はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

到着

到着の感想・評価

4.2
希望はないと思うと確実になくなる
自由への衝動と、物事を変えるチャンスを感じたら、
世界をよくできるかもしれない

メッセージに言葉なんていらねぇなぁ
映画も現実も

TK

TKの感想・評価

3.6
山奥で自給自足の生活を送るナチュラリストな一家。原始的な生活なのかと思いきや身なりはやたら小綺麗でかわいくておしゃれな家に住んでいる。おまけに全員美男美女。夜になると焚き火を囲んで小難しい本を読み、オヤジがギターを弾きだすとセッションが始まる。

なんだこいつら...

とまあ世間的には「変な人たち」である一家がとある理由で山奥から下界へ旅に出るお話。
まあ価値観なんて人それぞれだし好きにやってくれというのが全体の感想です。それだけ。
ただ、この映画は「こういう家族素敵だよね!最高だよね!」という映画ではないと思う。
sawa

sawaの感想・評価

4.5
ありえないくらい泣いてしまった
だんだんなにが正しいのかわからなくなってきてでもいろんな角度のきもちに全部うなずけてぐるぐる
家族みんなで焚火をかこんで本読んだリ音楽したりしたいなあ
すーごくいい
何が正しいのかわからないけど、自分が正しいと思えばそれが普通なんだよって思う。ところどころ笑ってたし観る前は明るい映画だと思ってたけど結構内容はしっかりしていた。
強者が弱者を食うなんてくそくらえだと、自分の中のなにかと重なってかなり良かったし沁みた。
なんと愛しい家族だろうか。対立する祖父祖母含めて三世代の皆が皆、非常に賢く強く愛情に溢れ他を尊重し愛を育んでいる。ド正論のど真ん中を貫きすぎると社会とは馴染めないし、本で読んだ知識だけでは生きていけない。森で暮らす家族は母の死を受け入れて、尊厳を守るために街に降りて来た。それぞれがそれぞれのすべきことをして、言うべきことを言うことの美しさと根源にある慈愛。ちびっこ達はお父ちゃんか、兄ちゃん姉ちゃん、祖父祖母と登場する時に必ず手を繋いでいて被り物との相性の良さで悶えました。非常に素晴らしい映画。
Kokia

Kokiaの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットからシュールな映画を想像したけど、愛のある感動ストーリーで後半は涙が止まらないシーンがたくさんあったし、皆んな演技が上手い!

"普通ってなんですか?"

こんな個性的な家族がいたら、面白いのにな〜!森での生活や勉強だけじゃなく、社会に出て他者とのコミュニケーションを通して分かる感情を通して成長していくこの家族の続きが見たい!

ベンが子供たちに教えたいのは常に自分を見つめ鍛錬すること
身体的にも精神的にも

"異なる世界をどれほど許容できるか"がこの映画のテーマ

違いを楽しんで、もっと個性的に生きよう!
ヒカル

ヒカルの感想・評価

4.2
まずこの家族それぞれ魅力的すぎ!顔が!すき!
ずーっと観たかったのに今更
観てる途中途中で仕事の連絡きてほんと悔しいからDVD買って見直す!
みんながみんなのこと思ってんのになんでなん!系で上位ですき!
声出して笑った場面多々あった!
幻玉

幻玉の感想・評価

3.5
シビアで暗い作品だなと思った
明るい映画だと思ってたばかりか余計にそう感じた
髭がモジャモジャの時は渋く哀愁があり、髭を剃ると一気に若返り6人の子持ちには見えなくて笑ってしまった
髭であんなにも印象って変わるもんなんだな

子供達や父の暮らしぶりがサバイバルすぎて訓練でもしてんのかって位だった
親の気持ちも分かるけど、子供の気持ちにも耳を傾けて尊重してほしいなと思う
ミズ

ミズの感想・評価

4.2
森で育てられた子ども達。
「権力にはノーを」と、父親から勉強もサバイバル術も教わり、思想が反社会的。
正論ではあるなという面と社会とのバランスの悪さに痛快なようなヒリヒリするような。

感動の家族の物語で観た直後は美しい余韻だけれど、時間が経つにつれて少し鬱になる。

お母さんを送る子ども達の歌は名場面。
ヴィゴ・モーテンセンはやっぱり付いて行きたくなるキングの品格だったなぁ。
Miki

Mikiの感想・評価

5.0
どっちの暮らしが正しいかなんてわからない。キャッシュ家の生活や教育方針は崇高なものだと感じる一方で、世間的にみると彼らは近寄りたくない部類の人間=フリークスであるとも言える。また唯一父親からの教育しか受けていない子どもたちはどこか父を盲信しているようにも思えた。ヴェスパーが屋根から落ちたときも、ベンは自分が殺しかけたようなものだと言うがヴェスパーはあれは瓦が割れたから起こった事故だと言う。ちょっとゾゾった。父はいつでも正しい、スーパーマンだと思い込んでる。そんな中でも長男と次男は自分たちの生活に疑問を抱いたり不満に思ったりしてベンとぶつかるシーンもあった。ベンの妹の家や妻の実家では批判批判批判。そういうのもあったおかげでこの映画の言わんとすることについて考えられた。ほんとにいい映画でした。ベンの妹の家の息子ふたり中指立てて見送ってるシーンはまじでイライラしたでも気持ちもわかるでも腹立つ〜〜
あと三女のサージが美少女すぎない?