はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・レビュー

    まっきー
    まっきーの感想・レビュー
    18時間
    4.3
    世俗から離れて自然とともに生きる家族。
    ありそう、実際にいそう。
    でもこの家庭は世間を疎んじて自然とともに適当に自給自足でただ暮らしているのではなくて、
    親の信念がしっかりしていて、生きるための術と、現代社会における正しい知識など、小さいころからものすごく教え込んでいる。
    不可能に近いと思われますが(そこは映画だから)素晴らしい!お父さんの教育に私は大賛成です。
    でもやはり世俗の中に混じらないといけない時には難しい事がたくさんありますね。

    子供たちも可愛くて、生き方が好ましい、家族愛の暖かい、そんな映画でした。

    ひとつ言うなら個人的な先入観かもですが、
    ヴィゴ・モーテンセンが「昔は闇の家業に生きていたが家族を持って今は自然派な生活をしている人」と言われてもおかしくないオーラが(笑)特に終盤イメチェンされてからもう、オーラ全開。
    相変わらずの悪人顔でした。大好きです。
    小川勝広
    小川勝広の感想・レビュー
    20時間
    3.6
    スラッシュとアクセルの高音を抑えて・・・
    ♪Oh, sweet child of mine
    Oh, sweet love of mine♪

    Where do we go?
    Where do we go now?
    Where do we go?
    halna
    halnaの感想・レビュー
    20時間
    4.0
    ”普通”とは違う、特別な家族の物語
    (普通って言葉はあまり好きじゃないのだけれど)
    閉鎖的な環境で育った子供たちは、豊富な知識やナイフ一本で生き抜く技術は完璧に身につけているものの様々な外の世界を知らない。ヒトとの関わり方や女の子とのお喋りに困るほど彼らには”一般的”な成長過程での経験がない。これが彼らの”普通”なのだ。故に、外の世界に出た時に馴染めず疑問が生じる。ルームを思い出した。それとリトルミスサンシャイン。

    観終わった後の”良い映画観たなあ”感
    ストーリーも面白いしキャラクターもひとりひとり愛おしくて可愛らしかった!
    十人十色!みんな特別なんだ!”良さ”なんだ!”こうじゃなきゃいけない”とか”こうあるべき”なんて言葉がなくなったらいいね!
    この手の映画はやっぱりどうしてもすきだ
    AIRI
    AIRIの感想・レビュー
    20時間
    4.2
    普通とは何か。何をもって人を変だと感じるのか。そして、社会で生きるために必要なことって本当は何なのか。
    人生の教訓を教えてもらい、自分の生き方を見つめ直す機会を頂けたような気が。世界にしっかりと目を向け、かつ自分を貫く生き方をしたいと強く感じさせられる。
    リトルミスサンシャインを彷彿とさせる家族愛溢れたハートウォーミングな映画はやはりいいですね。笑いあり涙あり。衣装も可愛くて完璧。
    おこ
    おこの感想・レビュー
    20時間
    3.7
    久しぶりなヴィゴみました。ちょっと世間ずれてるけど、主旨はもっも。子供達頭良すぎでカッコイイ。
    Aya
    Ayaの感想・レビュー
    22時間
    3.7
    みんな大好きだ!!
    原題の「キャプテン・ファンタスティック」でいいじゃん!
    ファンタスティックでしたよ〜。
    ヴィゴ兄貴好演じゃん!

    あの長男見たことあると思ったら「サンシャイン〜歌声が響く街〜」のアイツか!
    素晴らしい成長譚じゃないですか。
    てか頭良すぎでしょw
    彼のラストシーン上がるー!上に涙でボロボロでした。

    なんかあのお母さんの葬式のシーンで話すヴィゴ兄貴がリアルな姿と重なって、ちょっと、気持ち悪かった(笑)
    いや大好きですよ。
    ヒゲ面でもノンヒゲでも。
    サービスかと思います。

    あの森の暮らしのバランスがなんとも言えん。
    ちゃんと森を買ってるとか抜かりなし!

    野性的に狩りをしたかと思えば帰るのはちゃんとした家で水も水道から出る上ロッククライミングの道具もちゃんとあるとか。
    訓練と称して身体を鍛える毎日。
    ちゃんと定期的に街に出ている。

    そんなヘンテコ家族がお母さんに会いたい!と旅に出た!
    このシーンも上がりますよねー!
    闘わずして負けを認めるな!それが無謀な挑戦だとしても!

    寄り道する妹の気持ちもわかる(安定のキャスリーン・ハーン)そしておじいちゃんとおばあちゃんもちゃんといい人達じゃないか!!

    頭ごなしにヴィゴ兄貴を否定して子供達を奪うわけではなく、娘を亡くして傷つき、高校こういう理由で相手の男のせいだと思ってる。
    そんな男が可愛い孫まで野生で育ててるなんて・・・普通になんとかしなきゃ!って思うよね。
    しかもかなりの金持ちで顔も広そう。
    「幸せ」の価値観は人それぞれですが、私はこのおじいちゃんおばあちゃんに引き取られたら幸せになれそう、と思った(笑)

    反抗期のレリアンも以前からあった反発心からおじいちゃんおばあちゃんを頼る。
    あのシーンの父VSおかんの父構図よかった。
    ギリギリを「狙ったんだ」って、いっぱい食わされましたね。

    そんなレリアン救出作戦の思いもよらない展開。
    もちろん原因はファンタスティックの方にあるんでしょう。
    でも助かったことの理由もまたファンタスティックのせい(T_T)

    本人もそう思い、失意のどん底。1人淋しく帰ろうとしたら・・・号泣メーン!!
    彼ら兄弟の「幸せ」はどこにあるのか?見てください。

    そしてその後みんながどうなったか。
    バランスをとった、というところでしょうか?でも以前と同じように食卓を囲む姿で終わるのが非常に丁寧だと思った。
    tosiki1502
    tosiki1502の感想・レビュー
    1日
    3.8
    風刺の効いたイカした映画だった。イカしたと言うのは、説教くさくなくて笑えるから。きっともっと笑える創りも出来るだろうけど、あえて本題を貫いたからなのだろう。悲しいシーンで笑えて、泣けるシーンで笑える。まさにコメディの王道たが、風刺がベースにあるから、本筋を優先したのだろうか…
    今年見た映画で一番、心を揺さぶられた映画だった。
    でも、もっと笑えるシーンは絶対に作れたのにもったいたいと思う。
    iori
    ioriの感想・レビュー
    1日
    3.8
    ラブ&ピース
    もっとたくさん知らなければならないことがあることに気付かせてくれる。
    たた
    たたの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    音楽と光が印象的で子供達みんな可愛かった〜

    長男を出産してすぐに発症したにも関わらず、次々子ども産んで、主義をエスカレートさせてったのは両親のエゴだし、根底には社会批判があるって思うとやっぱり彼らはただのヒッピーとしか思えないんだよなぁ
    ただ、ラストシーンの穏やかな時間が、ただひたすらに暖かくて。あの時間を守りたかっただけなんだと思えたので満足。
    最後スティーブを鶏小屋にしてたのは、狩猟を捨てたってことなのかな、街へ戻ることを辞めたってことなのかな。
    ごもる
    ごもるの感想・レビュー
    1日
    4.0
    物語:0.8
    演技:0.8
    音楽:0.8
    映像:0.8
    美術:0.8