はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 240ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

PAGE

PAGEの感想・評価

4.5
『個性』とは何か、を考えさせられるヒューマンストーリー。
『個性』をもって我が道をゆくべきか。はたまた、足踏み揃えた社会に適応するべきか。それを誰もが身近な存在の家族で描いていてとても内容が入りやすかったです。
そして、子供達が可愛い❤️
なんとなく、これをみたあとは好きな人とホットココアが飲みたくなるような映画でした。
きむら

きむらの感想・評価

4.7
原題の「Captain Fantastic」が最高。
いろいろな人にオススメしたい作品。


銀座にある松竹の試写室行かせて頂きました、ありがとうございました。
minori

minoriの感想・評価

4.0
良作。
心に響くとは、まさにこの事なんだなぁとしみじみ思いました。

自然の中で自給自足をしながら生活している、ちょっと変わった家族。
入院していた母が亡くなり、その葬儀へと向かうため外の世界(社会)へと飛び出し、新たな発見・出会い・岐路・別れなどに直面していく。

楽しい場面もあれば、悲しい場面も勿論ある。
でも、悲しい場面の後には必ず暖かいユーモアが待っていてくれる。
そんな優しい流れの作品でした。

ヴィゴ・モーテンセン演じる父ベンのユーモアや、子供達と亡くなった妻を想う故の葛藤が、とても良かった。
アカデミー賞ノミネートも納得です。

子供たちの演技も素敵でした。
父の教育の一環でハードなトレーニング(しかもアスリート並の内容)をする・・・というシーンが何度も出てきたり、難解な本を読んでその内容を暗唱したり考察したり、とにかく難しい言葉をスラスラと言うシーンが沢山あったり、とにかく子供たちが頑張っていて素晴らしかったです。

途中、モヤモヤした気持ちになってしまう部分はありますが、基本は愛すべき個性のかたまりのような映画。
一見の価値ありだと思います。
こういう映画作品が、もっと増えれば良いのになぁ。
uknmr

uknmrの感想・評価

5.0
文句なし。最高。

ここにあるのが人間のすべて。

山はいいですよね。山ではお金ではなく労働と協調で生きることができる。
知恵と力を持った逞しい家族だった。

この、現代人には奇妙に見えるこの形こそが、現代人がもっとも必要とするものであるのは間違いない。

あと、長女が本当に好み。
2017試写
リトルミスサンシャイン的なロードムービー…ではなかった。森の緑と子供たちのカラフルな衣装が鮮やか
MiwaKoka

MiwaKokaの感想・評価

2.8
子供達が伸び伸び暮して、天才的な学習能力を持っていても、それだけじゃダメなんだ。
小さなコミュニティの中だけで暮らすこともまた、子供の可能性を潰すことになる。
子供にはたくさんの選択肢を与えたいと思う。
Chisei

Chiseiの感想・評価

4.5
価値観とか幸せとか人それぞれでいいねんな〜と思った! 日本は幸せの形が決まりすぎていて、みんなそれにハマりに行ってまうねんな〜と観終わった後思った。山の中での生活もおもろいし、子供達が愛おしい!字幕付きでもう一回観たい(笑)
まさに型破りな映画。
全米公開時は4館のみの上映であったのに、口コミで600館までの広がりをみせ、この映画のもつ力を感じます。

各賞レースを賑わせてきた本作は、とても異彩を放ってはいるけど誰もが楽しめる作品になっていると思います。

アカデミー賞にノミネートされたヴィゴモーテンセンはいわずもがな、無名に等しい子役や他の俳優の個性的な演技はとても印象に残ります。

ぜひ、おすすめしたい作品です。
Chaoz

Chaozの感想・評価

4.5
久しぶりに泣いた。

理想的な子育てとは何か?
正しいとは何か?
妻への愛情、子供への愛情。
メンタルヘルスと喪失、家族との確執。

父親としてどうあるべきか。

正しくある事への執着心についてよく最近考える自分に深く響いた
ロードオブザリングの時からヴィゴ モーテンセンが大好き。今回はアラゴルンとは違って頑固で超eccentricなオヤジ役。家族みんながかわいくてかわいくて...♡