はじまりへの旅の作品情報・感想・評価

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

ツブ

ツブの感想・評価

4.8
スティーブ、チョムスキー、I know
1k

1kの感想・評価

4.0
衣装のかわいさと音楽、風景がたまらなかった

サリンジャー的な臭いが好きだなあ
ReiYoshida

ReiYoshidaの感想・評価

3.7
長男くん、どっかで見たことあるなーと思ったら「パレードへようこそ」の子か。

原題が、CAPTAIN FANTASTICK。まじでファンタスティックな父ちゃんだった!
MIZUHO

MIZUHOの感想・評価

4.8
親の子どもへの愛情ってすごい
親にならないと絶対に理解できない気持ちはやく知りたい
はやく自分の子供育ててみたいなあ
人間の生き方ってほんと人それぞれ。なにが正解かなんて全然分からないし、それが家族であっても価値観の違いを受け入れるのはとても大変。でも他人を通さないと見えてこない事もあるんだよね。子供に教えて、教えられ。家族ってのは時に重いけど、サイコーで最強だ。
なんだか生きるのが楽しくなった。死ぬまでもがいて、たくさんの事を吸収しよう。
「Captain Fantastic」って原題、とても良いなぁ。
kou

kouの感想・評価

4.0
《普通ではないが、それこそが個性》
監督マット・ロス、主演ヴィゴ・モーテンセン。社会と距離を取り、森のなかで暮らす父親ベンと6人の子供達。彼らは父親の訓練と教育で高い身体能力と知識を持っている。ある時、妻の訃報を聞き、彼らは妻の葬儀へ出るためニューメキシコまでの旅へ出る。

10年間の森での生活のため、社会から閉ざされていた生活から、再び社会と関わらざるを得なくなる。子供たちはそこで外の社会の様々なことを、初めて見聞きするのだ。今作では彼らが普通だと思っていた世界から、いざ外へ出てみると普通ではないことに気づく。彼らの日々は生命の尊さを知り、自分で生きるすべを知り、そして自ら学ぶことをしているとても素晴らしい教育法であるのだが、外へ出てみると普通じゃない。その辺のティーンエージャーは学校へ嫌々行き、テレビゲームをして、コーラを飲み、そして異性との恋をする。今まで生きてきた状況と、世間の普通の不一致は混乱を生む。

もちろん、彼らの生活はとても理にかなっていて、生きていくのにそれ以上ない生活なのだが、限定されたコミュニティでは得られないものもある。外の社会に出て混乱する子供たちを見て、父親ベンは自分が行ってきたことは正しかったのか自問する。

普通ではない事はとても勇気がいることだ。子供たちはいつしか自分の環境が普通でないことに外に出ることで気づく。ただそこで、彼らは選択することができるのだ。自分の選んだ先、それはとても強い個性になる。終盤、そんな個性を表現するように、意外なある曲を家族で歌うのだが、とても感動的で、素晴らしかった。さわやかな感動に涙が出てしまった。家族と愛についての映画で、とても面白い作品だった。
素晴らしい。素晴らしい!
正に原題の通り
キャプテンファンタスティック!!

ロードムービー×家族愛
自分にはどハマりの映画でした。

親は子に気付かされることもたくさんあって、でも気付ける親は子供と対等に話をして向き合っている証拠。
素晴らしい家族愛に心が癒されました。

鑑賞後、心地良い余韻に浸りました。
Misa

Misaの感想・評価

3.2
だれにもジャッジできない正解もある。間違いもある。
 こういう映画を観るために見知らぬ監督、役者でもチェックしているわけだよ。と思わせてくれる映画だった。ヴェスパーことアナリア・バッソが美しい。家族みんなのキャラが立ってて飽きない面白さがずっと続いていた。