はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 240ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

KaoriAbe

KaoriAbeの感想・評価

4.2
自殺してしまったお母さんのもとへ行く間に、自分たちが普通じゃないことに気づいてく子どもたちなんだけど、「普通」ってなにかな。てなる

背景の説明もすこしほしかった、なんで森で暮らすようになったのかとか。

てか1人映画×ビール=最高すぎ
natsuko

natsukoの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

17/4/21映画館
考えこんでしまった。普通とか程々っていう感覚のなんと曖昧であることよ。
火葬のシーンの、「俺のすべては君のものだ」というセリフがとても泣けた。
@新宿ピカデリー

思想、信条、異文化、社会、家族、教育、学習、成長、、、様々なテーマに安易に回答を示すことなく、物語が進む進む。

原題、キャプテンファンタスティック。
これではテーマが伝わらないんじゃ?とも思うが、やはり内容はおとぎ話かのよう。

よりコミカルに、よりハートフルに、よりエモく描くことも出来ただろうし、てっきりほっこりちゃっかりのロードムービーかと想像していたが、さにあらず。
描きたい内容に真摯に向き合い、ヒューマンドラマでは片付けられない作り手の矜持が詰まった良作でした。

折り合いをつけるのではないラスト。
それぞれが必要とする事に向き合うかのように、静かに時が流れるシーンは、実に美しく秀逸。

音楽も素晴らしい。

興味深い内容、いやいやこれは禁句。
ご馳走様でした。


2017劇場鑑賞42本目
ぺこ

ぺこの感想・評価

4.5
今年1番になりそうな作品!
家族全員ユニークなところとか
リトルミスサンシャインを少し思い出したけど
笑って泣けて家族とは幸せとは
色んな事を考えさせてくれた
何回も見たい作品です
naga

nagaの感想・評価

3.8
まあ、おもしろかったです。
でも、コメディーでは、なかったかな。やりすぎはやっぱりダメだなあ〜って思いました。
原題と邦題のギャップがうけました。
Gogogo2016

Gogogo2016の感想・評価

4.0
子どもにとって何が大事なのか考えさせられた。
子どもたちが静かに読書する風景は素敵!
けーな

けーなの感想・評価

3.7
ヴィゴ・モーテンセン目当てに観に行ったが、話の内容を知らなかったので、こんな話だったのかと驚いた。そして、深く考えさせられた。

森の中でサバイバル生活を送る父親と6人の子供を見て、最初は、現代に暮らす私達は、スマホばかり見ていないで、もっと本を読むべきだなとか、子供はゲームばっかりやってたらダメだなと思って、反省しながら見ていたが、話が進んで行くにつれて、何事も、行き過ぎは、ダメとつくづく思った。しかし、子供との関わり方や、子育てについて、とにかく、考えさせられ、良い映画を見たと感じた。

スーパーでのミッション、あれは、ダメでしょ。法のみならず、あの家族の主義主張に反していないのか?

次男の子が、子役時代の、リヴァー・フェニックスか、ターミネーターのエドワード・ファーロングにそっくりだった。
個人的にはすごい好きな映画。
パパと子供達との葛藤と家族愛と。

深々と生い茂る森。
その中に、全身に泥を塗りあげひっそりとそれでも獲物であろうシカから目を離さない青年。
次の瞬間シカと揉み合いながらも、ズバっとナイフがシカの首に。

まさに弱肉強食。

本編開始からすぐこの映画にのめり込みました。

森の中で暮らす家族。なぜ、森で?
そもそもは、都会で暮らすより自然に囲まれた中で、ゆっくり暮らしたい、その延長にあったのかと思います。学校へ通っていなくとも、教養は大人顔負け。普通に学校へ通う子供たち以上に身に付いております。

ただ、やはり社会については家族以外の他の"人間"とコミュニケーションをとっていかなければ、身につかないもの。

この映画、劇場公開は数える程度しかなかったのにもかかわらず、口コミで人気となり、劇場公開数がかなり、増えたそうで。
それも納得の内容でした。

なんといっても子役の子達の演技力。これに限る。個性豊かな子供たちは、ミスペレグリン以上に、それぞれの個性を演技力に全面に押し出してきてくれていて、とてもよかった。

心が温まるうえ、この映画をみると、何かに気付かされます。そう、家族の絆についても、それ以外でも、鑑賞して心に残るなにかがそこには確かにあります。
さめ

さめの感想・評価

3.5
ヴィゴモーテンセンのファミリーロードムービー、ということで観賞!

なにが普通?なにが真理でなにか偽り?

ひとつの家族が、最愛のママという存在を失って、挫折と迷いの中、それを模索していくその過程を通して、見る人にも「自分ならどう?」と自然に考えてしまうような映画でした

さすがヴィゴモーテンセン
アメリカ産業社会からの搾取から離れ、森で徹底した自給自足生活をする大家族の長、っていう、つまり偏屈屈強オヤジを演じても渋くてカッコイイ!
また子供がかわいい。天使レベル。
アナーキストも子供だとかわいいんだな…

俗世間から浮いた家族でも、その家族なりのルールでまわってて、そのルールもちゃんと理由がある(私達が目を背けてる都合悪いことだったり)
そしてふつうの家族となんら変わらず、家族みんながママを愛してる。
その辺りの描き方が絶妙でした。

ヴィゴモーテンセンが、今は亡き最愛の妻を見る(会う)まどろみのシーンの、美しく満たされて、だからこそなんて悲しいこと。

家族のお葬式のシーンは素晴らしかった。
ママ自身の魂の供養でもあり、遺された家族のひとつの心の区切りでもあり。

肉親を亡くした人はぜひ見てほしいと思う。
ロック好きもぜひ。随所に出てくる書物も。