はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Narumi

Narumiの感想・評価

4.2
すごい良かった!

盛り上がりどころとか、
特にあるわけじゃないけど、
寂しさが心地よい

家族それぞれみんな良い(゚∀゚)

ひとことでいうと、
エモい
otone

otoneの感想・評価

3.9
色合いがとても綺麗だった。万引きのところは思わず笑ってしまった(笑)素敵な家族〜!!
アメリカの山奥で、文明と隔絶した自給自足の生活を送る一家が、母親の葬式に出るため、初めての旅に出るロードムービー。

カンヌで「ある視点」部門監督賞を受賞した作品。
父親の愛があるゆえの極端な考え方を通して、普通とは何かを考えさせられる映画でした。

葬儀に向かう珍道中が面白かったです。
バスのジョージが素敵。
末っ子が可愛い過ぎ。
チョムスキー、リスペクトし過ぎ。
なかなか意固地な親父だけど、子供に対してどんなことも正直に話すところはいい親父だなと思った。

社会に順応するか、隔絶するか。
どちらの生き方にも良いところと悪いところがあって、両方を知った上でどんな風に生きたいかを決めるのが人生かなと僕は思いました。
正解の生き方なんてないから、出来る最大限のことは後悔のない選択をする事ぐらいです。
ただ、悔いの残る結果になったとしても、それで全てが終わる訳ではないというのをこの映画では感じさせてもらえた。

“人民に力を 権力にはノーを”
“希望はないと思うと 確実に消える”
“大胆に挑戦して楽しめ 人生は一瞬だ”

最後のトイレは最高に良かった。
メッセージ性とか教訓めいた事よりも、一つの家族の絆と成長に、微笑ましくて押し付けがましくない感動が心に響く作品でした。
Queeeen

Queeeenの感想・評価

3.5
森の中に住むファミリー
自分達で仕留めた動物を食べ、
プレゼントでナイフを貰って喜ぶ子供達
そんな時お母さんの死を機に街へ向かう。
普通の生活を目にした時子供達は
自分達がおかしいと気づき出す、、

こんな家族ほんまにいるんかな
なかなか面白い物語でした
SaeKozuka

SaeKozukaの感想・評価

4.3
号泣。



この顔は俺のもの
この手は俺のもの
この口も俺のもの
でもこの俺は
君のもの
Mao

Maoの感想・評価

-
はあ、なんて優しい物語なの。
音楽がとても心地よくて、映画館で見たかったなあ。
社会から隔絶された中で暮らす変わった家族が、ある出来事をきっかけに都会へ、社会へ飛び出す話し。主人公となる父親役はロードオブザリングのアルゴラン役のヴィゴ・モーテンセン。かっこえぇ、、、髭剃ったらめちゃ若返るし、葛藤する場面もそのあとからラストまでよかったー。
t

tの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最初観てて、森の生活いいし他がこの家族に対して言うことに腹立たされたり、途中おじいちゃんに現実の考え方に戻されて、この話と一緒に考え方変わって、最後これが一番いい形だねってなって観てて気持ちよかった。ほんでみんないい子
Mi

Miの感想・評価

3.8
「普通」の生活と森での生活、どちらが正しくて間違ってる、どちらの方が幸せとかただ観ているだけの私たちにはわからない
「知ってる」けど知らないってことがいかに致命的か大人になるにつれて実感するだろうし

けど、最終的に子供達が心から笑顔でいられる方を選べたっていうのはとても大事なことだと思った

子供たちがとにかく可愛い、特にレリアン役の子がリバー・フェニックスにどことなく似てた
ひ

ひの感想・評価

4.2
頑固者でもなく変人でもなく信念があるちゃんとした父親で愛があってしっかり子どもたちにも伝わっていて超良くて泣いた
みんなで音楽奏でだすシーン、笑顔なしで見るのむりやん?兄弟っていいな
理想的な見送られ方だなと思った
この顔は俺のもの
この手は俺のもの
この口も俺のもの
でもこの俺は君のもの