はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    一見すると教育と親のエゴについてのパーソナルな話であるが、実は異文化受容というホットな問題を扱っている。人は一つの価値観では生きられない。ならばどうするか。

    私はむしろラストシーンの先にある物語を見たいと思ってしまった。そこにこそ、我々が最も必要とする答えがあるからだ。
    思ってたよりシリアスだった。
    邦題に疑問。
    不器用だけど愛にあふれたお父さんが素敵
    子供達の為に正しいと信じていた父が自分の無力さに男泣きに泣く横顔にジーンとします。
    瞳がロード オブ ザ リングの王の時と同じで素敵。
    長男役のジョージ・マッケイは何時でも何処でも印象的、ノーブルなお顔で万能な秀才を絶妙なヘンテコさで味付けしてます。
    全身発疹のヘロヘロ状態で観に行ったのですが大自然と生肉感?に癒されました。
    想像以上に面白かった。
    では何故そんな想像だったかと言うと
    問題は邦題とポスターのデザインにある。そそられるそれではなかったからだ。
    ま、これは今に始まった事じゃないけど…
    前半父が弾くギターに長男がユニゾン、そこへ次男が違う球を投げる。家族はそれを包み込み全員での大合唱に!
    これだけでも鳥肌ものだったが、まさかそれをうまい具合に母親の葬式にもってきた!
    位牌を本当にトイレに流し(ジョークだと思ってた!)みんな笑顔で「バイバイ、ママ」って…
    共感は得にくいかもしれないけど、その家族にしか分かり得ない絆とかそんな色々を感じさせる。
    お父さんの生き方、育て方。賛否はあるだろうけど常に子ども達の目標や壁であらねばならず、それは辛く厳しい選択だったはず。
    だからこその、この家族愛ってことか?子ども達の親へのリスペクトが半端ない!
    よかったー!
    わたしもあのバスで旅に出たい!
    たくさんの本とスパルタ訓練と、自給自足で生活する家族。
    普通って何ですか?って考えさせられる。
    ベンが最後髭剃るシーンカッコよかったな。キュンときた。笑
    何気に双子姉妹の服装とかも毎回可愛かったりサージの毛皮の帽子とか可愛かった。
    白人しか出てこないのがめちゃ気になる。だからこそ、綺麗なのかもしれない。
    広大な自然や色彩豊かな衣装、子供たちの活き活きとした表情、家族思いの愛すべき父親ヴィゴ・モーテンセンの素晴らしい演技、みんなで奏でる母に捧げる音楽、そしてウイットに富んだ物語や演出どれも素晴らしい!!

    自分の考えや価値観の違う世界をどう受け止めるのか、当たり前に思っていたことを疑うこと、そして何より大切な家族の絆を再認識することなど、大切なことを教えてくれる映画でした。久しぶりに出会った生涯忘れることのない一本。