミリードラマ的な作品。子供達の演技が上手、ただ上手過ぎてリアリティーが…
サクサク進む展開も良いですが、私的にはもう少し泥臭い方が好みかな?
けれど、子供達は可愛いかったです。
kukka

kukkaの感想・評価

3.7
これほど極端な子育て方法なのに、なぜベンは揺るがないのかと見ていて不思議だった。子どもにとって最良のものは何なのか、親は常に選択を迫られる。絶対的な答えはないことの方が多い。

ベンには信仰があるわけでもない。6人の子どもたちとベンの一家は、ベンという絶対的な指導者のもとに成り立っている。意見を述べる権利は与えられているし、子どもたちはベンによって信じがたい知識と身体能力を得ている。けれど、ベンが作った世界からは出られない。そこは小さな宗教組織のように見えた。

世界を閉じてはいけなかった。常に自分は正しいなんて、思ってはいけなかった。ただ、世間に迎合して信念を持たないことも本意ではない。子どもと対話をしていくしかないんだな…自分への戒めとして突き刺さる。

のちになぜベンが強固な意志であの閉じた世界を作っていたか、わかるのだけれど、躁鬱病の女性が6人の子どもを産み、病気を抱えながらずっと森に居続けたこと、設定上もやもやすることもある作品ではあった。

しかしベンが最後に長男に伝えたメッセージは、全面的に同意!!そして徹頭徹尾ベンがすばらしかったのは、子どもの質問に真摯に答えること。ごまかさず、面倒くさがらず。

よその家のやることにどこまで口を挟むべきかという古今東西普遍の問題含め、子育て中の自分にとっては考えさせられることの多い映画だったし、子どもたちの生き生きとした表情、北アメリカの緑深い風景は美しかった。
Hisanori

Hisanoriの感想・評価

3.5
vs人間、自然と共存して生きるとある家族に注目!

自給自足で生活してると思いきや、解放!を謳い文句にスーパーで泥棒に働く。そこには完全に社会から独立して生活できないある種の皮肉を感じることができた。チョムスキーが誕生日で出てくるシーンなんて大爆笑だったし、なんならエマニュエル・トッドも出て欲しかった。

良いなと思うけど、完全には真似はできない生活。だけど俺にも真似したいことがあった。それは「面白かった」で終わらせないことだ。娘が「interesting」と本についての感想をのべたシーンで、それは自分の意見ではないし、抽象度が高すぎると言っていたシーンがあった。確かに俺自身も難しいことに対して、簡単な形容詞を使って話に蓋をしがちである。しかしながら、自分の言葉で下手でも説明することは意思や思いを伝える上でとても重要なことであると思う。だから、同じような機会があったら押し付けがましくはなるかもしれないが、「やばい」とか「良かった」だけで終わらない感想を掘り下げる努力をしたいと思う。
>|