はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 301ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

あかね

あかねの感想・評価

3.5
笑えるシーンが多々あり!!こんな家族いたらびっくり!!でも子供達みんな可愛かった〜
国分蓮

国分蓮の感想・評価

4.5
【世にもおかしなヘンテコ家族のロードムービー。彼らにとっての"普通"が、観る者に生きる力を与え、人間に秘められた無限の可能性を感じさせてくれる、まさに教科書のような映画。】

あまり期待しないで観に行ったんですが…いやぁ、ホント面白かったです。
簡単に自分の挙動を振り返ると、笑って笑ってさらに笑って、笑いすぎて涙が出てきたんだけど、一方で別の涙も出てきて、最終的に思いっきり泣かされる。という、喜怒哀楽をフルに要求される映画でした。

ヴィゴ・モーテンセンが演じる一家の大黒柱的な父親ベンのスパルタっぷりがヤバいです。
子供達に、6ヶ国語必須、著名な小説はもちろん、哲学本やら歴史本やら宇宙本を読ませたり、性教育を抽象的な表現を用いずに(コウノトリ?ハハッ)しっかり教えたり、走り込みやウェイト、クライミングなどの過酷な肉体トレーニング(筋力は一流アスリート並)を課したり、ナイフを使った格闘術を教え込んだり、食べ物は各自森で動物を狩ってさばいて調理させたりと…父親としても教師としても一切の妥協を許さない鬼教官のような振る舞い。
全員サスケ優勝レベル、究極の文武両道ファミリーなんです。
おそらく世界がなんらかの理由で崩壊しても、この家族だけは生き延びている気がします。笑

子供達もそれにきっちり応えてくるところ、みんな芯があってたくましい、強い。
しかし、ただ教養を身につけるだけでは意味がないと思ったベンは、常にそれについて、自分の言葉で説明するように子供達に説く。

自分のことは自分で。
自分の言葉で、自分の意見で。

良いですね。
知識だけ得たって自分の言葉で語れなかったら何の意味もないですからね。
この教育があるからこそ、子供達はまだ幼いのにすでにみんな独立しているような貫禄すらあります。

旅の途中で、「普通」は実は「普通」ではないことに気づき始める子供達ですが、ベンは「普通とは何か説明してみろ、俺が納得したら考えを変える」と強気です。
確かにそうですね。
そもそも普通という言葉が曖昧すぎてわからない。
一人が望んだ普通が、他の人の普通ではないかもしれない。
基準もなければ定義もない。
難しいです。
ベンを納得させられるだけの言い訳は自分にはないです。笑

観終わって感じたのは、ベンの子供達に対する愛と子供達のベンに対する愛。
子供達は、ベンのやりすぎな教育方針に楯突いたこともありましたが、根底にはしっかりと愛がありました。
これが涙腺崩壊するところです。

「個性は消せるか?NOッ!!!」
「今日は人生最後の日だと思って生きる。」

心に響く言葉がたくさんの映画。
ミニシアター系で上映期間も短めですが、是非観て欲しい一作。受験生が観たらさらにやる気が出るかも。この映画は生きるための教科書のようなものでした。

------------------------------

Scotland the brave(勇敢なるスコットランド)のロックバージョンは斬新だった。
この曲が普段どういう場で流れるかを知っておくことでよりそのシーンを楽しめるような気がします。
とろろ

とろろの感想・評価

4.0
人生において何を選ぶか何を信じるか何が正解で何が間違いか ただ変えることは出来る 辛くて苦しいだろうでも変われる 思い込むのではなく知ってみる
難しい問題を鮮やかに切なく描いていた 沢山素敵なシーンやセリフはあったけどラストの空気感がとても好き
akira

akiraの感想・評価

5.0
バイブル
転じて、それぞれの分野で最重要とされている文献。
個人が常に指針を求めて読み返す一冊の本。座右の書。...
vincent

vincentの感想・評価

3.9
ヴォゴ・モーテンセンしか演じ得ないキャラクター。さすが!!

現代社会における資本主義の歪み、単一的な考えこそが常識といったものを一般社会から離れた存在の家族を通して俯瞰から覗く視点の作品。

普通とは何か?
人と違うのは『変』なのか?
個性とはどういう事をいうのか?
自身の考えと他者が違うからといって否定してよいのか?

各映画祭で称賛されるだけの納得の作品。
ヴォゴ様…素敵♫^_^
minami

minamiの感想・評価

4.0
森に住んでる自給自足家族が、街に出て色々すったもんだある話かしらと、うっすい情報だけで鑑賞…したら全然違かった。
笑いあり、涙あり。
ロードムービーなところもあって。
森から出て家族の問題も明るみになる。

誰かのために必死になっても報われないことやすれ違ってしまうこともあるよね。

ぶっ飛んだ家族。でも素敵な家族。
子供たちがとても魅力的。
家族って良いな、自分の家族を作りたいなってなる映画。
Harry

Harryの感想・評価

4.0
不思議な映画でした。
人は“どこに住むか?”、“誰に何を教わるか?”で“モノの考え方”や“価値観”が変わってしまう…という当たり前の事を教えてくれる。
ついつい、日々の生活でそんなことを俯瞰する余裕もないが…。

社会から隔離された生活を送っていた“トンデモ家族”が、母の葬式参加のために都市に行くことにより、“普通”とは何か?を探すロードムービー…といった内容ですかね。

価値観を育てるには、“良い事”も“悪い事”も知らなければ“価値のモノサシ”は育たないと示唆している。

「可愛い子には旅をさせよ」…つまり「世界は広いということを学べ」…この映画の究極の答えではなかろうか?

考えさせられる良い映画だと思いました。

新宿ピカデリーにて
Gakuga

Gakugaの感想・評価

4.0
何があってて何が間違ってんだかわかんなくなった。必死で父を止めようとしてるシーンとかラストシーンであの曲持ってきたりとかいつ終わってもおかしくないほどいいシーンが沢山あった。傑作。
ヴィゴ・モーテンセン演ずる70年代のヒッピーを思わせるような、
極端な自然主義者の父親とその子供たちの物語。

父親が21世紀の現代では、あまりにも理想主義というか、
逆に時代遅れとしか思えなかった。
この父親の考え方は現代人が忘れている大事なものがあるとは思うが、
あまりに度が過ぎている。
考え方がダメなのではなくて、自分の考えを子供に押し付けたり、
反社会的な行動をとったりするところはどうなのでしょうか。
仏教徒の母親を火葬しようと、真夜中に墓を暴くシーンも
気持ち悪さしか感じませんでした。
Kenji

Kenjiの感想・評価

4.3
普通ってなんだ?と考えさせられる作品。

親の教育や生活習慣よって普通の基準が違ったりするし、自分を含め人って普通はこうじゃなきゃダメと固定概念を持っているけど、それを他の人に押し付ける事は決して良いことではないと思わされた作品でもあった。

カルト系が苦手な方にはお勧めできませんが、なかなか良い作品に巡り合えました😌