はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 216ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

nobuki2298

nobuki2298の感想・評価

3.5
観る前はもっとコメディチックで、成長を描くものかと思ったけど、とてもシリアスでした。
色々言いたいことあるけど、俺はこういう生活をしたいんだよね。
ヒッピーとかじゃなくてね。
"希望はないと思うと確実になくなる
自由への衝動と物事を変えるチャンスを感じたら
世界をよくできるかもしれない"

次男がこう引用するところが好き。
ノームチョムスキーの生誕祭をやっちゃうなんてクレイジー!

完璧ってなんだろう。自然の中でサバイバルできるのと、世の中でサバイバルできるのと、どっちが良い教育なのだろう。家族を愛することと、自分のやりたいことを貫くこと、どっちが良いのだろう。

真剣にクレイジー。知的にユーモア。自分の言葉で伝えること。
局長

局長の感想・評価

3.7
面白いというより良い話!
最初は自給自足して生きてる家族が都会に出て意外な行動をするのかな?と思ってたら家族としての話で心が温まる話でした。
子供達可愛いし、この家族愛が独特で見ててほっこりする。キスした子にプロポーズしたりするところやスーパーの食べ物救出作戦は良かったな~
ラストも良くて家族って素敵だと改めて考えさせられました。
ジョセ

ジョセの感想・評価

3.6

とにかく映像美と音楽の素晴らしさ
ヴィゴモーテンだし、北欧の映画かと思いきやアメリカ映画らしい
話としてはそんなに好きではなかったけどほっこりするタイプの映画
少し宗教ちっくなリトルミスサンシャインって感じだった
子供がみんな可愛かった
海外は両親や子供への愛がオープンでいいなと常々感じる
レンタルで観たけど、これは絶対買おうと思った。それくらい好きな作品。

何が幸せかは他人が決めることじゃない。たとえ親子でも。
世間の普通から離れてしまって息子はつらい思いもしてたけど、それでも私はこういう生活羨ましいなあと思った。
人里離れたところで暮らすのが憧れなので、日常のシーンは楽しく観れた。


ヴィゴさんは多分、観るのはロードオブザリング以来なんだけど、あんまり変わってないというか、むしろかっこよくなってた!
アラゴルン大好きだったなあ…

このレビューはネタバレを含みます

冒頭、Sigur RosのgobbledigookのPVがなぜかフラッシュバック。
この家族には生きてくための知恵と音楽と愛があり、富はないが、十分すぎる幸せを感じた。
普通ってなに?家族愛をテーマに教育や社会との関わりをシリアスとユーモアで描いてる。
親が子供に教えられる事っていつかは終わりがくるし終わりが来るってことは子供が成長し大人になるってことそして本でしか関わらなかった「社会」と「世界」に子供たちが旅立つ時って親はとてつもなく不安で心配で怖いんだろうなでも同時に大人になっていく子供達は親にとっては寂しくとも最高に誇らしいだろうな。
主人公の家族を演じてる子供達がとにかく素晴らしい演技をしていて主演のヴィゴ・モーテンセンに引きをとらない存在感で本当に素晴らしかった!
主演のヴィゴの演技もとっても良くて全裸シーンもしっかりとあるし不器用な父親を素晴らしい演技を見せてくれる
ストーリーはゆったりと進むのでちょっと退屈と感じるかもしれないが映像が美しく音楽も良いしユーモアもあって飽きさせないようにしっかり作られているし最後はしっかりと感動させられるロードムービーが好きな人なら観て損はないと思う。
大切な人達と何気ない一日を送れてる事を大切にしようと感じた素敵な映画でした
キネカ大森の度重なる放映前ご注意映像のおかげで、コメディかと思ってたが、どちらかというと笑えないよ!スリラーだよ!
いい子達たくさん揃えたよねー。野辺送りの歌が最高によい。
boohjpn

boohjpnの感想・評価

4.8
うちの父さんに似てて、育てられ方も似てて、(ここまでじゃないけど)
小学校時代の友だちに、絶対観てって言われて、観た
家族っていいよね
考え方の違いをお互いが受け入れられれば良いのに、ベンも祖父も譲らない。結局、どんな生き方を選んでも何でも良いのだ。クライマックス、こうなるとわかっちゃいるけど、これでいいんです。