はじまりへの旅の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

はじまりへの旅2016年製作の映画)

Captain Fantastic

上映日:2017年04月01日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシ…

普通ってなんですか?ベン・キャッシュ(ヴィゴ・モーテンセン)と6人の子供たちは、現代社会に触れることなくアメリカ北西部の森深くに暮らしていた。父仕込みの訓練と教育で子供たちの体力はアスリート並み。みな6ヶ国語を操り、18歳の長男は名立たる大学すべてに合格。しかしある日入院していた母・レスリーが亡くなり、一家は葬儀のため、そして母の最後のある“願い”を叶えるため旅に出る。葬儀の行われるニューメキシコまでは2400キロ。チョムスキー※は知っていても、コーラもホットドッグも知らない世間知らずの彼らは果たして、母の願いを叶えることが出来るのか…? (※ノーム・チョムスキー=アメリカの哲学者、言語哲学者、言語学者、社会哲学者、論理学者。)

「はじまりへの旅」に投稿された感想・評価

natsu

natsuの感想・評価

-
道徳教育の鑑
生命の尊さ、食育はなかなか難しいテーマだから本当はこういう風に伝えられたらいいのだろうな、と。
すごく感想が言いたいのに、なかなかうまくまとめられないぐらい、いろんな感想が出てくる作品だった
ジャケから想像したコメディとは違った。

あのイケメン王子が父親役に!

父の教えを守りながら森で育った子供たち。
母親の葬式に出るためにいざ街へ。

子供を育て方に正解はあるのか。
少しギフテッドを思い出します。
たらこ

たらこの感想・評価

5.0
冒頭顔に泥塗って始まるけどこんな綺麗な映画滅多にない。

今までやってきたことが認められず、世間に否定される主人公が今まで子供たち6人乗せてたキャンピングバスを1人で走らせるシーンは淋しいし、クライマックスは楽しい音楽掛かってるのに泣けるし文句なしに最高。究極のエンタメ。

"希望は、ないと思うと確実になくなる。自由への衝動と物事を変えるチャンスを感じたら、世界をよくできるかもしれない"

あと子役たちの演技力すごい。
文明社会、資本主義、キリスト教に背を向け、ロハスだのヒッピーだの生ぬるいことは言わず、山奥で狩猟採集、山肌をロック・クライミングし一流アスリート並のトレーニングをこなし、夜は高度な英才教育。ところが、病んだ妻が町で亡くなり、義実家が教会葬と墓地埋葬を主張。それは妻の本意じゃない。文明社会未体験の子らを連れ、いざ遺体奪還の旅へ──ヴィゴ・モーテンセン親父率いる隠者家族のカルチャー・ギャップ系コメディ家族ドラマ&ロード・ムービー。最初は奇矯な主人公家族に感情移入させ愉快痛快な現代文明批判と思わせ、だんだん他人との感性のズレ、話題や倫理観の噛み合わなさ、空気の読めない迷惑さ、そして父親の家父長的な権威の失墜、幾つかの社会との決定的な決裂を見せつけながら、最後には歩み寄り妥協し家族再生するハッピーエンドの展開は、まま予測の範囲内だけど秀逸。奇しくも先日観た『万引き家族』とのシンクロニシティを感じる場面も(食べ物救出作戦!)。
mrj

mrjの感想・評価

3.7
演技派たちが織り成す、少し変わった家族の愛の物語。
大きく深い愛と信頼に、じんわり心が温まる。
Machiki

Machikiの感想・評価

3.7
コメディと思って観たらけっこうシリアス。


私はレビューで子役が嫌いだ!と言い続けていますが、もうやめようかな笑。演技も素晴らしくキャラクターがしっかりしていて個性豊か!最高に可愛いです!

家族ものでホッコリしたい方にはオススメです!
Aircon

Airconの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

すごい好きなテーマだけど、
マイナスも多い。
特に後半の無理矢理ドラマ作りにいってる感。
子供かわいい。


資本主義(ビジネス)とかキリスト教とか、
少数のアメリカ人がアメリカの多数派に感じてる違和感を形にしたシーンかも。
なんでみんな太ってるの?みたいなところ良かった。

思考停止してる社会の象徴として親戚の家に泊まるシーンは、
良いこと悪いことを自分で1つ1つ考えてない証拠みたいなのがたくさん出てきたけど、
全部現代の当たり前みたいな光景で、
親の考え方とかゲームとかいろいろ、
すごい怖いシーンだった。
99パーセント以上の人が当たり前にやってることが間違ってるかもしれないと思ってしまうような、
天変地異的なシーン。

もちろん子供になんでも教えちゃうのは少し抵抗がある。
判断でミスをする可能性があるときに失敗が許されないようなことを教えてしまうのは、
取り返しのつかないミスを誘発するようなことでもあるし。
慎重になるのはよくわかる。
でも1つ1つよく考えないでとりあえず全部教えるなという姿勢はだらしなさすぎって思う。

自分としてはみんなと同じが一番正解みたいな考え方はちょっと嫌いなので、
学校に通わせろって言ってきたときは、
ため息がでるようなやっぱりかーっていう感じ。
その理由が的確なら考える余地はもちろんあるけど、
それが説明できないような親戚だったから。

学校に通わせるメリットをちゃんと説明して、
どちらが正解かは決めかねるくらいの議論ができる相手でも良かったと思う。

息子の初キスのシーン良かった。
でもこんなので結婚まで考えちゃうのは経験が足りなすぎるから、この教育方法の問題でもある。
そういうコミュニケーション能力とか社会性みたいなものを、
この教育方法でどう養うかっていうところ、
もうちょっとやっても良かったと思う。



後半はドラマ作ろうとして、この家族の設定だったり前提と噛み合ってない感。
本当に頭が良いならもっとスマートに問題を解決できたはずだし、
今までこの生活を続けてきた家族ならこれは問題にならないはずっていうのが結構あった。

夫の意見も遺言も通らないで、義父の一存でいろいろ勝手に決められるのが謎。
理不尽さが説得力なかった。

屋根から落ちるところも父親の判断が馬鹿すぎる。
姉が行けば弟の気持ちが変わると思ったのか。
序盤の崖で手を骨折したのもわかってなかった描写だし、
父親の危機管理がおかしい。

でもこの教育方法で危機管理が甘いっていうのはそもそも成立しないと思うから、
責められるキッカケに使っちゃうのは脚本がダメだと思う。
親父がしっかりしてなかったらとっくに子供は死んでると思う。
息子が反発しだしたのも今さらそんな理由使うんだって思った。

大学からは専門の設備がないとできない勉強もたくさんあるから、
それを止めるのは違和感。
頑固→許すのドラマ作ろうとして、
間接的に父親の知識がないことを表現してしまってる。
この場合は説得力のある別の理由が必要だと思うけど。
大学にトラウマがあるような。

おじいちゃんは娘の意向も無視して、
法的に上手いことやって孫も取り上げようとしてるやばいヤツなのに、
そんな奴にちょっと言われたからって考え方が変わっちゃうのはちょっと弱すぎる。
そんなこといままでにも何回もあったはずなのに。


とにかくこの辺は、
理解のない周りの人々っていう大きな問題に注力したいのに、
急に父親や教育方法の完成度が低くなって、
あれってなった。

前半の設定なら、
父親の教育論も完璧で、周りももっとレベル高くて、
学校教育のメリットとデメリット、自宅学習のそれらを議論して、
お互いに尊重してるんだけど、やむを得ずぶつからざるを得ない事件が発生するみたいな感じにしてほしかったな。


途中のドラマ全部すっ飛ばして、葬式の日の夜にお母さんを墓から盗み出すところで良い気がする。

歌のところ◎

ラストはちょっと柔軟になった感じの描写だけど、
元々バランス感覚もすごい良いんだろうし、
社会性も本当はないと成立しないと思うから、
長い寄り道というか気まぐれの戯れみたいな、
やっと問題解決して戻ってきたっていう印象。
ぶっとんでいる家族の話だったけど、すごく良かった!
家族愛がすばらしかった!
役者もよくて、子役の小さい子が可愛くてとくにすごかった!
ASA

ASAの感想・評価

4.5
2018.6.8 金 DVD
「かもめ食堂」を借りるおまけに4本借りたうちの1本
これはテアトルで観たかった、余韻に浸りながら帰りたかったようなすごく好きな映画

「山で暮らす家族が街に出る」くらいの知識量で、パッケージから予想してコメディ寄りかなと思って観てたら、初めから結構ガチのサバイバルというか彼らにとっては普通の、衝撃的な生活をしてて釘付けになった。まさに森の中で自然と共存して行きていて、添加物や液晶なんかの俗に言う近代的なものとは一切関わりのない生活をしていて、少し憧れてしまった(ただそんなに甘くはない)。

登場する人たちは、それぞれが自分なりの正義や常識を持ち合わせていて、それらはもちろんすべて間違ってはいない。多かれ少なかれ今までを生きてきた中で培ってきたもので、大切なアイデンティティ。でもそれは、所変われば歴史や文化が変わるように受け入れられないこともあって、従わなければならなくなる。
人間の一生のテーマのような気がする、合う人とは一緒にいても楽で良いけど、価値観の合わない人を認められるようになればいいなという理想もある。。

兄弟の中で唯一の反逆者の男の子がすごくいい味を出してた。世間と家庭の間で揺れる思春期感。特典映像のカンヌのインタビューを観ると長男以外の兄弟全員がすごく大人っぽくて、やっぱりすごいなと思った。
あとパパが髭剃ったら驚くほどイケメンで若返ってびっくり。残念ながらロードオブザリングは見たことがなかった。

みんなで演奏して歌って踊るシーンが1番好きだった。
RAN

RANの感想・評価

-
本編見るまでパパがヴィゴ・モーテンセンて気付かなかったあ...