SuzukiShin

クリード チャンプを継ぐ男のSuzukiShinのレビュー・感想・評価

4.1
男の子はこういうものに夢中になるの。

僕は熱狂的なロッキーファンではない。好きだけど。

しかし、そんな僕にでも伝わる前作へのオマージュ。父への思い、存在意義、強さへの渇望、愛、友情 etc.。なんだろう極上の少年漫画の匂いがする。でも、それだけじゃない。

好きなシーンはチンピラたちと町を駆け抜けるシーン。ロッキーでも似たシーンあったよね。愛くるしく、そして強い、シルベスタースタローンの演技もたまらない。

鏡の前に立ったら思い出そう。「目の前の男が、お前が対戦する最強の相手だ。リングの上においても人生においても。」

後ろに座った高校生が「俺もボクシング始めようかな。」と言っていた。奇遇だな、俺もそう思った。その言葉が男の子を熱くさせる映画であることの証明であろう。