はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 333ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

ayami

ayamiの感想・評価

4.0
Give us a mission


あけましておめでとうございます。
あとカナダ生活半年のayamiです。
皆さま今年もよろしくお願いいたします。



森の中で暮らす家族。
父親が6人の子どもたちを<訓練>しながら育てています。

母親がいなくなってから2週間と少し経ったとき、その死を知ります。

どうにかして葬式に行きたい家族。
ハチャメチャ違法ロードムービーです。笑


子育てに奮闘する父親はあることがきっかけで自分の教育方針が本当に子どもたちにとっていいものなのか、疑問を抱き始めます。


子育てって聞くと小さい生まれたばっかりの子どもを想像しがちだけど、思春期とか学校とかそういうところも含めて子育てなんですよね、、難しい。


⚠️冒頭少しグロめです



1
子どもの教育をテーマにした映画。
考えさせられる映画。面白かった。
Will

Willの感想・評価

-
『愛、死、教育、幸せ、家族について考えさせられる映画』

変わり者は排除されたり嫌われたりすることがあるけど一人一人が自分にあった人生を選ぶ権利があると感じた。自分と向き合い自分のスタイルを作り、それを大切にしたいと思う。

"Power to the people, and stick it to the man."
Matilda

Matildaの感想・評価

3.5
ガンズのSweet child o' mine のアレンジが、こう来たか!とアレンジと使ってるシーンに感心した。自然に囲まれてるシーンでは緑がそよいで鳥の声がきこえ、そういったシーンを、画面を通して観るだけでも、リフレッシュさせてもらった。ヒッピーな生きた方をそのまま肯定せずに疑問を投げかけており、個人的にはそれでも、ほんとにそうか?とまだ突っ込みたい部分は残ったが全体として、よいものを伝えてくれてる印象が残った。ビゴモーティセンや子供達の存在感も大きい。

ほんとのヒッピーにはなれないけど、そして、ガチなヒッピーには突っ込みたくなるがヒッピー的なものは好きなので、そういう意味では好みの映画。
Chris

Chrisの感想・評価

3.7
どんなに知識があっても、それを使わなかったら意味がないんだよね。社会と断絶した生活をしているのに、社会学を学んでも意味がない。
最後の収まり方は結構好きだった。
Saeko

Saekoの感想・評価

4.2
社会との関わり方、教育、家族
設定は奇抜だけど色々考えされられる
邦題が謎
m2dor23

m2dor23の感想・評価

4.5
リトルミスサンシャイン系ロードムービー。

教育って何だろう。
ゆうり

ゆうりの感想・評価

3.0
想像と違った、もっとコメディかと思ってたらドラマだった。
親の行きすぎた教育方針がテーマ?
うーん。
Ryo

Ryoの感想・評価

4.0
型にはまった教育法がいつもいいというわけではないのかもしれない。
子供にはちゃんと考えさせないと世間を知ってても意味がない
Cocoa

Cocoaの感想・評価

4.0
パパ(ヴィゴモーテンセン)と6人の子供達は森の中でワイルドな生活を送っていた。
子供達はパパの教育で、森の中でもナイフひとつでサバイブできるぐらい強靭。そしてパパの教育で超頭良い。
あれ?ママは?ってなとこから始まるプチトラベル。それはいかに子供達やパパが"普通"でないかを浮き彫りにしていく...。あれ、それはちょっと...というキテレツ行動、言動が痛快。
パパと子供達の会話がどストレートすぎ。そして子供達キャストの顔セレクトがツボ。あーこの子はパパ似でこの子はママ似で選んだのかな〜と始終思って観てた。
FU◯K 常識!