はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

Haru

Haruの感想・評価

3.5
前半は退屈そうな映画かと思った。
中盤は葛藤。
後半は子供たちの活躍や父親の成長もあり丸く収まって幸せの形の1つでホッコリした。
J

Jの感想・評価

3.8
多分、きっと、恐らく、なんにも大丈夫じゃないだろうけどなんか大丈夫に見えてくるのめちゃくちゃ面白い。

育てるのにも色々選択肢があるんだなぁ🤔


邦題とジャケ写がなんかよくわかんなかったけどとにかくいい映画だった。
人民に力を 権利にノーを

う〜ん、子供にとっての幸せだったり、独裁者にも見える父親と複雑な感情が入り混じった物でしたけど、ストーリーは背景もしっかり描かれており、入って行けました!

服飾などもマッチしたイカした作品だなって埋葬シーンのカットでしみじみ!
のら

のらの感想・評価

2.0
こういう自分の趣味や都合で振り回す親大嫌い〜
偉そうに説教説く割に子供使って万引きしたり他人ちのご飯ばくばく食べてたり、人と関わらない生活してる割に人様に世話になって生きてるあたりも情けない…
ってなんかずっと胸糞だったw
ヴィゴこういう役ぴったりというか上手すぎた
ラストも出来すぎてなんか違和感…
mktknk

mktknkの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は良かったが、後半のブラックコメディ的な展開(アメリカ映画でよくある死体運搬ドタバタ喜劇)が許容できない。
muu

muuの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

最初の方は、見ていてなんだかイライラしてしまったなぁ。
当たり前とか、普通じゃないから変だとか、そういうことって思いたくないのに、思ってしまってる自分を意識してしまって嫌だったからなのか。
社会から離れて自給自足して、でも本はたくさん読んで知識もたくさんあって、、
父親は自分の考えを、一番いいと思うやり方を、子どもたちに与えていると言いながら縛ってるように思えて、反発する気持ちがイライラさせたのだと思う。

でも最後まで見たら、なんだか良かった。
最後の方のみんなで歌うシーン、とても良かった。
あと何よりも、子どもたちがすごく可愛かった。
サバイバル好きなオヤジが子供と山にこもり時給自足する。自己流の修行により虐待し子供たちをしばき上げる。動物を虐殺させ、スーパーでは、ゲスい手口で食料品を大量に万引きさせる。

親戚縁者に非難され、追い詰められると、ヤケクソで墓荒らしや死体を燃やして、飲めや歌えやのドンチャン騒ぎに興じる。

異常な家族を描いた問題作。子供達の頭脳や身体能力の高さは認めるけど、将来にわたって幸せな人生が送れるかは疑問。

結局のところオヤジは、反権力を主張するが、家族の中では権力をほしいままにし、警察とかには超弱い自己チュー野郎と見たーっ!ケッ、カーッ、ペッ!
現代版アドベンチャーファミリーオモロかった!熊に襲われたりはしないよ🐻
菜月

菜月の感想・評価

3.3
父親のやり方に最初からあまりにも納得いかなかったのであまり感情移入することが出来ませんでした。


ラストシーンはすごく好きでした。
まお

まおの感想・評価

-
自分が想像してた内容と違ったけど
なかなか考えさせられる映画
普通とか常識ってなんなんだろう