はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

でっぷ

でっぷの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

強い家族愛と絆、でもベタベタしてなくて自分の道は自分で選べる強さも持ってる子供たち
お父さん、間違ってなかったよ!育て方!
だからこそ子供たちはお父さんと生きる事を選んだんだな
お父さんも自分の間違いは受け入れられる強さがあって、子供たちの為に正しい選択をしようと一生懸命
こんな父親いたら幸せだよ

最後スティーブが鳥小屋になっててクスッとした
面白かった。サバイバル達人のお父ちゃんのやり方は流石にやり過ぎでは?と思う部分もあったけど、基本的には間違ってはいないと思う。子供のどんな質問にでも確り理論づめで説明してるし。しかも子供達が皆抜群の身体能力の高さと頭脳明晰だしね。そして皆、可愛かったなぁ。後、主演のアラゴルンはどんな姿でも格好良いです。
前情報一切なく見たのでめちゃめちゃ面白かった

コメディ映画かと思ったらガチガチに倫理観とか正しさとか正義とか教えてくれた

正しいことは正しいし、間違ってることも時には正しい
そうやって徐々に信念を持ちながらも時には修正していきながら道を進んでいくことこそが人生であると学びました


こいつらの今後こそを見たいと思えるような素晴らしい作品だった
mizuu

mizuuの感想・評価

4.2
私も友達と解散するとき「人民に力を🙋🏻」「権力にノーを🙋🏻」ってお別れしたい
変な家族ってゆう前知識だけだったからコメディー調なのかと思ってた。けどめっちゃ好きな映画!
やっぱレリアンが最初っから最後まで大好きだった。
rana

ranaの感想・評価

4.0
人それぞれ価値観が違うので自分が思う普通は他の人からしたら普通じゃないのかもしれない。普通って何だろう
Haruko

Harukoの感想・評価

-
いろんな暮らしや人の考えの比較があったせいで、常識について考えさせられる。野生的で本能的な部分を尊重することを大切にしているこの家族の方が幸せそう。
cota

cotaの感想・評価

4.3
アメリカらしからぬ教養のある素晴らしい映画。

常識・教育とは何かを今一度考えさせられる。日本の常識が世界の非常識、そんな事もザラにあるわけで法律や義務教育に捉われ過ぎている人に見てもらいたい。

父親の方針に賛否はあるけど方向性は間違っていないと思う。そう言った意味でどの立場から見ても頷ける面白さがある。メッセージの描き方も上手で凄く良い映画。
Shino

Shinoの感想・評価

4.6
「人民に力を」「権力にノーを」

人里離れた山奥に父親+子ども6人だけで暮らす家族。学校で教育を受けていないが、父親の独自の教育により超絶優秀な子どもたち。身体的にも知能的にも卓越している。常に実践の毎日。
母親の葬儀に参列するため修学旅行並みの雰囲気で街へ降りたつが、一般世間を知らないため変人扱い。
妹家族の子どもたちは一般家庭で育つが、その子たちとのコントラストもすごい。
夕飯前ギリギリまでゲーム離さなかったり、法律の名前は知ってても中身を説明することはできなかったり。
そういう家庭が大多数とは思うけど、何が普通かとか、一般常識だとか、家庭によって違うし一概に言っちゃいけないな〜と感じました。
父親の教育は素晴らしいけど、果たしてそれが正解か?そうあるべきなのか?何事もほどほどがいいんですよね。
教育や家族の愛について考えさせられました。

途中、砂糖のかかったシリアルのことで揉めた話が出てたけど、ラストシーン、ね。笑
森の外へ
"人民に力を" "権力にノーを"

瞑想 即興 訓練きびしい
S-T-O-P

戦闘開始🚌

娘の純粋な質問に真面目に答える父親

びびらせ方(笑)
万引き家族
ケーキとホイップでうぉーってなるの
微笑ましい チョムスキーバースデイ

ゲーム見る顔
知識 スカッと

本以外は何も知らない
悪気のない過ち

ひげ剃り、息子は髪

要望通り🚽
最後の演奏

なんだかんだよかった

特典インタビュー
三男役がヴィゴ・モーテンセンと共演できるって聞いて「うわーーー」って思った、理由がロードオブザリングの大ファンでって言ったら、隣にいた三女役の子がしたり顔で「アラゴルンね」はうけた

オーランド・ブルームが来た話も(笑)