はじまりへの旅(2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マット・ロス
    脚本
    マット・ロス
    キャスト
    ヴィゴ・モーテンセン
    ミッシー・パイル
    キャスリン・ハーン
    スティーヴ・ザーン
    ジョージ・マッケイ
    フランク・ランジェラ
    アナリス・バッソ
    あらすじ
    普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

    「はじまりへの旅」に投稿された感想・レビュー

    さいとうなり
    さいとうなりの感想・レビュー
    6日
    4.9
    最初「あれ?映画み間違えたかな?」と思えるほどサバイバルな入りで、正直うーんって感じだったんだけど、だんだんあの自然の光がもたらすチカラってやつに完全に魅了されました。

    そして、成長段階に合わせて各子供達が持っている葛藤が素晴らしいんですよ。その横顔がみんな美しくて。

    ”世界”とは?
    ”子供達には選ぶ権利がある”


    「本に書かれていることしか知らない」
    最後長男が出発するときの息子と父親のやり取り。初めて父息子の関係性で泣いた。
    父からの助言が最高だった。
    ”死ぬな”って意味が刺さった。

    そして最後の静かな長回し。
    もうたまりません。たまりません。
    ゆうたろう
    ゆうたろうの感想・レビュー
    6日
    4.0
    一般的に見たらキャッシュ一家は常識外れで、普通とはちょっと違う変わった人達なのかもしれないけれど、必ずしもその常識というものや、普通という事が誰に対しても正しい訳ではなく、その人にはその人に合った環境がある事を示し、また何よりも人とは違う事の素晴らしさを台詞ではもちろん、冒頭の森での生活や、道中の家族のやり取りなどで描いてくれたのが嬉しかった。
    しかし大学進学を迷う長男や、思春期の次男が一般社会とギャップを感じ、今の家族の方針や生き方について疑問や不安を抱く事によって、キャッシュ一家が現実的に直面する問題について描くのは上手いと思ったし、その描写もシリアスなものだけでなく、クスッと笑えるようなコミカルなものがあったのも良かったし、その解決の仕方も理想的なものだったと思う。
    そして父であるベンがその問題を乗り越えたところから、いくら人と違っていて、それが原因で困る事があったとしても、その違いを受け入れてくれる人がいる事こそが大切というメッセージを感じた。
    その他にも、ロードムービーらしく各地を転々とするのでテンポがとても良く、最初にキャッシュ一家が住んでいる森をはじめとして、アメリカの自然がとても美しく撮られていて、ご機嫌な音楽がかかりながらその自然の中をバスが走っていくのは、見ていてとても気持ちが良かった。
    kiyonnn
    kiyonnnの感想・レビュー
    6日
    4.0
    無駄な音楽を使いすぎず、効果的に使って、無音?静寂?をうまく使っていたと思う。
    個人的にはヴィゴのファンなので、彼の演技にうっとり、髭を剃ってフェイスが露わになったところでキュンキュンしてました。
    何が正解で、何が間違っているとかではないけど、深い愛ゆえの行動なんだな、みんな、と思った。
    のだ
    のだの感想・レビュー
    6日
    4.9
    良い音楽と悲劇だけどどこか笑えるシーンの数々。
    ミッションを遂行するためにバスで旅する家族。
    ブッ飛んだ父親と良いキャラしてるお兄ちゃん。
    リトルミスサンシャイン好きとしては大満足の映画だった。

    一見すると素敵な家族だけど、身近にいたらおじいちゃんや妹家族のような反応は出てくるだろうし、司令塔の父親次第では、簡単に黒にも白にも染まる子どもたちの無垢さや従順さに少し恐怖も感じた。そこをきちんと描いていたのは◎。

    冒頭と中盤のお兄ちゃんのシーンがシュールで笑えた。最高。
    Manamin
    Manaminの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.7
    家族愛が素晴らしい。
    こんな親が欲しいし、こんな兄弟たちがいたら楽しいだろうな。

    主演・ヴィゴ・モーテンセンだから観に行ったこの映画🎬
    もちろん、ヴィゴの演技は素晴らしかったが、子どもたちを演じている俳優・女優も素晴らしかった。
    好きな俳優さん・女優さんが増えた
    MAKO
    MAKOの感想・レビュー
    2017/05/21
    4.0
    森の中で暮らす家族。冒頭は鹿を仕留めるシーンから始まる。鹿に見つからないように顔に泥のような物を塗り仕留めるタイミングを見極めている。 
    長男が仕留めて父親が鹿の内臓を取りだし(内臓は心臓かなと思ったけど違うかもしれない)、長男に食べさせ少年から大人への通過儀礼を行う。 

    どういう作品かは情報を入れずに観ました。知っていたのは、森に住んでいる家族が街に出るということだけ。 
    てっきりドタバタコメディだと思っていたのに、冒頭シーンを観て違うことに気づいた。 

    家には水道、電気などない。子供達は勿論学校に通っていない。けれど父親は色んな知識を持っていて子供達に色んな本を読ませている。読ませているだけでなく、その本についてどのような事が書かれているのか自分の言葉で説明させたりしている。だから学校に通っていなくてもここの子供達は知識がある。 
    だけど家族以外のコミュニケーションがほぼ皆無なので街に出たときに他人との接し方を知らない。 

    父親はある理由があり母親と一緒に森に住むことにしたのだが、子供達にもそれを強いるのはどうかなと思った。森の中で一生住むのならそれでもいいかもしれないが、街に出たらそれでは生活するのは難しいだろう。 
    学校は勉強する所ですが、それ以外にもコミュニケーションを図る場でもある。 
    だからと言って父親の教育が全ていけないとは思わない。なんでもそうだけど、やり過ぎたらいけないと思う。 
    父親の教育も良いところはあった。 
    家族で音楽を楽しむシーンは楽しめた。 

    旅先で父親に反発した息子達だったが父親の事は尊敬していたと思う。 

    ラストは爽やかだった。これまでの生活があったからこそ、そこに落ち着いたんだろう。 
    人生に無駄はない。考えさせられました。 
    そして、普通ってなんですか?とポスターに書いてあるけど、私もそう思いました。 
    づめ
    づめの感想・レビュー
    2017/05/21
    -
    仕事をしていることで、どんどん人と滑らかに話せなくなっている現状にすごく危機感 紙予告とはイメージ全然ちゃう
    ミドリン星人
    ミドリン星人の感想・レビュー
    2017/05/21
    4.5
    入江悠presents僕モテラジオでの評判を聞いて鑑賞。
    ハートウォーミング風の邦題とは異なる印象。
    ひとつの理想を持つ男が現実とぶつかり折衝をしながら、自分の思う道を進み、彼の元で育って来た息子が一人の男へと成長する話。
    saori
    saoriの感想・レビュー
    2017/05/20
    4.3
    予想通りめちゃくちゃ好きなやつだった。子どもたちみんな愛おしい…。BGMもいいし序盤と終盤のファミリー演奏シーンがたまらなく好きです
    しろ
    しろの感想・レビュー
    2017/05/20
    4.3
    アスリート並みの身体能力やレベルの高い頭脳を培っても人や社会と関わってなきゃやっぱ生きてないけないよな
    お父さんがやったことは凄いし、本当に家族のことを1番に思った結果行き過ぎてしまっただけなんだよな
    生きていくのって難しい…って再度思わされた
    総まとめで…凄く感動的な楽しい映画!✨

    亡くなったお母さんがお父さんに
    あなたがいるもの楽しいに決まってるじゃない
    って言葉すごい好き