はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

NT

NTの感想・評価

4.6
まず、ヒッピー文化が好きな僕にとって、森の映像や、100%オリジナルな人生を送る彼等家族がすんなりと美しく思えた。

子どもたち全員が知識と勇気と生き抜く力をつけている半面、それ以外の 惰性 や 本で学べる以外の経験 を何も知らない。

人との関わり方、食料に辿り着く手段、葬式について。
全て"だれかが作った一般常識"には外れていたが、確かな愛で包まれた行為だった。


何が本当なのかわからなくなる現代で
この映画は、心をフラットに戻すキッカケになるかと。


この生き方は間違っているのかも。
失敗だったかも。誰かを不幸にしたかも。
と1人涙しながら、臆病になりながら
生きていくのが一番美しい人生かもしれない。

誰かの為に生きている
本当は臆病なダディにハグしたくなる映画だった。
PI

PIの感想・評価

3.8
冒頭のワイルドなシーンに、ん?
何?ってなったけど、全編パパの深い愛に包まれた優しいお話でした。
このお父さん何者?
あれだけの能力を子供達に与えられるなんて!
でも、反発していたとしても、社会で生きていく術を教えるのも親の義務。どちらを選ぶかは子供の意思。
本当は気付いてたんだ!って分かってもらえてめでたし、めでたし!
なんとなくホッコリする映画でした。
この手のタイプは、おもしろいとかおもしろくないとかじゃないよね〜。観てよかったか、よくなかったかって気がする。

結論、観てよかった!

独自の理想を追い求め、世間とは別の場所で生きてきた家族が、ふとした家族の死に直面することにより、信念が揺らいでしまう。
良いも悪いもあっての社会生活なのよ!

あえて言うなら、
けっこう撮り方、演技がリアルな感じだから、ユーモアとかクレイジーなところとかもなんとなく笑いづらい(笑)
A

Aの感想・評価

3.9
常軌を逸したパパに山奥で育てられた子供たちは、サバイバル能力、アスリート並みの身体能力、トップレベルの学力、論理的思考力を持ち、数ヵ国語を操り、音楽にも造詣が深い完璧人間。ただ、一般的なコミュニケーション能力が皆無で社会性に欠く。つまりは僕に、サバイバル能力、アスリート並みの身体能力、トップレベルの学力、論理的思考力と数ヵ国語を操る能力と音楽の造詣が備わった状態と変わらない訳で、非常に羨ましい。
社会に対する批判を散りばめ予想よりもシリアスではあったが、家族愛を根幹としているので見やすい。楽しめた。
ども

どもの感想・評価

3.8
なにが良いとかわからないけど、なにが正解とかわからないけど、それでいいし、子供でも個人だし、でも家族っていいし、家族にも個性がある。
とても面白かった。
kensteady

kensteadyの感想・評価

4.5
今年観た中で一番良かった!

こういう映画にありがちなナチュラリズム礼賛ではなく、価値観の再考という切り口がとても良かったし、それも説教臭くないように音楽や衣装そしてユーモアでポップな感じにしているのがバランス良く完成度の高さに繋がっていたのではないかと思う。

また、子供達もみんな愛嬌があって可愛くて頭も良くて魅力的だったのも良かった。

そして、リベラリズムを標榜する家族にもかかわらず、父親が父権主義を振りかざしている点で彼らの生活スタイルに矛盾を感じる人もいるかもしれないが、実はそれをある意味現代社会への皮肉として描いているのではないかと思った。
日傘

日傘の感想・評価

3.5
個人的に孤独を感じる系の映画で、けっこう見るのが辛かった。排他されるシーンがあるとつらい。子供たちは信じられんくらいかわいい。あたたかい映画。俗世から離れてるわりにおしゃれすぎ。
父親が森にいた理由を、妻の病気にいいと思って、とか言ってたのがなんか納得いかなかった。理由を他者に依存しないでほしかった。
だーま

だーまの感想・評価

4.0

TSUTAYAの新作映画特集第三弾。

彼らには全く共感できない。
筋を通すくせに万引きを
正当化する行動には甚だ疑問。

たとえそれが資本経済への批判だとしても。

膨大な知識や考察があるのに
協調性の欠如が著しい。
善悪の判断も無いに等しい。

結局彼らも自分達の正しさを
押し付けているのである。

彼らっていうか主に父親だけど。

一歩外を出れば恋を知らない。
ロッククライムの要領で屋根から転落。

なんだ、結局何も出来ないじゃん、
ってのが、また皮肉。

現代文明には逆らえないという事を
大いに知らせてくれる作品。

ところで、勝手に死体を燃やすって
犯罪になると思うんだけど良いの?

生活レベルは上がったが、
多分学習はしてないと見た。
きょ

きょの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

アラゴルンだったのかー!

…良い映画ってたくさんあるなと思います。ちょっと考えさせる要素があるこゆ映画は好みです。

楽しかったなあ、こどもたち可愛い

これからみんな素敵な大人になると思った
空

空の感想・評価

3.5
森で子供たちに狩りや戦闘含めるありとあらゆる教育をしながら生きる家族の話

子供の疑問に的確に正確に難しい言葉とわかりやすい言葉で説明し理解したかどうかを話させて理解度をみる父親は立派だと思うが、やはりどこか独善的

母親が自殺したことで遺言と違う葬儀をされることになりそうでみんなで旅に出る

父の言動も間違っていればきちんと変更していくあたりかなり立派な父だと思う。人は信じるものを筋に生きていく。しかしそれがすべて世の中に通ずるものではない。そんな壁を感じつつ小さな子供たちがとにかくかわいい

人ってこんな風に生きられたらどんなにいいかと思うけどどこかで必ず世の中とのバランスをとっていかねばいけないのだよなぁ

なんか色々考えちゃう映画だった