はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 240ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

歌代

歌代の感想・評価

3.7
教育というものに正解というものは本当は見つかってない。
思想の押し付けや不十分な根拠や、あとにつづく子供達のことを考えるとどんどん間違いなんじゃないかって思う。
教える人間の器量や知識が必要だし。

この父親の教育は正しかったのか間違ってたのかは決めがたい。
しかし、頑固な気持ちを変える大きな出来事に出会い、子供の気持ちを知り、父親自身も学ぶことによってこの家族は成長していく。
縛られないための教育に子供たちを縛らないということを加え、そしていままで築いてきた家族の絆をより深め、家族ははじまりを迎える。

いい映画でした。
sumire

sumireの感想・評価

4.1
普通って何?

普通って言われるの嫌いなんだけど、この映画見てたら、私って普通のつまんない人だなと思った。学校に子供を通わせない父親にイラっとしたし、目を爛々と輝かせて動物を狩り、万引きする、父からの「任務」を遂行する子供達が怖いとさえ思った。
それが悪い訳でもなく、実社会が悪いわけでもなくで描かれていて、なんかいいんです。説明うまく出来ず。
普通でも、普通じゃなくても良いよ、みたいな。

ただただ、終わる頃にはこの家族が大好きになってるんです。
レリアンが、自分たちの生活と、外への生活へのジレンマを感じているシーンに涙。
自分が信じている道に正解も不正解もない。
行動を起こすのだ。
ケイ

ケイの感想・評価

2.5
現代社会を真っ向から否定する様な暮らし方は現代人から見たら憧れる部分がある。ホームスクールを取り入れたり、子供たちにかなり難しい内容の本を読ませたりしてお父さんがとても尊敬できる人だと思った。邦題通りの「はじまりへの旅」がラストからはじまると思うと続きも見てみたいと思った。
Hikaru

Hikaruの感想・評価

5.0
続・夕陽のガンマンならぬ続・リトル・ミス・サンシャイン。
感想を書き忘れてました。

何百回でも言うが本当にオープニングは重要!!
家族が楽器演奏を通して通じあってるのを見て思わず泣きそうになる。
キャラクターの説明、どんなストーリーが展開されるのか、舞台となる時代・場所などなど。
一見リトルミスサンシャインのようだがはじまりへの旅は明らかに違うところがある。
前者はこんな凸凹でも家族。またいつもの毎日が始まるといった感じだが、
はじまりへの旅はタイトルの通りスタート地点までを描いたストーリーになっている。
yo

yoの感想・評価

4.0
太陽みたいな映画だった 火が印象的 ヨンシーの音楽、さいこー
murataku

muratakuの感想・評価

4.3
とても清々しい映画。
メッセージはとてもシンプルで、そして
随所に平和ボケした現代人への風刺があって面白い。
権利章典のくだりはどちらが社会に適応するのか考えさせられる。

そして子役たちが可愛くてそれも癒された。
瓦礫

瓦礫の感想・評価

3.8
おもしろいなあ。権利章典のくだりとか笑うしかない。なんだろうな、社会とかって。
MoeSato

MoeSatoの感想・評価

4.8
記録

17/04/02(字)
ヒューマントラストシネマ渋谷
最初「あれ?映画み間違えたかな?」と思えるほどサバイバルな入りで、正直うーんって感じだったんだけど、だんだんあの自然の光がもたらすチカラってやつに完全に魅了されました。

そして、成長段階に合わせて各子供達が持っている葛藤が素晴らしいんですよ。その横顔がみんな美しくて。

”世界”とは?
”子供達には選ぶ権利がある”


「本に書かれていることしか知らない」
最後長男が出発するときの息子と父親のやり取り。初めて父息子の関係性で泣いた。
父からの助言が最高だった。
”死ぬな”って意味が刺さった。

そして最後の静かな長回し。
もうたまりません。たまりません。