はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

お葬式にみんなでバスで向かう場面の最初で、「勝てない戦いもある。強者が弱者を支配する。それがこの世の中。不当で不公平だ。sometimes just unfair
でも残念だが従うしかない。黙って受け入れろ、、。」と父が子供達に言い聞かす。
でも、一呼吸おいて振り向き言った言葉「shut up! 」くそくらえ!
戦闘開始だ!!
と亡き妻の遺言を果たすため、痛快なセリフからの戦いのスタート!スカッとした。
妻は双極性障害という事だった。あまりにも辛く悲しい酷な現実。
みんな何とかしてあげたかったけど、どうにもできなかった無力感。でも、最期の願いを叶えるため戦う。
戦う。
理不尽さよ。シャラップ!!
人里離れて山奥に居を構え、
世間から距離を置き、
子供たちに沢山の本を与え、ナイフを与え、
訓練、考察の繰り返し。
常に自分の力で生きることを学ぶ生活。
何故、彼らは一種異様とも取れる暮らしを
余儀なくされたかは別として
ある意味、現代の資本主義に
警鐘を鳴らしているともとれる。

こんな生活を送っても、
ママは沢山の子供たちを残して逝ってしまった。
人間は弱い生き物。

都会で暮らす親戚側は、まるで恥ずかしい暮らしをしているような気にさせられるが、ベンの妹だって、子供たちを守っていることには違いない。

信じる力は強いが、子供は正直に成長する。

みんな愛してる。
愛してることには違いないんだ。
どんな形であっても。

これで良いと言うことは何処にもない。

長男がまたイイ顔してんだ。

ママを送る曲が、
Sweet Child o' Mine
だなんて、なんてイカしてるの!
kam

kamの感想・評価

3.9
現代社会の価値観、資本主義に流され続ける人々に疑問を投げかけ、家族とはなんぞやを考えさせられる作品。それでいて重すぎず、笑えるところもあるいい映画。

山の中で自給自足で生きる父子家族、母の死を知り街に出て色々なものに触れ、山での生活で育んだ価値観が揺らぐ。

極端に社会から断絶された山の中で生活とアメリカ特有のキリスト教をはじめとする社会。両極端だからこそ、比較できる。

おじいちゃんが決して悪いわけではないと思う。それは個人の価値観だから。押し付けるところだけが最悪。

ラストシーンがよい。社会を理解し、自分なりに解釈し、自分の考え方を持った上で、社会を受け入れ生きていく...そういう生き方が何より必要。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

4.0
Sweet Child O' Mineで+0.5

森で暮らす家族が、母親の葬儀に出るため文明社会へ。
"人民に力を" "権力にノーを"
長男と女の子のシーンは最高。
正しい教育とはなんぞや
と考えさせられる
なかなかに深い作品

家族の形は様々やけど
幸せなら良いのかなとも思う

長男のピュアな恋心シーンが秀逸。
こういう家族の形もいいなぁ。
理解できるけど、変人なんだろうなぁ
ntm

ntmの感想・評価

2.7
確かに勉強だけするなら学校なんて必要ないかも
実際ほとんど学校で勉強してないし!塾とか親とかがいれば勉強なんてできる!

けど、人との触れ合いとか気持ちの読み方とか色々なことを学ばせて貰ってたんだな~

お父さんの愛は偏っていたし、間違っていたかも知れないけど、
娘が途中で考察した小説と一緒だよね。
USK

USKの感想・評価

4.8
「普通って何ですか?」この問いに真剣に向き合った映画。ロードムービーとしての魅力は勿論の事、社会からかけ離れた生活を送る家族と現代社会で生活を送る家族の交流を通して様々な問題が浮き彫りになる等社会派な一面もあり非常に見応えがあった。

子供達がそれぞれ愛読している本が性格を暗示していたり、オリジナルサウンドトラック等、細かい点まで拘りを感じさせ飽きさせる事なく鑑賞できる。

物凄く美しい映画です。
2csqt3aa

2csqt3aaの感想・評価

4.0
社会の中で生きていく意味ってなんだろうって考えさせられた。学校へ行くことの方が大事?社会に出ることは必要?
本の中のことしか学べない、たしかにそうだ。社会にでて、人と関わる中で学ぶことがたくさんあって、そうすることで人としての人間性が深まるというか。
観終わった後も色々と考えてしまう映画👏

次男との和解のシーンは泣ける。