Hiroki

クリード チャンプを継ぐ男のHirokiのレビュー・感想・評価

5.0
リング上で死んだアポロの息子にロッキーがボクシングを指導。胸アツじゃないですか。そう聞いただけで心踊ったよ。待ちに待った映画!

最高。本当に最高でした。涙腺崩壊。泣き過ぎて劇場出た直後頭痛かった…
エイドリアンとポーリーが眠る墓に酒と薔薇を持って行くとことか、年と病気と闘うロッキーの姿とか、シリーズお決まりの巻き込みランニングとか。いちいちウルウルしてたけど、星条旗トランクス、しかもそれが母親からのプレゼントと知った瞬間にはもう号泣ですよ。

泣かせるだけでなくロッキーの相変わらずの粋なジョークと計らいにはニヤニヤした。笑

続編でありがちな新主人公を旧主人公が完全に食らうのではなく、サポートに徹するロッキーが完璧だった。話の都合上と年齢的な問題も考えれば当たり前なのかもしれないけど。

だがそれを成り立たせるにはチャンプを継ぐ男の活躍が必要不可欠。アドニス・ジョンソンa.k.aアドニス・クリード。完全にもっていかれた。父親のアポロやロッキーの意志を受け継ぎ、アドニスがこれから作り出すであろう新たな伝説に大いに期待できる最高のスピリットを見せつけられた。
人の言葉を借りるとロッキー7でなくあくまでクリード。これが理想の新章のカタチなのではないでしようか。

ファイトシーンに関してはもう言うまでもなく最高。

音楽もHIPHOP好きの俺としては最高でした。そしてあの曲。無駄遣いせずにここぞとばかりのタイミング。完璧。「イエスイエスイエス!!!」と心の中で叫びました。笑

興奮のあまり全然まとまってないけど、これが俺の観たかった新章。観たかった映画。“感動をありがとう”って、こういう時に使う言葉だな。

2016.01.01