はじまりへの旅の作品情報・感想・評価・動画配信

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Toru

Toruの感想・評価

4.0
子供を育てるにはこうでなきゃいけないという暗黙のルールみたいのがある。特に日本には。

どんな教育が子供の為なのか。
この映画のベンの子供たちはみんな頭が良い。
なんかそれって完全に学校を否定しているようでそれはそれで違う気もする。


だけどみんなとにかく幸せそう。
結局、それが一番だな。
タコス

タコスの感想・評価

4.5
「人民に力を 権力にノーを」
母の願いを叶える旅、はじまりを探す旅としては十分に感動するが、自分はその家族のロードムービーよりも、[籠の中の乙女]と通づる、環境・状況が創り出す教育の恐怖を感じた。
----------------
任務”食べ物を救え”,チョムスキー,トイレ.
ぼみ子

ぼみ子の感想・評価

3.7
子育て・教育には正解がないのはわかってるけど、この父親にはちょっとイライラしちゃった。。極端過ぎたね。
山に住んでるとは言え、文明社会の片隅に住んでるのだから 色々問題は起こるよね。

決して私達が普通に暮らしている社会の全てが正しい訳じゃないし、多数派が正義でもない。ただ押し付けが良くない。お互いを理解する努力が必要なのだ。(哲学っぽく言ってみた)

子供達に嘘偽り無く 真正面から向き合ってるのは 素晴らしいと思った。
けど、盗みはアカンw

最後はちょっとホッとした。
Mayu

Mayuの感想・評価

-
'20 52作目

アマプラで見放題終了ギリギリだったから駆け込みで観た!開始早々自然が広がりすぎてて観る作品間違えたかと思ったわ(笑)

知性のある野生的な父と子どもたち。普通って何?って本当にそう思う。
いくら膨大な知識を得たマルチリンガルでも社会性や他者との関係を築く能力がないと上手く生きていけないんだなと改めて。

パパの教育は特殊で子どもたちはそれを望むのかとかいろいろ考えたけど、全ての行動が子どもたちと奥さんへの愛情故で感情移入して涙出た、、
観終わった後、邦題に納得しました。

正直、なかなか父親の子育てには共感できないものがありました。😅
だけど、親子の絆は海よりも深く。

おじいちゃん おばあちゃんの気持ちもすごく分かるな〜。だから、なにが正解なのか?なにが普通なのか?

”母親の願い“とポジティブな終わりに家族の明るい未来を感じた作品
てん

てんの感想・評価

-
いろんな価値観がある

決して面白くなかったわけでは無いけど
やっぱり
こういう映画はあんま得意じゃ無いのだなあ
人間性と自由とは。

初めはとても原始的な教育風景を見せられる。
高度な学問を学んでいる様子から教育としても先進的なものに感じられるが、肝心の社会性が欠落しているので、ただ物知りなだけの原始的な子に育て上げている。
家庭でこういった教育をするのは素晴らしいことだと思うが、家庭以外の環境を与えなければ社会性を学ぶことが出来ない。
長男は、いざ外に出てみると、コミュニケーションが上手く取れずに、せっかくの知識を上手く活用することが出来ていなかった。
他者と意思の疎通が出来てこその人間で、知識があるだけでは人間として上手く機能しないと感じた。
社会性こそが人間を高度な生物たらしめていると言える。
社会性を養うことで、人間性が高まると感じた。

父親も意志が強く一貫性があるように見えて、かなりの矛盾を孕んでいたと思う。
人を支配するためのものとして宗教を否定しながらも、自身が子どもに思想を押し付けているシーン。
権力に負けるなと言い、親族の前では思うがままに行動しながら、警察や医者の前では常識的に振る舞おうとするシーン。
このように矛盾が見えるシーンが多く、父親の教育だけでは世の中には通用しないことを感じさせる。

実際に、劇中でも世の中に通用しないことが徐々に露呈していった。
そこで意地を張らずに、正しく教育の方針を転換したのは愛を感じた。
そもそもが母(妻)への愛があったからこその森での生活だったので、父は愛情深い人間であると分かる。
最終的に家族のわだかまりが解消され、正しい教育が受けられるようになって良かったと思う。 
家族のわだかまりが解消されたのも、愛情故の行動だったことを子どもたちが理解していたからである。
やはり家庭は愛情を感じる環境であることが第一で、知識を付けるのはプラスアルファに過ぎないと思う。
愛情を感じることで、自身を肯定し、他者を認められるようになると思う。
自身の生き方を決められること。
他者の考えを認められること。
愛情を通して、自身と他者の自由さを感じることが家庭で必要なことだと思った。

家庭で愛情を感じ、自身や他者を認めることを学ぶ。
これが外の世界で社会性を学ぶ土台となり、人間性が高まっていくのだと思う。

それぞれの生き方や価値観を認め合えるようになりたい。
何故なら、私たちは意思の疎通が出来る人間なのだから。
KY

KYの感想・評価

3.9
期待して鑑賞。ビッグダディって嫌いなんだけど、こちらのビッグダディは素晴らしい。知性と野生を兼ね備えてこそはじめてビッグダディの称号にふさわしい。で、本作。もっとコミカルでハートウォーミングなものを期待したらちょっと違った。ただ、とてもいい映画ね。ラストがね、着地がね、ホント好き。こう言う終わり方好きですよ。映画館でじっくり鑑賞したかった。
さ

さの感想・評価

-
読書タイムに楽器を持ち寄って演奏するシーンがめちゃくちゃ好きだった
いろんな形の愛があるなあ。子どもたちみんなたくましい、、
>|