ユンファ

クリード チャンプを継ぐ男のユンファのレビュー・感想・評価

4.6
アポロの息子が主人公と聞き、どんな奴が出てくるのかと思ったが、深夜に騒音を出す住人を注意しに行き、女性とみるや怯んでしまう、優しい男なのであった。
それでも彼が闘うのは、自分自身の存在証明のためであり、それは1作目のロッキー・バルボアと同じだ。
年老いたロッキーが彼を助けるのは、そこに若かりし頃の自分を見出したからであり、アポロ・クリードへの恩返しでもある。

「フォースの覚醒」と同じく、「クリード」もまた、受け継ぐ物語だ。
クリードは、クリードであることを受け継ぐため、闘う。受け継ぐことは簡単ではない。ロッキーは言う。「死ぬ気でやれ」
クリードは、死ぬ気で走り、死ぬ気で縄跳びをし、殴られても殴られても立ち上がる。
クライマックス、リングに倒れるクリードが、走馬灯を見る中、ついに伝説は受け継がれる。あの伝説のテーマ曲と共に。