はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

    雨音
    3.8
    生活とは人間とは何か。家族の絆や美しさ。とらわれない愛。かわいい子供たちの演技。衣装やラストシーンの美しいいろたち。
    リトルミスサンシャイン(ワイルドバージョン)
    この家族の存在がどれほどfantasyであろうと、素敵なものは素敵だ

    母親の好きだった歌を歌うシーンは心をぎゅっと掴まれる
    こんな風に葬られたいものだ

    以前から自分の葬式をプロデュースできるなら、みんな1番オシャレだと思う服を着て来てもらいたい、好きだった曲をずっとかけて欲しい、そしてみんなで自分の悪口を言いまくって帰って欲しいと思っていたけどその思いが強くなった

    あらゆることから自由でいるには本当にタフでないとって今更ながら身にしみたなぁ
    あい
    4.0
    20170510
    ここまで偏った教育には賛同できないけど笑、愛情を感じる映画だった。
    固い信念を持つ父親が、子どもから気づき学び、変化していくのが、すごくかっこよかった。

    サージがとっても愛くるしい(*´ω`*)
    む~ん、何というか。。
    コメディだと思い込んで観たので、こんな話しなのかと、少々困惑気味(笑)

    この父親の生き方をなんて呼ぶのか?すらよくわからないので、おちょくってるのか、マジなのかの境界線がわからないのだ。

    アメリカにはこんな人たちも少なからずいるとは想像出来る。共感したり面白がったり出来るストーリーはとても興味深い。

    価値観の多様性を認めよう。アメリカの今を問い直そう。こんなはちゃめちゃな家族のストーリーはどう思う?って問いかけとして受け止めて良いのかな??誰か教えて下さい(笑)

    遺灰をトイレに入れて、グッバイ ママと別れるシーンは。荘厳なるバカバカしさで死ぬまで忘れないでしょう。
    俗世間から離れての自給自足生活はプレッパーではなくて、ガチでもなかった。何が有りで何が無しか、所詮マイ・ルールなので都合良く曖昧だし、最初っから負けブック。けど映画はそんな理想と矛盾を人間らしく誠実に見せ、客観的にはダメな父ちゃんなんだけどどこか憧れも誘う。如何にもクールな自由人らしいヴィゴ・モーテンセンだからこそ、その弱さ脆さが滲み出る演技の余白が素晴らしかった。特に、初めて本名を呼ばれ、キャプテン・ファンタスティックの虚像が剥がれる瞬間が心憎い。子供それぞれの立ち位置もハッキリ描かれて、長男ジョージ・マッケイの寄り目の切迫感たるや。身体張った子役には若干ハラハラしたけども。
    そして、決して挫折や敗北の物語じゃないのも良い。子供たちの葛藤と成長含め、一面的なジャッジはしない。正しさよりむしろ、間違いを認めたり答えに迷い続けることこそ健全であると。なので、あのラストショットがお見事!!『卒業』と同じ意味で長い間にある含みがたまらない。(そういえば教会の所から既に『卒業』の前フリか)
    『ライフ・アクアティック』と併せて観たら、ヴィゴ父ちゃんがものすごく良い父ちゃんに思えそう。
    ue
    4.8
    マット・ロス監督自身の経験に基づき生まれたというこの作品。社会的にマイノリティであるキャッシュ一家のサバイバル生活をコミカルに映しそこから母の死をきっかけにロードムービーへと発展する映画だが、後半にかけて家族自身の挫折とそこからの再生を克明に映し普遍的なメッセージを投げかけていく辺り、思っていたよりもドラマムービーとしてしっかりとしていて、良い意味で不意打食らった。
    厳格でありながらも子供たちに愛情の分だけ自らの教育を注ぎ込んできた父は、今迄にはなかった子の「反発」や事件をきっかけに、父として、教育者としての考えがはじめて揺らぎはじめる。子を持つ親としてのあるべき姿とは何なのか。親は子に何をどう与えるべきなのか、、を凄く考えさせられる。
    ただ、これが正しいと言える家族像なんてないんだよって、この映画は教えてくれた。
    ラストには子供たちと共に、また父もこの旅で親としての成長を遂げていく、真っ当なまでに家族の成長物語だった。

    ベン役は絶対にヴィゴ・モーテンセンにしか出来なかったんじゃないか、それくらいこの映画ではハマリ役。多分彼の代表作になり得るレベルで。リトル・ミス・サンシャイン、エールに続く最高の家族映画でした。ラストシーンは上半期で1番好き!
    ギンレイにて、
    奇人変人 常識とは
    ママの一番好きな歌!
    ゆりな
    3.8
    これ、さりげなく重たくてすごい映画だよね。ウェス・アンダーソンみたいなおしゃれ映画かと思ったら全然違った。
    光の差し込み方や、人物の横顔が綺麗。賞を取りまくったヴィゴ・モーテンセン、もうすぐ60歳?イケメン過ぎない??
    ラストシーンのソフィア・コッポラの映画みたいな雰囲気、とてもすき。「今日が人生最後の日だと思って生きろ。」