はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

rongdawu

rongdawuの感想・評価

3.7
当たり前とは何か、学びとは何か、ということをじっくりと語りかけてくれる作品。「感慨深い」「考えられさせられた」ではなく、自らの考察をきちんと伝えられる人間でありたいですね。と、同時に一歩進んで考えれば分かりそうなことでも、思考停止してしまう恐ろしさ。
食卓に並ぶものがどのような過程を経ているか、ということを理解しておくのって当たり前のようでこのご時世結構重要かもしれない。
wasico

wasicoの感想・評価

3.6
何をもって、強い人なのか
何をもって、自由なのか

希望は無くなると思った時に無くなる。次は、どこへ行こうかな。
Iris

Irisの感想・評価

3.8
新感覚。教育とは?生き方とは?愛とは?と考えさせられる映画でした。
最後は自分たちの大切にしてるものを大切にしながら、社会に順応していったのかな。
ズベ公

ズベ公の感想・評価

4.1
We can grow up even after we have become an adult.

Ben(Viggo Mortensen) and his six children lives in the Washington wilderness. They learn how to survive in nature and philosophy of Noam Chomsky, and read various kinds of books so that they have abilities on an athlete level and can speak six languages. One day, their mother, Leslie hospitalized for bipolar disorder, commits suicide. So, Ben leads his children on a road trip into life outside the wilderness.

The road trip makes Ben realize that his educational policy is wrong, and he decides to leave his children with his father-in-law. But they choose to follow and help their father to cremate their mother as she wished during her lifetime. The scene in which they see her off as singing is really impressive.

I don't know whether Ben's educational policy is right or wrong. Surely, his children are physically strong and academically intelligent compared with children of the same generation. However, how about their sociability? His 18-year-old son, Bo doesn't know how to correctly treat girls. Other children also behave themselves insolently or say rude things toward their cousins and strangers unconsciously.

In the end, children have had doubts about their father's way and wide views. Not only them but Ben also have changed his mind and switched his stubborn educational policy to flexible one. Thus, regardless of our age, we can realize and change something, additionally, we can still grow up until the end of our life.
ayk

aykの感想・評価

4.3
愛に溢れた素敵なサバイバル一家の物語。
バスが車とか楽しそう笑

家族のあり方も親とは何かも
子どもの育てかたも教育も
正解はないって事を教えてもらった気がする。
だからこそ最後のシーンはグッときた。

子どもを守るためにつく嘘はいいことなのか、
まだ小さいけど本当の事を伝えるべきか。
それぞれ考えはあるけど、
私は子どもに正直でいたいと思う。

物語の中で素敵な言葉が沢山出てきたけど
"自分の言葉で説明して"ってセリフが1番残ってる。

自分の気持ちを大切にすること
それを自分なりの言葉にすること。
不自由なく満たされた生活をしていて
現代社会に一番欠けてるところだなって思った。
「自分の言葉で説明してくれ」
便利で多くのものに満たされている現代社会で、教養を身につけて自分の頭で物事を考える力を磨くことは難しい。
大きな家に住み、好きな食べ物を食べ、ゲームし放題な子供たちの姿が、無知で頭すっからかんな自分そのものだった。
目に見える物に満たされているけれども、精神はどんどん鈍くなっていく。

子供たちのフィジカル強すぎですよ。
オープニングから何してんねん君たち。笑
食料は自給し、毎日瞑想をしてトレーニングを積み重ねる、夜には星空の下で本を読み、音楽を奏でる。
6人の子供たちと厳格なパパ。携帯もゲームもないけれど、こんな風に家族で助け合って生活することって羨ましいなと感じた。
ボゥがこれだけ秀才であるのも、この生活の中で勉強して育ったからであると思うし…

父親のベンが揺らぐ気持ちもわかるが、今まで信じてきた存在に「過ちだった」なんて言われたら、子供たちも路頭に迷ってしまうだろうに。
と、思ったが、鍛えられた彼らはそんなことでは揺らがない。笑

現代社会で、失ってしまっているものはなんなのか。自分に何が足りていないのか。どれくらい物事を自分の視点で見つめて考察しているか。
問いただしたくなるような作品。

女の子たちが天使か妖精のように可愛かった。笑
ワカメ

ワカメの感想・評価

4.3
ヒット作来た(๑•̀ㅂ•́)و✧

完全ノーマークでいきなり見て吸い込まれていった ( ˆ̑‵̮ˆ̑ )ヴィゴだったのすら知らないで見たw
見てない人オススメ!最高でしたよ!!

森でサバイバル生活をする一家が母の死 葬儀に行く為、街中へ繰り出し自分達の生活と現代社会の違いに戸惑いながらも最後は、今までの生活を残しつつ現代に馴染むまでの葛藤を描いたストーリー…
P

Pの感想・評価

4.5
破天荒なようで、細部まで高品質な
音や芝居や構成は、驚くほどに自然体。
全くノイズを感じさせない。

瑞々しい躍動感のある画が
とにかくステキだ。

好きなタイプなんだけど、
なんでかは忘れてしまったようだ。

また見たい。
ボーン

ボーンの感想・評価

3.6
【毎日を人生最後の日だと思え】

「コーラってなに?」
「毒だ」

ヒッピー一家が文明社会を旅する異色のロードムービー。
父の独特な教育のもと育った子供たちは生きる術を学び、哲学を勉強し、文明社会を知らなかった。
野性的すぎるがゆえに都会人との溝が...

テーマが予想と違い、教育や生き方を中心にストーリーを運んでいた。
自給自足で、日々肉体を鍛える生活はかっこいいと思うし憧れだったけど、
なんか違うと思った笑
極端はよくないね笑
娘さん可愛かった~
二重の比較的大きな子とジェニファーローレンスに似てる子いい!
妹にしたいです。
Chichang

Chichangの感想・評価

4.0

個性と社会性、理想と現実。
色んな視点で現代社会を見つめ直せて最後に笑顔になれる映画。

大自然の中、教育熱心のパパから知性・サバイバル力を鍛えられ自立した子供達と現代っ子のやりとりや、子どもといえど真実は包み隠さず丁寧に説明しちゃうパパの姿に思わずクスッとなる。