はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.7
ヒューマンコメディとして楽しめる作品。
少しまじめに捉えると「子供の教育って色々だし難しいですね」な感想。
これって正解はないですが幼年期の環境は成人形成に大きく影響する点は間違いない⁈ 自然の中で生きるのは劇中の比じゃないほどもっと過酷かと…。
Calvin

Calvinの感想・評価

4.5
生き方の選択は人それぞれ。
常識だって、大多数の波があるってだけで、それに縛られなくてもいいんだよねきっと。
みんながみんなを認められる優しい世界がいいな、って。
ボブディランやシガーロス聴いたの久しぶりで映画モチベーション回復した
ウ

ウの感想・評価

4.3
ええ、ええ、そうですよ。私は俗世間で暮らす、汚い方の人間ですよ。サバイバル技術も強靭な肉体も無いですし自然の中で人間らしく生きることもできませんよ。正しいのはそちらかもしれませんよ。

と、若干口を尖らせて見ていたのが最初。どうしてもお父さんの教育が一種の宗教の様にしか見えなかった。小さい子供に性交について教えるのとか、手首が折れても登らせるのとか、違う家庭の教育方針を曲げてしまうのとか、全然良いと思えなかった。子供達6人、自分の宗教に従わせているようにしか見えなかった。
それでもやっぱり、夜に焚き火をしながらみんなで読書をするのとか、秘密基地みたいな家とか、お父さんがギターを持ってきたら始まる歌の時間とか、太陽の光が画面の中に映り込むあの自然の美しさ、やっぱり、良いなあと思ってしまって、悔しかった。
彼らの生活をおかしいと思うのは、私がこうして生きてきたからなんだと思ったら、なんだろう、負い目というか、真っ向からおかしいと思えなくて、それもなんか悔しかった。

人間の文明がまだ発達していなかった頃、人間が自然の中で生きていた頃、そういう生活に憧れて俗世間を離れる、それが正しい、みたいな風潮が苦手だ。ナチュラリストとか、そういう言葉も苦手だ。
こうやって生活をしている私たちが間違っている、みたいな風潮も、苦手だ。と思うのに、真っ直ぐにそう言えないのは、なぜかなあ。


いつか社会を知る日が来るし、どこかで妥協してどこかで権力に屈しなければいけない、ということにはもう気づいてしまっているから、きらきらした目では見つめられなかったよ。いつまでも自分の宗教に従わせるわけにはいかないし、どこかで間違えに気づかなきゃいけない。経験に勝るものは何もないんだなあ。大学費用も、食費も、周りからの痛い視線も、自分一人ではどうしようもできない。完璧な父親ではいられない。
でも、でも、だからこそ、お父さんがバスで1人帰っている姿を見て、負けないでくれ、と思った。人民に権利を、権力にノーを。この家族だけは、どうにか負けないでくれ。


子供たちがお父さんを選んだのは、家族だからだ。彼の愛情を、きちんと感じていたからだ。それがなんだか嬉しかった。俗世間で生きる家族もいれば、自然の中で生きる家族もいる。どっちが正しいなんてことはなくて、どちらも良い面も悪い面もあって、大事なのは、そこに愛情があるか。選択肢があるか。もしかしたら、そういうことなのかもしれないな、と。
だからね、あのラスト、あの家族の選択、私は嬉しくて、そうだよ、どちらも正しいんだよ、って思って、それで、良いなあと思った。こんな生活いいなあ。どちらもの良いところをとって生活できたらいいなあ。こんな家族いいなあ。
放任主義で自由に育つのもいいけど、何かひとつくらい仕込まれて育ちたかったな。
Jackson

Jacksonの感想・評価

-
ジャケットのポップ感とは裏腹に中身は重い。
全然共感できんかった。
勉強できようができまいが学校は行っておいた方がいいと思った。
MRK

MRKの感想・評価

3.4
泣けた
人によって考え方が違うことや
教育は難しい
幸せな暮らし、生活とは。
「普通=他人と同じでいる」ではなく、自分らしく自然でいることの方が大切だと感じるはずです。みんなが同じで普通でいることほど、つまらないことってないですよね? ある意味、その究極の姿でもある彼らですが、そこには自らの力で生きる強さがあり、それこそいまの私たちが学ぶべきところなのかもしれません。

6人の子供がカワイイ

私の口は私のもの、私のものは私のもの。そんな私はあなたのもの。
こんな生活できないと思った。
バスに乗って、戦闘開始だー!ってところがほんと好き!
marbo917

marbo917の感想・評価

3.9
「人民に力を権力にノーを」をモットーに自給自足の生活をしながら、社会から隔離した山で父を大黒柱に子供達で暮らす一家。ある時、病で離れて暮らす母が自殺したと知らせを受けた一家は、葬儀に出る為に旅に出る。

初めて見るものや価値観、どう生きるか選択を迫られる子供達。人の幸せとは何か、親子の絆をテーマに描く家族の物語。

いい映画だけど、もし自分がこの家の子供だったら、真っ先にじいちゃんの逃亡している気がする。。